日本中どこに住んでいても、いつ大地震が起きるかわかりません。
地震だけでなく、大火災、洪水等の水害も考えられます。
いくら日々注意していても、自分では防ぎきれないのが災害です。

 

しかし、防ぐことはできませんが、自分や家族を守るために、日頃から備えておくこと、準備しておくことは誰にでもできます
災害はいつ起こるかわからないのです。

 

備えていたから助かった、家族を守れたという事実は多く耳にしたことがあると思います。
逆に、もしかしたらそれ以上に備えていなかったから大変な被害になったという事実も多いはずです。

 

今日は特に赤ちゃんや小さい子供がいるご家族向けに、防災のために準備しておくべき防災グッズや必要なものをご紹介します。

スポンサーリンク

もしもに備えて常に持ち歩きたいものリスト

災害はいつ、どこで起きるか予測できません。どこにいても最低限これは持っていた方が良いものをご紹介します。

・軽いお菓子(チョコレートや飴)

・マスク(子供用も忘れずに)

・除菌シート

・生理用品

・ガーゼ、絆創膏

・常備薬

・保険証

・母子手帳

・ホイッスル

・家族の連絡先

 

赤ちゃんいるいないに関わらず防災時に最低限必要なもの

スポンサーリンク

防災の備えに関する基本的な考え方は、まず何とか3日間をもたせることです。大地震などがあっても、それ以降は救助や援助が開始されることが多いという理由です。

防災グッズについては3日分を基本として準備しておきましょう。

 

・水(1人1日3リットルが目安です)

・食料品(レトルト食品、缶詰、チョコレートなど、火を使わなくても調理できるもの)

・簡易的な食器

・ラジオ

・懐中電灯

・ヘルメット

・救急セット(絆創膏、消毒液、ガーゼ、包帯、はさみなどをまとめておく)

・衛星セット(ティッシュ、除菌シート、生理用品、おしりふき、マスク、簡易トイレ、ペーパー歯磨き、石鹸、軍手、ビニール袋複数枚などをまとめておきましょう)

・衣類(防寒、雨具、タオル、下着などを用意しておきましょう。毛布などと一緒に圧縮袋に収納しておくと便利です)

・寝具(毛布、寝袋など)

・貴重品

 

いかがでしょうか。
結構な量になると思います。

すぐ避難しなければならないことに備えて、1日分の着替えや食料品、救急セットなどはすぐ持ち出せるようリュックなどに入れておくと良いです。

また、大地震が起きると家の中がぐちゃぐちゃになりますし、通常通り身動きが取れなくなる場合が多いです。そういった意味でもすぐ持ちだせる準備は欠かせません。

 

赤ちゃん、小さい子供がいるご家族が必要なもの

続いて、赤ちゃんや小さい子供がいるご家族が防災時に必要なものをご紹介いたします。
上記の防災グッズにプラスして必要なものになってきます。

・おむつ(1日10枚と考えて30枚は用意しておきましょう)

・おしりふき

・衣類(3日分の着替えは用意しておきましょう。特に注意したいのが靴下。床は危ないですので、靴下は忘れずに準備しておきましょう。)

・ミルク

・飲み水

・哺乳瓶

・紙コップ(哺乳瓶が使えないこともあるので用意しておきましょう)

・離乳食

・抱っこひも(ベビーカーは使えないことが多いですので、必ず準備しておきましょう)

・ニット帽(頭を守るには必須です)

・おしゃぶり

・ネームタグ(迷子になることもあり得ます。赤ちゃんの名前はもちろん、両親の名前や連絡先も書いておきましょう)

 

最後に

地震などの防災時に最低限必要なもの、赤ちゃんや子供がいるご家族が必要なものをご紹介させていただきました。

 

ここで大事なのが実際持ち運べるかです。
自分用に加えて赤ちゃん用が加わったときにどれくらい持っていけるかは必ずチェックしておきましょう。すぐに避難グッズを持って逃げられるように、抱っこひもをすぐに取り出せるようにしておくことも重要です。

 

何より大切な家族の命。災害は突然やってきます。地震の予知などの技術はまだまだ未発達です。
後悔しないように、すぐに準備しましょう。

 

災害・防災に関連する記事です。ぜひご覧になって下さい。

タバコの火・灰で火事!過失や責任は?【火災の原因と防止法】

揚げ物や天ぷら油が火災の原因!鍋・フライパンの火事の対処と消火方法

雷の落ちる場所・危険な場所はここ!家の中は安全?落ちる確率は?

台風対策して家と家族を守ろう!窓ガラスと車が注意!準備リストは?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で