急に耳が聞こえづらい!原因は何?

詰まった感じやめまい、耳鳴りがする。耳鼻科に行くべき?

スポンサーリンク

突然耳が聞こえにくくなると驚きますよね?

 

人によっては気のせいかな、そのうち治るかなと思ってそのままにする方もいらっしゃると思います。

しかし、場合によっては早急に治療しないと耳の聞こえにくいのが治らなくなるかもしれません

 

今回は耳が聞こえづらい場合の原因と、対処についてご紹介しています。

耳が聞こえる仕組み

私たちはいつも当たり前に聞こえている音ですが、どのような仕組みで聞こえるのでしょうか。

 

まず耳の中の外耳に伝わり、そこから鼓膜に伝わります。
その後鼓膜の振動が耳小骨(じしょうこつ)と内耳の蝸牛(かぎゅう)に伝わります。

 

そうすると耳の神経が音として認識して、その音を脳に伝えることで言葉や音を認知して反応することができます。

耳が聞こえにくい詰まった感じ

耳が聞こえづらい原因

耳が聞こえづらい場合の代表的な病名、症状をご紹介していきます。

スポンサーリンク

耳垢

嘘?と思ってしまうかもしれませんが、耳垢が溜まることで耳は聞こえにくくなります
耳垢が湿っている、乾いているは問題ではありません。耳垢の量の問題です。

 

耳垢は耳からの分泌物だけではなく、ホコリなど外から入ってくるものと一緒に構成されています。詰まった感じがする症状がある場合は耳垢が原因かもしれません。

 

中耳炎

急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎など、中耳炎と言っても複数の病名があります。

 

多くの場合は風邪によって鼻水が耳との間でつまることで発生します。細菌やウイルスによる急性中耳炎です。
痛みがある場合、ない場合、または投薬で治療する中耳炎、手術が必要なものと様々です。

 

外耳炎

入り口から鼓膜までの通りで炎症が起こるのが外耳炎です。
多くは強くかいたり、耳かきをしすぎると発症します。傷つき、そこから炎症を起こします。

カビが繁殖してかゆみを伴う場合もあります。

 

耳管機能低下症

耳と鼻をつなぐのを耳管と言います。
耳管の機能が低下すると、気圧の調整ができなくなります。

耳がふさがった感じ、詰まった感じがする場合は耳管機能低下症の可能性があります。

 

低音障害型難聴

低音が聞こえにくくなるのが低音障害型難聴です。

耳の中で反響するような症状や、耳が詰まった感じする場合は低音障害型難聴の可能性があります。

ストレスや睡眠不足も発症の原因となります。

 

良性発作性頭位めまい症

頭を動かすとめまいがする症状が起こります。

耳石が外れ、耳石が三半規管に入ることで発症します。

頭の動きを止めるとめまいは治り、動かすとまたグルグルめまいするのが特徴です。

 

突発性難聴

突然耳が聞こえにくくなります。めまいや耳鳴りなどの症状を起こす場合もあります。
多くは片耳ですが、両耳の場合もあります。(私は以前に突発性難聴にかかりましたが、両耳でした)

 

ストレスや睡眠不足、食生活などが要因になっている場合もあります。
明確な原因がまだわかっていない難聴ですが、多くは投薬治療によって改善に向かいます。重度な場合は入院を要する場合もあります。

 

完治に大事なのは早期に治療を開始することです。早くに治療したからといって必ず治るわけではないですが、治療が遅くなると改善しにくくなると言われています。

 

また、難聴には騒音性難聴など複数の病名があります。

 

メニエール病

耳の聞こえづらさと同時に、激しいめまいや吐き気を引き越します。

突発性難聴は一度きりですが、メニエール病は何度も繰り返します。

 

早期な処置が必要

耳は繊細な作りをしていて、言うまでもなく重要な役割を担っています。

 

耳が聞こえにくいはもちろん、
痛い、かゆい、耳鳴り、めまい、詰まった感じ、耳だれが出るなどの症状を感じたらすぐに耳鼻科の診断を
受けて治療を開始しましょう。

耳が聞こえづらい、めまいや耳鳴りもする

耳は精神やストレスと密接な関係に

突発性難聴もそうですが、耳はストレスなどの精神的な面と密接に関係しています。
はっきりとした原因がわかっていない病気も多いですが、ストレスが耳の不調を引き起こすことも多いです。

 

日頃から生活習慣を整えて健康的な生活を送ること、そしてストレスのケアにも十分注意することが重要です。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で