さあ出かけよう!

エンジンと一緒にエアコンをつけた途端に臭い!

毎回嫌な気持ちになりますよね。

 

他の人の車に乗ったときに臭いと思ったこともありませんか?
自分の車に誰かを乗せるときもそう臭いと思われるのは嫌ですよね。

 

だからといって窓を開けてすむ問題ではないのが夏の車です。

・車のエアコンから出るあのすっぱい臭いは何が原因なの?

・タバコは吸わないのに臭くなる

・人を乗せるから、応急処置を知りたい。何が方法ない?

・フィルターはしばらく掃除していないけどどうすればいい?

・根本的な対策と臭いを防止方法を知りたい

今日は車のエアコンの臭い対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

車のエアコンの臭いの原因

それはカビ、雑菌です。
空気を冷やす役割のエバポレーターが汚れ、そこに微生物やカビが繁殖すると臭いが発生します。

 

車内を冷やすために、結露により水分が発生するのでエバポレーターが湿ってしまいます
そうすると雑菌の繁殖が進み、使えば使うほど臭くなってしまうという現象が起きます。
また、結露した部分にホコリや汚れがつくとどんどん臭いをきつくさせてしまいます。

 

そう考えると、エアコンの仕組み上ある意味しょうがないところもありますよね。
エアコンの要がエバポレーターですので。

 

車のエアコンも部屋のエアコンと基本的には同じようにできています。
ただ、その結露した水分を乾燥させる機能が車にはないので、部屋のエアコンよりも臭いを発生させてしまいます。

 

健康上も良くない

エアコンの臭いはただ不快というだけでは済まないこともあります。
エアコンの内部のカビや汚れと一緒に冷たい風が出てきますので、それを吸ってしまうことになります。もちろん健康にも影響してきます。

 

ひどくなるとシックカー症候群になり、気管支炎や喘息、アレルギーの原因になります。
小さなお子さんがいる場合は特に注意が必要ですね。

 

臭いの対策のポイント

具体的な対策や掃除方法の前に、臭い対策のポイントを確認しましょう。
車のエアコンの臭いの原因をご説明させていただきましたが、その原因を取り除くこと、それが臭い対策のポイントになります。

・エアコン内部を乾燥させる

・ホコリや汚れをつけない、ついたら取る

この2点を行うことで、車のエアコンのすっぱい臭いを防止することができます。

 

車,エアコン,臭い,対策

 

根本的に車のエアコンの臭いを対策する

根本的に臭いの元を対策する、応急処置の方法、最後に臭いを防止、予防する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

エアコンの要エバボレーターを洗浄する

先ほど臭いの原因をご説明させていただいたとおり、臭いの原因がエバポレーターです。
エバポレーターを掃除することで臭いの根本を対策できます

 

エバボレーターの洗浄剤が売っています。
取扱説明書にそって、エバポレーターを開き、洗浄します。
最初場所がわからなかったりするかもしれませんが、10分ほどの作業で綺麗になります。

 

ただ、私がそういった作業が不得意なので非常に気持ちがわかりますが、自分でやることを考えるだけで億劫になります。
ディーラーでカー用品店に持っていくことをおすすめします。

 

自分でやると洗浄剤が2,500円~3,000円程度。
業者でやると5,000円程度。

 

その差をどう考えるかだと思います。
業者によっては高いと10,000円ほどする店もあるので、値段を確認してから行くことおすすめします。

車のエアコンの臭い対策はエバボレーター出典:https://www.amazon.co.jp/

エアコンフィルターの交換

エアコンフィルターは、エアコン自体の汚れを防ぐためにあるものですので、どうしても汚れが溜まってしまいます。
汚れと雑菌が合わさり、臭いの原因となってしまいます。

 

用品店で2,000~3,000円で販売していますので、定期的に交換することで臭いの元を取り除けます。
できれば1年に一度、長くても2年に一度は交換した方が良いです。

 

ディーラーや用品店に依頼すると、フィルター代にプラス1,000円程度で行ってくれますので、私は断然お願いすることをおすすめします。

 

慣れている方は簡単にできるかと思いますが、慣れていないと毎回思い出しながら、しかも暑い中作業するのであれば、プロにお任せする方が効率的と考えてしまいます。

 

自分でやるか、業者に依頼するかはさておき、いずれにしてもこのエバポレーターとフィルターを綺麗にすることで、エアコンの臭いを根本的に対策することができます

車のエアコンの臭いはフィルターの掃除
出典:https://www.amazon.co.jp

暖房を使って応急処置をする

結露ができて湿っていることで臭いますので、暖房により乾燥させることで、雑菌を死滅させることができます。

 

方法は温度、風量を強にして、窓は開けて5分、できれば10分ほど暖房をかけるとエアコン内部を乾燥させることができます。
もちろんですが、暖房するときは暑いですので車を出ましょう^^;

 

雑菌を死滅させることができますので、根本的な対策になるのではないかと思ってしまいますが、やはりこれだけでは溜まっている汚れはとれませんので、また臭ってきてしまいます。

 

この方法は簡単にできますので、少し臭いがきになったらやってみると良いです。
カビが軽い状態であれば、これだけで消臭できるかもしれません。

 

ファブリーズを使うのはNG?

消臭と言えば「ファブリーズ」という方も多いのではないでしょうか?
私も家では毎日使うほど愛用していますが、車には使い方を間違うと効果がなく、また逆効果になっている恐れもあります。

 

ファブリーズは、布に対して消臭作用、殺菌作用を発揮するもので、空気そのものを綺麗にするものではありません
また、ファブリーズの成分をエアコンが吸うことで、エバボレーターの水分を増やしたり、フィルターの汚れを早めてしまいます。

 

もし消臭剤や芳香剤を使いたい場合は、車用のファブリーズがあります。

車のエアコンの臭いにファブリーズ出典:https://www.amazon.co.jp

ただ、定期的なエバボレーターやエアコンフィルターの洗浄を行わないとエアコンの臭い対策にはなりませんので気をつけて下さい。

 

車のエアコンの臭いを防止する

もちろん臭ってからではなく臭わないようにしたいですよね。
大事なことはメンテナンスです。

車内の清掃

まず車内を綺麗にしましょう。
エアコンは車内の空気を循環させますので、車内のホコリやゴミなどをこまめに掃除することが大事です。

食べこぼしなどをそのままにしておくと、エアコンはその臭いを吸います。
その臭いが原因で臭いをきつくなりますので、その場ですぐ片づけることがポイントです。

 

車用の空気清浄機

車用の空気清浄機を使う方法もあります。
ペットボトル程度のサイズの商品を使ったことがありましたが、消臭効果を感じていました。

消臭、抗菌作用など、メーカーによって特徴がありますので、検討してみるのも1つです。
10,000円以下で購入できるものもあります。

 

運転後に送風する

毎日の運転後にとれる対策もあります。エンジンを止める前に送風させることで、臭いの防止になります。

温度、風量を強にして、送風のみにします。そうすることで、結露して湿ってしまったエバポレーターを乾燥させることができるので、雑菌の繁殖を抑えることができます。
毎日数分でも全然効果は変わってきますので試してみて下さい。

 

まとめ

毎日乗る車ですから、気持ちよく乗りたいですよね!
綺麗に乗ることを意識して、年に一度エバポレーターとエアコンフィルターを掃除、交換することで、しっかり臭い対策することができます。

 

臭い関連の記事です。参考にして下さい。

玄関の臭いがこもる原因は?消臭対策は換気と重曹!おすすめの消臭剤は?

【生ゴミの臭いの原因と対策】7つの臭い消しを紹介!重曹、酢、クエン酸、コーヒー、新聞紙、牛乳パックなど

洗濯物が臭いのは洗濯洗剤の量が多いから?原因は界面活性剤にあった

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で