このページではこんな疑問を解消します。

・手袋を自宅で洗濯の仕方が知りたい。洗濯機は使える?

・皮手袋とスマートフォン用手袋があるけど、素材ごとの洗い方を教えて欲しい。

 

寒い冬にありがたいのが手袋ですよね!
常に手が冷たい私には欠かせません^^;手が暖かいだけでだいぶ気分も変わってきます。

 

そんな手袋ですが、日々使っていると当然汚れがたまりますよね。手汗もかきますし、冬はハンドクリームなどもつけますもんね。

 

今回はそんな手袋を自宅での洗い方をご紹介いたします。素材ごとに洗い方が違うので、それぞれ紹介しますね。

 

皮手袋については洗濯できないイメージがありますが実は洗えるんです。
洗わないと逆に生地を傷めてしまう結果となるそうで、定期的に洗った方が長持ちします。

 

マフラーの洗濯の仕方もご紹介していますので参考にして下さい。

関連記事:マフラーの洗濯方法~カシミア・ウール・アクリル|洗濯機の洗い方も

 

スポンサーリンク

洗濯表示の確認

洗濯機のマーク、水洗いOKのマークがあるかを確認してから洗って下さい。

家庭では洗濯できないマーク、もしくはドライマークが表示されている場合はクリーニングですね。

ウール・アクリル・フリースの手袋の洗い方

まずはウール、アクリル、フリース素材の手袋の洗い方を説明しますね。
スマートフォン用の手袋もウール、アクリル、フリースのいずれかに当てはまる場合が多いです。

 

基本的には洗濯機ではなく手洗いをしましょう。
まず桶に30度以下のお湯をはって、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かして下さい。
しっかり混ぜて下さいね。

 

特に目立つ汚れがあるときは洗剤の原液をつけてから浸して下さい。
優しく押し洗いしましょう。
揉みこむように洗うと生地を傷めてしまうので気を付けて下さい。

 

すすぎは流水ではなく、桶に浸しながらすすいで下さい。
泡、汚れがでなくなったら次は脱水です。

 

脱水は短時間で済ませて下さい。長い時間ですと、傷みや縮みの原因になります。
また、バスタオルにはさみ、水気をとるだけでも構いません。その場合は形を整えてからはさむときれいに仕上がります。

 

続いては乾燥ですが、形を整えてから、網の上に平置きして乾かせましょう。
風通しの良い日陰に干して下さい。

 

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う場合も30度以下のお湯、中性洗剤で洗いましょう。
洗濯ネットに入れてから洗うようにして下さい。

 

漂白剤を使っても構いませんが、スマートフォン用の手袋の場合は漂白剤はNGです。
タッチパネルに反応するようにできているので、漂白剤によって不具合を生じる場合があります。

革手袋の洗い方

スポンサーリンク

 

皮手袋も手洗いです。革の場合は、中性洗剤ではなく、シャンプーとコンディショナーを使います。
桶を用意して30度以下のお湯を用意します。そこにシャンプーを溶かせます。

 

ここで手袋を裏返しにします。
桶に入れて軽く押し洗いをして下さい。
ここで浸すのは禁物です。短時間で行って下さい。

 

泡、汚れがなくなるまですすぎます。
その後、同じようにぬるま湯にコンディショナー、またはリンスを溶かした桶に手袋を入れて軽くなじませます。

 

軽くしぼり、タオルに挟んで水気をとります。
間違ってもギュッとしぼってはいけません。

 

手袋をひっくり返して元に戻します。
干す前に一度はめてかたちを整えた方が良いですね。
網の上に平置きして乾かせましょう。

 

また、革専用の洗剤もあるので、シャンプーでは心配な方は専用洗剤を使いましょう。

 

手袋が乾いたら、専用のクリームを塗って仕上げましょう。
天然と合皮ではクリームが違うので気をつけて下さい。
防水スプレーもした方が長持ちするのでおすすめです。

 

そのまま保管したい場合はくれぐれも完全に乾いてからしまって下さい。
少しでも濡れているとカビの原因になりますので気をつけましょう。

皮手袋,洗濯

手袋の洗濯頻度

月に一度、2ヶ月に一度は洗うことがおすすめです。

まとめ

手袋を自宅で洗濯する方法をご紹介させていただきました。

意外とこういった小物の買い物って悩みませんか?

せっかく気に入って買った手袋ですから、正しく洗って長持ちさせましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で