朝会社に行こうとすると、
夜に次の日のことを考えると、
電車に乗ると、
会社の最寄りの駅に着くと、、、

 

仕事の不安感が強くて吐き気や動悸がする。
不安だからなのか、理由はわからないが吐き気がする。

 

今回は、そんな仕事の不安感が強くて体に変化がある方向けに、不安感やストレスを解消するポイントをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

私も吐き気や動悸がする日々を過ごした経験があります。
私の場合は夜中に吐くことが多かったです。

 

また、会社の最寄駅に近づくと電車で動悸をしたり、会社でも動悸が強くなったりということがありました。

 

他にも腹痛、不眠、頭痛などの症状が出る方もいます。
【仕事が不安で眠れない方へ】あなたは悪くない!自分を大切にしよう

 

強い不安が続くと、それだけ体に異常をきたします。

 

動悸がする時は要注意

動悸する場合は精神疾患の可能性もあります。
パニック障害、適応障害、うつなどです。

 

突然息苦しくなったり、過呼吸になるなどして危険な状況になる場合もありますので、動悸の症状がある場合は一度医師の診察を受けることをおすすめします。

仕事の不安で動悸を感じる男性

自分は大丈夫と思わない

ちょっとした吐き気や動悸などが起きても、自分は大丈夫と思ってしまう方もいらっしゃると思います。
私も最初はそうでした^^;

 

これまで少なからず色々経験したし、何だかんだ乗り越えてきたから今回も大丈夫。
こんな風に考えていませんでしょうか?

 

もちろん何ごともなければいいのですが、特に真面目な方や几帳面な方は自分でも気づかないうちにストレスが重なり、体に異常をきたしていることもあります。

 

また、自分はいい加減だからストレスはたまらない、ストレス解消をうまくしているはず、そう思っていても、過去に経験したことのない強いプレッシャーを感じていることもあります。

 

決して自分は大丈夫と安易に思わないで、自分の体の変化をしっかり認識しましょう。

仕事の不安感が強くて吐き気がする男性

不安感やストレスを解消するために

スポンサーリンク

どうストレスを解消しようと考えるのも良いですが、ストレスの原因はわかっていますでしょうか?

 

特定のストレスに気づいている場合はそのストレスの元を取り除くことで解消されますが、意外と自分が気づいていないストレスがある場合もあります。

 

また、大枠は気づいているが、そのストレスや不安の本質を見過ごしている場合もあります。

 

自分の不安やストレスをすべて出して、整理することをおすすめします。
そうすることで、自分自身の理解も深まり、対処方法が見えてくることもあります。

 

不安感やストレスを解消するために、よくある状況やストレス元をご紹介いたします。

 

以前は大丈夫だったことも、今はストレスに感じるということもあるはずです。
例えば前は長い労働時間も苦にならなかったが、最近はストレスを感じるというようなことですね。

 

人間関係に関しても、自分は成長しています。
その成長のために、知らず知らずにその人間関係がストレスになっていることもありますよね。

 

また、仕事のステージや責任が大きくなり、自分の能力以上の仕事に取り組んでいる時です。
昇進すると精神疾患になるということは実はよくあるそうです。

 

その場合は足を止めて、その仕事の責任者ではなく、アシスタントにまわるように相談したり、もう一度自分の能力を高めてトライするというやり方もあります。

 

また、引越しや家族が増えることでストレスが強くなっていることもあります。
そんな際は仕事は無理せず、環境になれることを優先することで軽減することができます。

 

休むことも重要

ここまで悩んでいるあなたは決してサボっているわけでも、甘えているわけでもありません。

 

書き方を変えると、サボっても、甘えてもいいんです。

 

これまでにこんなに頑張ってきたんです。少し休んで、また頑張ればいいんです。

 

自分にとって必要な休みは人それぞれです。
連休をとれば良く人もいると思いますし、1週間、1ヶ月、数ヶ月、1年、、、

 

長い目でみれば、自分に必要な分だけ休むことも大事です。

 

きっとまた前を向けるはずです。大丈夫です(^^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で