このページではこんな疑問や悩みを解消します。

「借金に困っているので借金減額の手続きを検討している。借金が減額されるのは嬉しいけど、デメリットはないのかなあ。

ブラックリストのことや、クレジットカード、保証人、住宅ローンなど、、、影響するデメリットを知りたい」

 

私も借金経験があるので、借金のつらさや苦悩を経験しています。

 

自分の収入内で返済できているうちはいいですが、収入だけでは返済できないとなると、そのまま放置しているわけには行きません。

 

このままですといつか返済できないという状況になり、さらに状況を悪くさせてしまう可能性が高いです。

 

状況を悪くさせるというのは、選択できる方法が限られてくることを意味します

 

最善のかたちで借金を解消させるためには、積極的に借金を減額させる方法を模索するのが吉です

 

日本の法律では、借金を減額して解決できる方法が用意されています。

 

大事なのは、借金減額のデメリットを正しく知って、その上で最良のかたちを選択することです。
ぜひ参考にしてください。

 

 

借金減額のための手続きについて簡単解説

借金減額のための手続きを「債務整理」と呼びます。

 

借金減額のデメリットについて調べられている方ですから、おそらくご存知の内容かと思いますので簡単に解説します。
知っているよという方は飛ばしてください。(借金減額のデメリットへ)

 

債務整理には大きく3つの種類があります。
「任意整理」「個人再生」「自己破産」です。

 

それぞれの特徴とメリットを簡単にまとめています。

 

任意整理:
債務整理の中で1番手続きが簡単で、ハードルが低い方法です。
支払い義務や催促を止め、利息や返済回数の交渉を行って借金を減額させます。
裁判所を通さずに、弁護士などの専門家が行います。
利息や遅延損害金がカットされるので、返済が楽になるのがメリットです。過払金があった場合は減額される金額が大きくなります。

 

個人再生:
借金が5分の1に減額され、3年間で返済していきます。
裁判所を通した手続きになります。
メリットは借金の減額も大きく、さらにマイホームを所持したままの手続きが可能なことです。

 

自己破産:
裁判所に申請して、認められれば債務がなくなり借金がなくなります。

 

以上、借金減額の手続きに関する解説でした。

任意整理→個人再生→自己破産の順番に借金減額が大きくなります。

 

債務整理ごとのデメリット

続いて債務整理ごとのデメリットを解説していきます。

クレジットカードはブラックリストで作れない?

真っ先に気になるのがクレジットカードのブラックリストではないでしょうか。

 

どの債務整理をしても、ブラックリストにはのってしまうのでクレジットカードは作れません
もちろん他の借入も同様です。

 

ブラックリストとは個人の信用情報です。
借金が返済できなくなる、もしくは通常通りの返済ができないとなると、事故と扱われてしまい、信用が損なわれます。

 

信用情報を扱う機関であるCICJICCKSCに、事故として載ってしまうわけです。

 

債務整理によってブラックリストとして載る期間が変わります。

任意整理(5年ほど)
個人再生(5年〜10年)
自己破産(5年〜10年)

 

その期間が過ぎれば問題なくクレジットカードもローンも組めます。
私も実体験があるので間違いありません笑

 

住宅ローンや車への影響

続いて住宅ローンや車への影響についてです。

 

まず任意整理は住宅ローンも車も影響を受けません
当然ローンが残っていれば支払い義務はありますが、没収されるといったことはありません。

 

次に個人再生ですが、車のローンが残っている場合、所有している車の価値が20万円以上ある場合は車は残せません

 

住宅については、特則を使って手続きすることによって家は所有したまま個人再生の手続きが可能です。

 

住宅を保有したまま債務整理したい場合は、その希望をしっかりと弁護士先生に伝えるようにしてください。

 

自己破産の場合は言うまでもなく、車も住宅も手放すしかありません

 

保証人への影響

債務整理をすると保証人への影響があります。

 

まず任意整理ですが、保証人への影響を回避できます
ただし、保証人付きの借金を任意整理した場合は保証人にも請求がいきます。

 

ただ任意整理は、整理する借金(会社)を選択できますので、保証人付きの借金の任意整理をしないことで、保証人に迷惑がかかることはありません。

 

通常のキャッシングやクレジットカードの場合は、保証人が必要なケースは少ないですので、そういった借金はそもそも保証人がついていないと思いますが、一応すべての借金を確認してから任意整理の相談をしてください

 

個人再生と自己破産の場合は、手続きすると保証人に一括請求されます
本人は借金減額、支払いが免除されても、保証人には支払い義務が残りますので認識した上で手続きしないと大変です。

 

職業の制限について

一部ですが、職業の制限がかかってしまう場合があります。

 

任意整理と個人再生は関係ないので、関係するとしたら自己破産した場合のみです。

 

弁護士、司法書士、税理士、銀行や信用金庫、警備員などは、自己破産するとつけません。

 

また、会社役員をしている方も一旦退任しなければなりません。(すぐ再任することは可能)

 

官報公告について

任意整理は関係ないですが、個人再生と自己破産をすると官報に掲載されます。

 

個人再生は3回、自己破産は2回、氏名と住所が官報公告されます。

 

私もそうですが、一般的には官報を見る機会はありませんので、さほど気にしなくてもいいかもしれません。

 

債務整理の費用について

費用はデメリットと呼ぶにはふさわしくありませんが、当然債務整理にはお金がかかります。

 

債務整理をするかしないかを判断するには必要なことですね。
ただ費用は相談する弁護士事務所によって変わるので、参考程度に見てください。

 

また、前提として弁護士費用は多くの場合は分割払いができます
お金で困って相談にきているのに、今すぐ支払えとは言いません笑
柔軟に対応してくれる事務所がほとんどですので、気軽に相談するのが良いです。

 

任意整理の費用:
着手金:一社につき30,000円〜50,000円
報酬金:減額した金額の10%程度

 

個人再生の費用:
着手金300,000円〜500,000円
手続き費用(裁判所など):30,000円程度

 

自己破産の費用:
着手金:500,000円
手続き費用(裁判所など):30,000円程度

 

以上が借金減額の手続きによるデメリットです。

参考:松谷司法書士事務所のHP
参考:誰でもわかる債務整理「リリプ」のHP

噂レベルのデメリットにまどわされずに判断を

借金減額の手続きをした場合のデメリットについてまとめてきました。

 

当然デメリットもありますが、どんどん状況が悪くなり、選択肢が狭くなるのは望ましくないです。

 

私も借金で苦しんだ経験があるのでわかりますが、借金は心身ともに本当にきついです。

 

お金だけではなく、体や心の問題にもつながります。

 

デメリットを正確に知った上で、早い段階で解決に向かいましょう。

 

まずは自分の借金がどれだけ減額するのかを知ることが重要です。

 

借金の相談実績10,000件以上もあるアーク法律事務所では、借金減額を無料で診断してくれるのでオススメです。

 

債務整理の依頼をしなくても、借金がどれだけ減額できるかを診断してくれますし、相談は何度でも無料なので、聞いてみて良かったら依頼するのが良いです。

 

借金がいくら減らせるか?の無料診断ページ

※無料で3分くらいで終わります
※本名じゃなくても大丈夫です

 

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で