梅雨の時期、家事で一番悩ませるのが洗濯物ではないでしょうか。
外に干せず、なかなか乾きません。
そしてあの生乾きの臭い、、、嫌ですよね。

 

・雨の日、梅雨時期に合った洗濯方法ってあるの?

・部屋が狭いけど臭くならないように干せる?どこに干すのがいい?

・干し方でそんなに違うの?

 

雨の日の部屋干しで悩んでいらっしゃる皆さんに、今日は洗濯の仕方、乾燥のコツ、臭い対策をご紹介します。

スポンサーリンク

生乾きの臭いの原因

まず、あの嫌な生乾きの臭いの原因はわかりますか?

 

それはずばり雑菌です!

 

雑菌は湿気と温度が高い環境が一番増殖します。
高温多湿、まさに梅雨時期の環境ですね。

 

汗をかいて汚れた洗濯物をカゴや洗濯機に入れたままにしていませんか?
なかなか乾かないからといって、洗濯が億劫になって洗濯物をためてしまっていませんか?

 

また、雑菌がやっかいなのは、一度つくと簡単には落ちないということです。
つまり、生乾きの洗濯物を着て、また洗濯を出す、またしっかり乾かずにさらに雑菌がついて臭いがきつくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

大事なのは、雑菌を落とすという考え方ではなく、雑菌が増えるのを防ぐという考え方なることです。

 

雑菌を増やさないためには

①雑菌が増える前に洗濯をする

②できるだけ洗濯で雑菌を落とす

③早く乾燥させて雑菌を繁殖させない

この3つが基本です。
どれかができていないから洗濯物は臭くなってしまいます。

 

臭いの原因は洗濯槽の雑菌かも

もう一つ気をつけていただきたいのが洗濯槽のカビです。

 

洗濯槽が汚れていると雑菌が増え、臭いがきつくなります。
私も気がつかずに臭いを増し増しにしていた経験があります。。

 

梅雨時期に限らず、定期的に掃除しましょう。
ドラッグストアやホームセンターなどで洗濯槽用のクリーナーや洗剤が販売されていますので、それを使えば大丈夫です。

 

臭いを防ぐ洗濯の仕方

洗濯槽ではなく洗濯カゴに入れる

スポンサーリンク

洗濯槽に直接洗濯物を入れていませんでしょうか?

雑菌を増やす要因になります。
先ほどご説明させていただいたように、洗濯槽の雑菌が増えてしまっては洗濯物が臭くなります。

洗濯する前までは洗濯カゴに入れておきましょう

 

毎日洗濯する

基本ですね。
洗濯物が汗などで汚れ、それから時間が経てばたつほど雑菌が増えます。

 

また、洗濯物をため込んでしまうと洗濯するときの量が多くなり、洗濯機の適量以上の洗濯物になると、しっかり汚れを落とせなくなります
干すときも大量になると、十分な間隔で干せなくなるので、生乾きの要因になってしまいます。

晴れた日にやろう!とするのは避けた方が良いです。
不安定な時期ですし、何か用事ができて洗濯できなくなって、雨なのにたくさんたまってしまう、良くあることですよね^^;
洗濯は毎日することが大事です。

 

部屋干し用の洗濯洗剤を使う

洗剤メーカーも部屋干し用の洗剤を出していますよね。
やはり研究を重ねて作ったものですので、洗剤も部屋干し用にした方が良いです。

私はアリエールの部屋干し用を使っていますが、効果を感じています。

また、洗剤は適量を入れて下さい。
洗濯物と水の量に合わせて指定されていますので、洗剤は多すぎても臭いの原因になります。

関連記事:洗濯物が臭いのは洗濯洗剤の量が多いから?原因は界面活性剤にあった

梅雨の洗濯は部屋干し用の洗濯洗剤

すすぎは水道水で

お風呂のお湯で洗濯している方も、すすぎで残り湯を使うのは控えましょう。
そこでも雑菌がついてしまいます。

残り湯を使うのは洗いまでにして、すすぎは水にしましょう。

 

脱水は二度!

梅雨時期の洗濯で大事なポイントは脱水です。

自動で洗濯機を回しているかと思いますが、脱水まで終わったら、もう一度脱水をしましょう。
それだけ乾きのスピードが変わってきます。

 

梅雨時期の洗濯物の干し方

洗濯したらすぐ干す

これも基本ですね。
洗濯して濡れたままに置いておけば、せっかく洗濯したのに台なしです。

すぐに洗濯機をあけて干すことです。

 

裏返しにして干す

あまりご存じない方も多いかもしれませんが、洋服は裏側の方が乾きにくい部分が多いです。

裏側が乾いていないために臭いということもありますので、最初から裏返しにして乾かすことをおすすめします。

 

どこに干す?

まず干す場所ですが、もちろん乾きやすい場所が良いのですが、1番良いのはお風呂場になります。

そもそも浴室は水分が乾きやすいつくりになっています
お風呂上りで濡れている状況で干してはいけません。浴室が乾いた後に干しましょう。

 

カーテンレールはNG

よくやりがちなのがカーテンレールを使って干す方法です。
窓側は湿度が高いですし、かたちを整えて干すことができないので、乾かない部分がでてきて臭いの原因になります。

また、カーテン自体も湿気を吸ってしまい、部屋が臭くなることもあり得ます。

 

突っ張り棒の活用

浴室が難しい場合は、突っ張り棒を活用することです。
それも多用することです。

突っ張り棒には色々なサイズがあるので、部屋の中、またトイレの中など、干せるスペースがあれば多くの場所に突っ張り棒を設置することおすすめします。

スペースに合わせて干すことで、無理に洗濯物をまとめて干さなくても良いので効率的です。

 

扇風機や除湿機で乾燥を早める

扇風機や除湿器を利用しましょう。
リビングや居間などの広いスペースよりも、狭い浴室の方がさらに効率的です。

狭くて乾燥しやすい浴室で扇風機や除湿器を使うと効果抜群です。

 

間隔をあけて干す

干し方の最後に、洗濯物同士の干す間隔です。間隔が狭いと風通りが悪く乾かないです。

十分な間隔をあけて干しましょう。10センチはあけた方が良いです。
間隔をあけて、風を通す!がポイントです。

 

できるだけ太いハンガーを使う

間隔をあけて風を通す方法がもう1つ、できるだけ太いハンガーを使うことです。

数ミリでも風が通る隙間があるかないかでも違ってきます。

梅雨時期の乾かない洗濯物の乾燥のコツ!臭い対策!

干す前にアイロンを使って臭い対策

もう一つ、アイロンも臭いの撃退に一役買ってくれます。
熱によって、臭いの原因である雑菌をやっつけてくれるのです。

洗濯したら干す前にアイロンで蒸気をあてることで嫌な臭いを消してくれます。

 

まとめ

毎年嫌な梅雨時期、あの臭い。でもあきらめることはありません。
今回ご紹介させていただいた方法でやれば、雨の日でも全然怖くなくなるはずです。

 

部屋や押入れの対策はこちら。
関連記事:【梅雨の部屋・押入れの湿気対策】扇風機やすのこ、重曹などで湿気取り

 

ちょっと元気がなくなってしまう梅雨時期ですが、今年は気持ちの良い衣類で乗り越えましょう!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で