寝かせるとさらに美味しくなるカレー!

 

翌日のカレーが好きな方は多いですよね?
もちろん作り立ても美味しいですけど、翌日は深みが増したように感じます。

 

私は料理をしないので、カレーを作ってもらうと翌日の食事も困らないので助かります。

 

そんな美味しく有り難いカレーですが、保存方法や温め方を間違うと食中毒の恐れがあります。

 

食べる時にしっかり温めるから大丈夫!
翌日には食べるから大丈夫!

 

そんな風に考えていませんか?
甘いです!!

 

・ウェルシュ菌って聞いたことがあるけど、どんな菌?

・カレーの食中毒はどういう症状?どうすれば対策できる?

・そもそも寝かせると美味しいって言うけど本当なの?

・冷凍すると味が落ちる、美味しく食べる方法はある?

 

特に梅雨から夏にかけては注意が必要な食中毒。
カレーも気をつけなければなりません。

今回はカレーの食中毒を予防するために気をつけなければならない点をまとめさせていただきました。

スポンサーリンク

カレーの食中毒の原因はウェルシュ菌

食中毒の原因となるのは「ウェルシュ菌」という細菌です。

 

怖い細菌で、一度に数百人もの食中毒を引き起こしています。
それはやはりカレーでの食中毒でした。

 

ウェルシュ菌は人にもついていますし、体内にもいる細菌です。
水、土などどこにでも存在して、牛肉、鶏肉、お魚などに特に含まれています。
土の中で育つ、じゃがいも、ニンジン、玉ねぎなどの根菜を入れるカレーはウェルシュ菌が多い食材を使います

 

完全に排除することはできませんし、通常の量では影響はありません。
もちろんカレー=ウェルシュ菌が危険というわけではありません
問題は大量のウェルシュ菌です。

 

ウェルシュ菌は温かく、酸素が届かない場所で増殖します。

 

まさにカレーやシチューなどが当てはまるわけです。
特に酸素にふれない底になるほど繁殖しやすい環境と言えます。

 

ウェルシュ菌の特徴として熱に強いという点があります。

 

ウェルシュ菌自体は熱で死滅するのですが、熱せられて死滅させられそうになると、菌のままではなく、芽胞(がほう)という形に変わります。
そうすることで熱に強くなり、100度の熱湯で数時間熱しても死滅しないという強さです。

カレーの食中毒は危険

カレーの食中毒予防対策

熱に強いということは、どれだけウェルシュ菌の繁殖を抑えるかがポイントになることがわかると思います。

 

ウェルシュ菌は40度前後でもっとも増殖することがわかっています。
そうです、ここで気づいた方もいらっしゃると思いますが、
作った後に鍋に入れたまま置いておくこと、その時間にもっとも繁殖が進むということです。

 

常温でそのままにしておくと、10分で2倍、100分で10万個のウェルシュ菌に増殖するといいます。

スポンサーリンク

すぐ小分けにする

調理が終わったらなるべく早く小分けにしましょう。

 

ウェルシュ菌は酸素を嫌うので、小分けにすることで酸素がふれない部分を減らすことができます。
当然食べるときの量で小分けにした方が食べるときに便利ですね。

 

早急に冷やす

その後は早急に冷やすことが大事です。
熱いまま小分けにしにくいという方は、鍋のまま冷水に浸すことで温度が下がるので、菌の繁殖を遅くすることができます。

 

小分けしたらパックなどの容器に入れて冷やします。冷凍の場合は対応している容器かも注意して下さい。

 

10度以下にはしなければなりません
冷蔵庫でも良いですが、冷凍庫の方が間違いありませんので、冷凍することをおすすめします。

 

鍋で温める

温める時は電子レンジで温めるのではなく、鍋でじっくりと温めて下さい。
ご経験あるかもしれませんが、電子レンジの場合ムラができてしまって温めきれません。

 

芽胞になっている場合は無理ですが、細菌のままであれば熱で死滅することができますので、1分以上はグツグツさせましょう。
ウェルシュ菌は酸素に弱いので、かき混ぜながら温めると効果的です。

 

保存期間

冷蔵庫であれば作った日を入れて3日、冷凍庫であれば2週間~3週間を目安に食べましょう。

冷やすまでの時間、調理前の具材の鮮度などにもよりますので、臭いを嗅ぐなどして大丈夫かを確かめてから食べるようにしましょう。

 

ウェルシュ菌の食中毒の症状!お年寄りや子供は要注意

短時間でも菌は増えますので、梅雨から真夏などは数時間でも常温で置いておくとあっという間に菌が増殖します。

 

食中毒にかかってしまったら潜伏時間は6時間~18時間ほどで、症状は胃腸炎を同じような症状です。腹痛と下痢が主な症状です。
もしかかってしまったら早急に病院で診察を受けましょう。

 

胃腸が丈夫ではないお年寄りや子供より注意が必要です。発熱や嘔吐がある場合もあります。

カレーの食中毒はウェルシュ菌

そもそも2日目の寝かせたカレーは美味しいのは本当か?

カレーの食中毒の怖さについて色々ご説明させていただきましたが、一番の対策は、、、

お気づきかと思いますが、カレーを余分に作らない、寝かせるカレーを作らない!!
ですよね。

 

そもそも2日目の寝かせたカレーは本当に美味しいのでしょうか?
気のせいかもしれません。
もし別に美味しくないなら、作り置きする目的も減ります。
(もちろんどうしても余った、明日のおかずにしたいなどの理由はありますが)

 

私も寝かせたカレーは好きなので、本当に美味しいかを調べさせていただきましたが、実際に美味しいことがわかりました。AISSY株式会社と慶應義塾大学で開発した味覚センサー「レオ」で調査した結果がありました。

 

時間が経つと旨味が隅々までいきわたり、熟成が進み、コクが出るので美味しく感じる
2日目の寝かせたカレーが美味しいのは科学的にも本当でした。

 

やはり、寝かせたカレーをいただくには、すぐ小分けして、すぐ冷やし、鍋でじっくりと温めるしかなさそうです。

冷凍は美味しくない?

冷凍したカレーは美味しくない、そう感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その原因はにんじんやじゃがいもにあります。
肉や玉ねぎは影響を受けませんが、にんじんとじゃがいもは冷凍すると味が落ちてしまうのは確かです。

 

解消する方法としては、冷凍するときににんじんとじゃがいもを除いて冷凍する。
もしくはつぶしてから冷凍する方法があります。

 

美味しさを求めるなら、冷蔵庫で保存してすぐ食べることが良いですね。

 

最後に

梅雨から夏にかけてかかりやすい食中毒ですが、その時期は何かとカレーを食べる機会が多い季節でもあるように感じます。

 

最近、ウェルシュ菌やカレーの食中毒の番組が非常に多いです。
6月5日(火)放送のTBS「この差って何ですか?」でも紹介されましたし、その他にもいくつもの番組で紹介されているのを私も見ました。

 

それだけウェルシュ菌が危険であることを意味しています。
ウェルシュ菌は本当に集団で食中毒を引き起こしてしまいます。

 

ちょっとの時間だからと油断せず、

・すぐ小分けにする
・早急に冷やす
・鍋で1分以上かき混ぜながらグツグツ温める

この3つを守って食中毒を予防していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で