9月の連休(シルバーウィーク)に箱根に旅行行きたいけど混雑状況はどう?

紅葉時期に車で箱根に行く予定なんだけど渋滞する?回避する方法はある?

箱根に電車で行くのは?バスは?

 

都内からも近く、温泉も観光も楽しめる箱根は秋も人気です。
連休は混雑が集中するので、事前に下準備をして行くことをおすすめします。

 

また、場所によっても前後しますが、10月下旬頃から11月いっぱいを目途に紅葉が綺麗です。
その時期の土日も混雑する傾向にあります。

 

今回は秋の連休や紅葉時期の混雑予想と、渋滞や混雑を回避する方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

箱根の混雑予想

箱根旅行の王道は「ロマンスカー」ですよね?
新宿から1時間半ほど箱根湯本に到着する、便利でかつ優雅な気分を味わえる移動手段です。

 

そのロマンスカーですが、連休などの混雑時期に使うのは危険かもしれません
多くの人が箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗り換えますが、登山鉄道に乗るのに数十分から1時間くらい並びます。

 

もちろん電車内はパンパンに混んでいることが多いです。
子供連れや高齢者の方と一緒に行く場合は特に注意が必要です。

 

バスも混んでいて、遅れることは当然ですし、座ることができないので、成人男性でもかなりしんどい思いをするくらいです。

 

また、箱根の道は渋滞回避できる裏道がないので、車での移動も渋滞が予想されます。
箱根までの道についても、特に1号線の渋滞はかなりひどいです。都内に帰る時間帯の夕方はまずひどい渋滞にあうことを覚悟しなければなりません。

 

箱根旅行で混雑回避する移動手段は?

どの移動手段も混むのは必死なのですが、自家用車で行くのが無難です。

 

もちろん車も渋滞する可能性が高いですが、押しつぶされるように電車やバスの中にいるより、長時間乗り物を待っているよりは、車内で座りながら渋滞にあった方がまだ良いです。

 

また、箱根に行くときは車で行き、宿泊先や駐車場に停めて、箱根の観光はバスなどで移動するという方法もあります。

 

その場合は箱根フリーパスがおすすめです。
箱根登山鉄道やロープウェイ、箱根海賊船やバスなどの公共交通機関が乗り放題です。

箱根のケーブルカーも混雑

箱根を渋滞・混雑回避する3つの移動方法

混雑回避するための基本は、人が少ないときに移動することです。
当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、、、
やはりこの基本にいきつきます。

スポンサーリンク

朝早くに移動する

1つめは王道の朝早くに移動することです。
目安としては、朝の8時前に箱根に到着していれば、かなり混雑は回避できるはずです。

 

箱根新道を使う

箱根湯本方面から入る方は箱根新道を使うことをおすすめします。

 

裾野インターチェンジで降りる

芦ノ湖を目指す方は、裾野インターチェンジで降りると比較的混まないです。

 

箱根内の移動は時間をずらす

チェックインは早め、もしくは遅くに

夕方付近、夕食前の時間帯は観光していた人たちが宿泊先にチェックインするために道も交通機関も混雑します。

チェックインは夕方頃を避けて早い時間か、夕食を遅くするなどして19時以降にした方がスムーズです。

 

夕方以降に観光する

午前中に箱根に来て観光した人たちが、夕方になると帰っていきます。宿泊していた人たちも午後過ぎには帰っていきます。

どうしても午前~午後3時くらいまでの観光地は混みますので、それ以降に観光したり移動することで混雑から回避できます。

 

バスツアーを使う

箱根内を移動するバスは座れないくらいに混んでいる可能性が高いですが、最初からバスツアーで箱根にきて、バスで箱根をまわり、バスで帰って行くバスツアーはおすすめです。

 

当然時間の遅れなどはあるかもしれませんが、ある程度所定の観光は回れますし、自分の席で座ってゆったりと移動できます。目線が高いので、風景を見やすいこともバスツアーの良い点です。

箱根の混雑予想と回避方法

混雑回避を意識した箱根のまわり方

必ずとは言えませんが、比較的混雑を回避しながら箱根を楽しむためのまわり方をご紹介いたします。

 

芦ノ湖付近スタートして、箱根湯本到着する場合です。
桃源台からロープウェイで強羅に行き、そこから湯本まで来るまわり方です。

 

その逆の場合は強羅からスタート、ロープウェイに乗って、最後芦ノ湖を楽しむというまわり方もおすすめです。
いずれにしても朝スタートする時間がポイントです。

 

また、箱根湯本付近だけでのんびり過ごすという方法もあります。
宿泊して温泉や周辺の自然を楽しみながら過ごすというのもありです。

 

あまり予定をつめ込み過ぎずに朝早くから動くことで、途中に多少混雑しても落ち着いた気分で楽しむことができます

 

最後に

いくら自家用車で渋滞覚悟で行くと言っても、1つ怖いものがありますよね?

 

そうです、「トイレ」です。

 

ゴールデンウィークに出かけたときに久しぶりに恐怖を感じました。
次回からは100円ショップで売っている携帯用のトイレを持っていこうと決意しました。
まだ使ったことはありませんが、あの恐怖が軽減できるだけでだいぶ気持ちに余裕ができる気がします^^;

 

秋の箱根も魅力が多いです。
大涌谷から眺める芦ノ湖などは絶景ですよね!
少しでも参考になれば幸いです。思いきり秋の箱根を楽しんで下さい。

 

関連記事:シルバーウィーク(SW)2018年はいつ?カレンダーは?由来や次の年は?

関連記事:キャンプの魅力とは?家族も夫婦もソロも!大人がハマる楽しみ方がある

関連記事:【キャンプファイヤーのやり方】盛り上がる歌やゲームや出し物は?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で