皆さん、最近泣いていますか?

 

男は泣くな!
などと言われていませんか?^^;

 

男は小さい時から泣くと男のくせに、男は人前で涙を見せてはいけない、、、
そんなことをこれまで言われてきましたよね。

 

そんなことを気にするのも今日までです!
これからは思いっきり泣いても大丈夫です。

 

むしろ泣くべきです!!(^^)

 

実は泣くことは健康効果も高く、幸せに近づく行為であることがわかってきています。

 

泣くことでストレスを解消し、苦しみやつらさを和らげてくれる効果があります。

 

そうです、泣くこと、涙には意味があったのです。

 

そんな泣く意味や効果、そして上手に泣く方法をご紹介させていただきます。
どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

涙が出るのは自律神経が関係

そもそも涙には目に必要な酸素を送るという、とても大事な役割があります。
今回お伝えさせていただくのは、そういった機能的な涙ではなく、感情的になった時に流す涙です。

 

悲しい時、悔しい時、嬉しい時など、私たちは感動すると涙が流れます

 

この涙は、自律神経と関係していることがわかっています。

 

涙腺がゆるんだ」などと表現されることがありますが、
その涙腺が刺激されると涙が出ます。

 

感情的になっているときというのは、交感神経の働きが強くなっています
感情が高ぶっているときですね。興奮や緊張といった状態です。

 

涙と一緒にストレスが流れるのは医学的事実

物が目にぶつかったり、玉ねぎを切っているときなど、刺激を受けて流れる涙はほとんどが水分です。

 

それに対して感情によって流れる涙はタンパク質などの成分が流れますが、その際涙と一緒にストレス成分が排出されるのです。

 

これが泣くことがデトックスになると言われる意味です。
泣くとストレス解消になるというのは医学的にも事実だったんです。

 

泣くと幸せに近づく効果が

スポンサーリンク

悲しみやつらさが極限に達することで人は泣いてしまいます。

 

その時に流す涙には脳内のエンドルフィンと同じような物質が出ることがわかっていて、逆にマンガンという人を落ち込ませる成分が減ります。

 

エンドルフィンとは、ストレスから解放された時、楽しさや快楽を感じた時などに分泌される物質です。
脳内麻薬」などとも呼ばれます。

 

また、幸福感を感じさせるセロトニンという物質も出ることがわかっています。
セロトニンは精神が安定している時、リラックスしている時などに分泌する物質です

 

つまり、悲しい時に泣くことは、その苦痛や苦悩を和らげ、精神を安定させて、幸福感を感じさせる機能が人には備わっているということです。

 

私はそれを初めて聞いた時、人間の凄さというか、人の体は神がかっているなと思ったほどです。

 

私たちが心を痛めても、脳や体は守ってくれるように一生懸命動いている、そんな感じです。

泣くとストレス解消

泣くのを我慢するのは良くない

泣くことに効果があることをお伝えさせていただきましたが、逆に泣くことを我慢するのは体に良くありません

 

泣くことでデトックスされる、悪い物が排出されることをイメージするとわかりやすいですが、我慢して体内に留めておくことは毒が流れないイメージのとおりです。

 

泣いた後に落ち着くということを経験したことはありませんでしょうか。

 

泣くときは自律神経が交感神経が優位に働きましたが、泣いた後は副交感神経が優位になります

 

そのためリラックス効果があり、気持ちを落ち着かせてくれます
子供もそうですよね、泣くと寝てしまうということがよくあります。

 

泣いて涙を流すことでストレスが解消され、リラックスできる
それなのに我慢するなんて損ですね。

 

泣く意味、涙の意味を知ったら上手に泣いてみよう!泣く方法

泣く意味、泣く仕組みがわかったと思いますので、上手に泣くことができるはずです。

 

泣きたいときは我慢せずに思いきり感情を出すことで頭も体もすっきりすることができます。

 

先ほどご説明させていただいたように、リラックスさせる効果があるので、夜の寝る前の時間に泣くことで、熟睡させてくれます。

 

いくら泣くのがいいと言っても、わざわざ人前で泣こうとするのはやはり気がひけます。
一人になって、何か感動する映画や映像、手紙、音楽などを使って泣くのが良いです。

 

実体験:カラオケで泣く方法

私は以前、仕事で大きな壁にぶつかり、自分の中ではこれ以上進めないと感じたことがありました。

 

精一杯やっても結果が出ず、体調を崩したことがありました。
やはり自分で経験してみないとわかりません。絶望を感じて、希望がまったく見えないという状況は自分にしかわかりません。

 

情けなさ、悲しさ、むなしさ、悔しさ、、、
色々な感情が混ざってかなり気持ちが落ち込んでいて、ストレスもたまっていました。

 

そんな時、ふと簡単な一人旅をしました。
そこでなぜかカラオケで思い切り大きな声を出したいと思ってカラオケに入りました。

 

一人でカラオケに行くという習慣はありませんでしたが、好きな歌をバンバン入れて思いきり歌いました。
そこで涙も一緒に流れました。たくさん流れました。
ちょっとむせてしまうくらい泣きました。でも自分しかいません。

 

好きに歌って好きに泣きまくりました。
もちろん泣いてすべて解決するわけではありませんでしたが、自分の中にたまっている感情のようなものは思いきり泣いたことで流れたような感覚がありました。

 

あの時にあそこでたくさん泣いたことは、自分にとっては大きな意味があったと今でも感じています。

 

最後に

私自身もそうですが、年齢を重ねると涙もろくなります、すぐ泣きそうになります。
結婚式や映画、ドラマ、人と話をしていて、色んな場面でちょっとうるっとします。

 

年を取ると涙もろくなるというのは、色んなことを経験して、たくさんの出会いや別れや感情を乗り越えてきたからですが、このことも人にとって必要なことなのかもしれません。

 

年齢を重ねることで、多くの責任や重みが肩に乗っかります。
そういったものが肩に乗っかることで、苦悩も増していきます。

 

涙もろくなるというのは、きっとたくさん泣いて、泣くことでちょっとまた乗り越えて生きていこうとさせているのではないか、そう感じてしまいます。

 

色んな壁を乗り越えた経験がある人は魅力的にうつります。
どこか深みがあるように感じますし、経験しているので人に優しくすることができます。

 

また、笑うことにも健康効果があり、笑うことでもストレスを解消することができることがわかっています。
関連記事:貯金ができない男の7つの特徴・原因と貯金の仕方のコツ!結婚の影響も?

 

金曜や週末の夜は、お笑いを見て笑い、映画を見て泣き、感情を思いきり開放させて、ストレスを解消させましょう!

 

きっと少しだけ脱皮して、新しい自分になれるはずです(^^)
思いっきり泣きましょう(^^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で