紀州のドンファンの事件の捜査、結末はどうなった?

遺言状を残していたことを週刊文春が発表したようだけど自殺ということ?

あれだけ他殺であるような言い方をしていた専門家がいたけどどういうこと?

最近テレビやメディアで一切ふれていなかったけどどういうこと?

スポンサーリンク

なぜメディアは紀州のドンファンの事件について最近音沙汰なし?

この記事を書こうと思ったきっかけは、日本ボクシング連盟の山根会長に関するニュースを見ていたときでした。

 

そういえば、ちょっと前まで騒がれていた「紀州のドンファン」の事件について最近まったく流れないなあという疑問でした。

 

5月24日、野崎幸助氏が死亡したということで、「紀州のドンファンは殺害されたのではないか」、「奥さんが一番怪しい」、「覚せい剤を使った殺人事件ではないか」、「自殺という可能性は低いのではないか」、「愛犬のイブも5月6日に死亡しているけど関係があるのではないか」、、、

 

など、本当に連日のようにニュース番組でも特集が組まれていました。
それこそ朝、昼、晩と見ない日はなかったほどでした。

 

しかし、それがいきなりぱったりと名前を聞くこともなくなりました。
記憶が曖昧ですが、確かレスリングのパワハラ事件が騒動になり、東京医大の事件が騒動になり、日大アメフトの事件に進捗がありと、次から次に新しいニュースが起きるので、扱う規模が小さくなるのは当然かもしれませんが、まったくと言っていいほど流れなくなったのには違和感があります。

 

捜査に進展がないから忘れさせようとしている?

こう思ってしまうのは私だけでしょうか。
確かに刑事ドラマが大好きな方ですが、こうもぴたりと流れなくなると違和感しか残りません。

 

日本全国から注目が集まるような事件になりましたし、刑事さんとしては早期解決しなければならないプレッシャーは相当なものではなかったかと容易に想像できます。

 

当然奥さんが有力な容疑者であったのでしょうが、それも決め手にかき、捜査が行き詰ったということが想像できます。

 

メディアの報道姿勢に疑問

スポンサーリンク

私が感じるのは、あれだけ扱っていたものをなぜ完全に忘れたような空気を作るのかということに疑問を感じます。

 

正直、そもそもそんなに興味がないというのが見ている人たちのほとんどの本音ではないでしょうか?

 

例えば同時期に虐待なども起きていましたし、もっと深堀りしたり、社会的に問題視するべき事柄は山ほどあったはずです。

 

それでも亡くなられた野崎さんが資産化であったことや、歳の差結婚をしていたこと、そのキャラクターもあって取り上げていたんだと思います。

 

しかし今となってはあれだけ騒いでいたのは何だったのか?
という違和感だけです。

 

その時間にもっと注目するべきことや、発信するメッセージがあったはずなのに、そう感じてしまいます。

 

急展開?週刊文春の取材で遺言状が

そんなメディアの報道姿勢といいますか、なぜ取り上げなくなったんだろうと疑問がわいていたところに、ちょうど最新ニュースが流れました。

 

週刊文春によると、野崎さんが遺言状を残していたことがわかったというのです。

 

2013年に資産の全額を田辺市に寄付するという遺言状を作成しているようで、署名・押印もなされているといいます。

 

2013年の遺言状ですので、今回死亡したことについては直接関係ないのかもしれませんので、自殺か他殺かなど、事件の詳細がわかるものではないのかもしれません。
8月8日(水)に発売される週刊文春に詳細が掲載されているようです。

 

最後に

意義の大きいメディア、ニュースであって欲しいと強く願います。

 

また、野崎さんのご冥福をお祈りいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で