お風呂から嫌な臭いがしたことはありませんか?
浴室は毎日水を使いますので、どうしてもカビの臭いや悪臭を発生させてしまいます。

 

嫌な臭いの多くは排水溝の汚れが原因の場合が多いです。排水溝のつまりによってぬめりや嫌な臭いを発生させているのです。

 

このページでは、簡単に排水溝のつまりを取る掃除方法をご紹介しています。
わかりやすく説明していますので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

お風呂の排水溝のつまりと嫌な臭いの原因

通常排水溝にはフィルターがついていて、下水の臭いを発生させないようにできています。
ただ、掃除を怠ると下水ではなく、排水口まわりと排水パイプによって臭いを発生させてしまいます。

 

つまり、毎日使用している汚れがたまり、つまってしまうことが臭いの原因です。

 

皮脂や髪の毛、ムダ毛、石鹸カスなどにより排水溝を詰まらせ、雑菌を繁殖させています。
それにより悪臭を発しているのです。

 

場合によっては臭いだけではなく、虫がわく場合もあるので注意が必要です。
簡単な掃除方法を身に着けて、定期的に綺麗にしてつまりを防ぐことが一番です。

 

それでは具体的な掃除方法をみていきます。
掃除する箇所は排水口のまわりと、排水パイプの2つです。それぞれ分けて説明していきます。

 

排水口の髪の毛やゴミをとる

お風呂,排水溝,臭い,掃除

まずは排水口まわりの掃除方法です。
排水口まわりとはその名の通り、水が流れ出る口ですね。髪の毛などが集まってしまうところです。

 

排水口のフタをとり、髪の毛や皮脂などゴミをとっていきましょう。
雑菌ですので、ゴム手袋などをはめて掃除した方が良いです。

 

おすすめな方法がビニール袋などを手にして、ゴミをとって裏返しにしてそのまま捨てると手が汚れないので便利です。

 

手で届かないところも、割りばしなどを使って可能な限り取り除きましょう。

 

また、濡れているとヌメヌメしてゴミがとりにくいので、お風呂に入る前や日中などの乾いている状態でやった方がゴミがとりやすいです。

 

排水パイプの掃除方法

続いて排水パイプの掃除方法を説明していきます。

パイプユニッシュで排水パイプの汚れを取る

スポンサーリンク

ドラッグストアやスーパーなどで、パイプユニッシュを見かけたことがあると思います。

 

もし、パイプユニッシュに抵抗がなければ、基本的にはこれ一本で解決します。
抵抗がなければと言うのは、例えば赤ちゃんなど、健康上どうしても気になるという方もいらっしゃるかもしれませんのあえてお伝えしています。そんな方は後程説明する重曹とクエン酸を使ったつまり取りを参照してください。

 

商品の裏面の説明書きのとおり、パイプユニッシュを使うだけで綺麗になります。
かけて水を流すだけで簡単に掃除できます。

パイプユニッシュの使い方の注意点

注意点としては、待機時間を守ることと、お湯を使わないということです。
だいたい30分から1時間くらい待つようにとの説明書きが多いのではないでしょうか。

 

たくさん待った方が汚れがとれると思ってしまう方もいるかもしれませんが、それは誤りです。せっかく汚れを浮かせたのに、また汚れが付着してしまいますので、説明書きに書かれたとおりの時間で流すようにして下さい。

 

もう1点が、流す際にお湯を使わないで下さい
私も誤認したことがありますが、お湯を使った方が汚れがとれると勘違いしがちです。お湯で流すと、有毒なガスが流れ出ますので、必ず水で流して下さい。

 

桶やバケツに水をためて一気に流すなど、とにかく勢いよく流すのがポイントです。

 

カビ臭い場合はカビキラーを使って掃除

パイプユニッシュを使ってもカビ臭さが残る場合はカビが残っていることが考えられます。
その際はカビキラーを使いましょう。
可能な限り部品を分解して、すみずみまでカビキラーをかけましょう

 

こちらも説明書きのとおり、一定の時間をおいて水でしっかり流して下さい。
くれぐれも換気をよくしながら行うようにして下さい。

 

重曹、クエン酸で排水溝を掃除する

重曹とクエン酸を使うことにより、安全に排水溝の掃除をすることができます

 

まずクエン酸を水で溶かしたボトルを用意します。
ペットボトルですと、クエン酸を入れるのに不便かもしれません。口がスプーンが入るサイズのボトルが理想です。

 

私はいつもお好み焼き屋さんなどで見かけるマヨネーズ入れを使っています。
なぜそんなものが家にあるのかは、、、ですが^^;
とにかく何でも良いです!

 

そんなに厳密に計らなくても大丈夫ですが、200mlの水にクエン酸スプーン一杯程度です。

 

続いて排水口まわりに重曹をかけます
こちらもだいたいの量で大丈夫です。私は排水口を覆う形でたっぷりとかけます。

 

その後、用意しておいたクエン酸水をかけ、30分くらいそのまま放置して下さい
クエン酸水をかけると、重曹に溶けてジュワっとします。

 

30分経ったら、軽い汚れであれば勢いよく水をかければ綺麗になります。
もし汚れが頑固そうであれば、ブラシで擦りましょう。使い古した歯ブラシなどが掃除の後にそのまま捨てられるので便利です。

汚れを落としたらしっかり水で洗い流しましょう。

お風呂,排水溝,掃除,重曹,クエン酸,歯ブラシ

お風呂の排水溝の臭いの防止策

もちろん汚れてから綺麗にすることも大事ですが、予防して臭いを発生しないようにしたいですよね!

 

そのためには、排水口まわりにゴミをためないことが大事です。
髪の毛などのゴミを簡単にキャッチして捨てられるネットが数百円で売っていますのでおすすめです。

 

また、定期的にパイプユニッシュを使うか、重曹とクエン酸で排水パイプを洗い流すことで臭いの予防になります。少し手間ですが、掃除というよりもかけるだけで綺麗になるので、臭いが気になる方は欠かさず行いましょう。

 

最後に

排水溝の臭いを防ぐ掃除方法をご紹介させていただきました。
せっかく体を綺麗にするお風呂ですので、いつも清潔にしていたいですよね!

 

排水パイプも排水口まわりも、汚れがひどくなる前に掃除することで労力も少なくてすみます。こまめに綺麗にして快適にお風呂をたのしみましょう。

 

関連記事:浴室の鏡の掃除、水垢の落とし方!白いウロコ取りは酢やクエン酸、重曹で

関連記事:ウォシュレット・シャワートイレのノズルの洗い方、掃除方法のコツ

関連記事:【トイレタンクの簡単掃除方法】洗剤とクエン酸と重曹の使い方

関連記事:トイレの黒ずみ・輪じみが取れない!リングの落とし方と防止策

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で