このページでは、こんな疑問や悩みを解消します。

「アコムの取り立てについて知りたい。どう対応すればいい?」

「アコムの返済が遅れたんだけど、電話が鳴るようになった。この後が不安で怖くてしかたがない」

 

私も若い頃借金で苦しんだ経験がある、ブラックリスト経験者です。

 

このサイトでは私が借金を実際に解決するまでに調べたノウハウと経験を発信しています。
同じように借金で苦しむ人の少しでも役に立てればと思っています。

 

今回はアコムの取り立ての全貌について、さらに対応方法を解説していきます。
この記事を読めばアコムの借金の解決が見えてくるはずです。

アコムの取り立ての全貌を解説

アコムの取り立ての全貌を解説していきます。

ヤクザが自宅に取り立てるようなことはないです

勘違いしがちなのが、ヤクザのような怖い人たちが取り立てにくるのではないか?ということです。

 

アコムの取り立ては、決してそのような脅迫じみたことはされません

 

ひと昔前のドラマや映画にはよくありましたよね?^^;
自宅に貼り紙をしたり、怒鳴ったり暴力を振るわれたりする場面が。

 

アコムは日本最大の金融機関グループである、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」です。
グループのイメージが悪くなるようなことはしません。

 

そもそも脅迫して取り立てることは、法律で禁止されています。
(貸金業法第21条)

 

長い法律がズラズラありますが、一部抜き出すとこうです。

 

貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

引用:電子政府の総合窓口

 

法律ではこんなことが禁止されています。

・夜9時から朝8時までに電話して取り立てること
・自宅を訪問して取り立てること
・勤務先に電話したり、訪問して取り立てること
・貼り紙して借金の事実を他人に知らせること
・他の会社や個人に借りて返済するように要求すること
・債務者が弁護士などの専門家に債務整理を依頼した後に、本人に連絡して取り立てること

 

取り立てではなく支払いの意思と状況の確認です

アコムの取り立てから解放された人

返済が期日に遅れると、アコム(最初はアコムとは名乗りません)から電話がきますが、早く支払うように言われるとか、怒られるということはありません。

 

アコム側が確認したいのは、「支払いの意思と状況の確認」です。

 

まずそのことを認識しておいた方が良いです。
アコムが確認したいのはこんなことです。

・事故や病気になっていないか
本来あるはずの返済がないとなると、アコムとして真っ先に確認したいのは債務者が無事なのかということです。
死亡している場合だってあるわけですので、本人確認をしたいのは当然ですよね。

 

・いつ返済してくれるのか
この確認の中には、忘れているなら早く支払ってくださいねという意味合いもあります。
次にいつ支払いますと伝えればその後アコムからの連絡はありません。

 

・返済できない状況であればその相談
もし約束の金額が支払えないのであれば、いくらなら支払えるのか、その後の返済計画等を相談に乗りますというのがアコムのスタンスです。

取り立ての実際の順序と内容

続いて、取り立ての具体的な内容についてみていきます。

携帯電話に連絡

まず1番最初は携帯電話に連絡があります。
本人確認といつ支払ってくれるかの確認です。

 

当然このタイミングで対応するのが1番です。
怖がらずに、冷静に対応しましょう。


もし支払いができない状況であれば、正直に伝え、支払いの意思を伝えることが大事です。

自宅電話に連絡

携帯に電話しても不通の場合は自宅の電話番号にかかってきます。
初めのうちは「アコム」とは言わず、個人名や〜センターというかたちで電話してきます。

 

本人以外が出た場合は、本人の帰宅時間の確認や本人からの折り返しの要求です。
くれぐれもアコムは本人と話して、「支払いの意思と状況」を確認したいわけです。

 

当然連絡が取れない状態が続くと「アコム」で電話してきます。

催告書・督促状の郵送

次は催告書・督促状が郵送されてきます。
債権の確認(契約内容の確認)、残額、返済期日を記載した書面で督促してきます。

 

書面の中には、このまま支払いも連絡がない場合は法的処置をとるという文言が入っているはずです。

勤務先への電話連絡

書面の郵送と同時期にあるのが勤務先への電話連絡です。
ただし借金を返せというよりは、やはり本人が無事かの確認と支払いの意思確認が主な目的になります。

 

この場合もアコムとは言わず、個人名で連絡してきます。
ただ一般的に、個人が会社に電話してきません。

 

会社の電話をよく受ける部署の人は、その人が借金していて、取り立ての電話であることは薄々わかるはずです。

裁判での強制執行(差し押さえ)

電話にも出ない、折り返しもない、書面での返答もないとなると、アコム側としても強制手段に出るしかありません。裁判です。

 

裁判が行われ、債務者が欠席して今後の支払いの意思がないと認められれば、強制執行となります。

 

アコムがやるというよりは、債権回収会社が行います。
アコムの場合は「アイ・アール債権回収」という会社が回収に当たります。

 

具体的には給与が差し押さえられます。
基本は4分の1です。

 

これは本人がどうこうではなく、会社としても命令を受けている以上、差し押さえせざる負えません

 

当然会社には知られますし、会社側としても良い印象を持ちません。
借金が解消できない=管理できない人材と見られがちです。

 

以上がアコムの取り立ての順序と内容になります。

 

アコムだって強引な取り立てはしたくない!

ここでアコム側の気持ちやスタンスについて書いておきます。

 

当たり前ですが
アコムは「貸したお金を返して欲しい」の一点です。

 

電話や書面で取り立てをしたり、ましてや裁判なんてしたくありません。

 

理由は時間もお金もかかるからです。
多少返済が遅れたりしても、本人とスムーズにやり取りして返済してもらうのが1番です。

 

債務者としても穏便に終わらせたいという気持ちでしょうが、それはアコムも同じ気持ちであることは認識しておきましょう。

 

借り逃げ・踏み倒しはできません

くれぐれもですが、借り逃げ・踏み倒しはできません。

 

借金は全額返済するか、もしくは法律にそった債務整理をして正式に免除してもらうかしか解決方法はありません

 

借金にも時効はありますが、裁判から10年は返済義務があります。
差し押さえも含めて、すべての取り立てを回避するというのは相当難しいです。

 

アコムの取り立てに対してやることは二択

このページを読んでいる人の取り立ての段階は様々だと思います。

 

取り立てが始まる前の人、携帯電話に連絡がき始めた人、書面が届いた人・・・

 

ただ解決する方法は二択です。
1つはアコムに電話をして相談する

0120-629-215
受付時間平日の9時〜18時

 

もう1つは専門家に依頼して債務整理してもらう

 

債務整理についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
関連記事:【アコムの債務整理】任意整理はできる?メリット・デメリットは?

 

債務整理についても怖いというイメージがあるかもしれませんが、正規な方法であり、借金問題を早く解決するには有効です。

 

利息を計算し直すことで、大幅に借金が減額することもありますので、まずはいくら借金が減額するのかを調べてみるのも1つです。

 

アコムの借金がいくら減額するかシミュレーションする 

※無料で3分ほどで診断できます

 

アコムの取り立ては決して怖いものではなく、債務者の行動によってスムーズに解決することができます。
早く解決できることを願っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で