潮干狩りに初めて行かれる方、慣れていない方向けに、

・潮干狩りするための道具は自作できる?その方法は?

・道具は海でレンタルできるの?

・潮干狩りに必要な道具は何?

こんな疑問を解消する情報をご紹介させていただきます。
この時期潮干狩りに最適な時期ですよね!
今年初めて行う方もいらっしゃると思います。

 

潮干狩りに必要な道具は揃えましたでしょうか?
潮干狩りに行く際に最低限必要なのは、貝をとる熊手と、採った貝を入れる網です。
もしまだ揃えてないようでしたら、お家の中にあるもので自作することもできます。

 

スポンサーリンク

熊手の代わりを自作

潮干狩りの道具は100円ショップで揃うものがほとんどですので、無理して自作する必要ないかもしれませんが、至急な場合やちょっとでもお金をかけたくない場合はぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:【潮干狩りの道具】100円均一ショップで万全!禁止の道具も要注意!

 

アサリは砂から5センチ程度のところにありますので、深く掘る必要はありません
浅く広く掘り出せるイメージを持っていただければと思います。

 

使うのは針金のハンガーと細めのペットボトルです。
想像できてきましたか?

 

ハンガーのかける部分にペットボトルをゴムテープで固定するだけです。
掘り出す部分を熊手のように尖らせたい場合は、針金を切って下に向ければ熊手のように尖りますのでやってみて下さい。

 

また、針金のハンガーを重ねて固定すると強化されます。
力を入れて掘る場合もあるので、ハンガーを重ねて作ることをおすすめします。

針金ハンガー

 

網の代わりに四角いカゴとザルを用意

スポンサーリンク

潮干狩りに必須な道具の網。
採った貝を入れる網は必要です。

 

網の代わりに使うのカゴです。
目が粗い方が砂が落ちるので便利です。砂でカゴがいっぱいにも仕方がないですからね^^;
また、丸いカゴより四角いカゴの方がふりやすいのでおすすめです。

 

次にお家で余っているザルを用意して下さい。
ザルはそのまま使います。ちょっと水が残っている沖側で、ザルで砂をすくうと貝が入ります。
足元が濡れてしますので、濡れてもいい長靴を履いて行った方が便利です。

 

道具はレンタルできる?

道具をレンタルできる潮干狩り場もあります。
有料の整備された潮干狩り場ではレンタルしているところも多いです。

 

無料の休憩所や売店がない浜辺ではレンタルできません。

 

潮干狩り場の連絡先や施設情報をまとめさせていただいている情報もありますので参考にして下さい。

関連記事:千葉で潮干狩りするならここ!無料のおすすめスポットも

関連記事:関東の電車で行ける潮干狩りスポットをご紹介~2018最新情報

関連記事:神奈川県の潮干狩り!穴場も無料も教えます!2018最新情報

関連記事:【2018年最新】愛知県の潮干狩り絶好スポットを厳選!時期は?

関連記事:関西兵庫県(白浜・赤穂・新舞子・的形)の潮干狩り情報2018~おすすめの無料の穴場も!

関連記事:関西大阪(箱作・淡輪・二色浜)の潮干狩り情報2018~毒対策も

 

その他潮干狩りにあった方が良い道具

潮干狩りに必ず必要な道具をご紹介させていただきましたが、あった方が便利な道具は他にもありますのでご紹介させていただきます。
必要に合わせて準備してみて下さい。

・クーラーボックスと保冷剤
貝は悪くなるのが早いです。冷やしながら買えることが必要です。

・レジャーシートや椅子
足腰が疲れますし、ちょっと休憩できるためにも便利です。

・絆創膏などの応急セット
小石やガラスなどがある場合もあるので、怪我をしてしまう場合もあります。

・タオルや着替え
ずぶ濡れになりますので着替えとタオルは持っていきましょう。

・子供が飽きた時に遊ぶおもちゃなど
以外と子供の方が先に飽きる場合があります。時間つぶせる物を持っていくことをおすすめします。

・日焼け止めやサングラス
特に首の後ろが要注意です。襟付きの洋服の方が良いかもしれません。

・スポーツドリンク
熱中症の恐れもあります。クーラーボックスに冷えた飲み物を持っていきましょう。

・ゴミ袋
濡れ物なども出ますし、何かとゴミ袋はあった方が良いです。

・スマホや濡れないようにする入れ物
落としてしまう場合、風で飛ばされる場合もありますので注意が必要です。

 

潮干狩りに行く際の服装もご紹介していますので参考にして下さい。
関連記事:【潮干狩りの服装と持ち物リスト】子供もカバー!これでばっちり!!

 

最後に

潮干狩りに最低限必要な熊手と網の代わり自作する方法、持っていくと便利な道具をご紹介させていただきました。

大潮の日の干潮時が絶好の潮干狩りのタイミングです。
海藻が多い場所は貝もいる場合が多いです。5センチくらいを目途にザクザク掘って貝を見つけましょう(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で