毎年熱中症で亡くなる方がいます
あれだけ毎日テレビなどのメディアで注意喚起しているにもかかわらず、病院に搬送される方もいなくなりません。

 

特に夏の始めで暑さに慣れていない時期や、35度以上の猛暑日はどうしても多くの人が熱中症になってしまいます。
今回はそんな決して侮れない熱中症の対策をご紹介させていただきます。

 

・熱中症に効いて簡単な食べ物はなに?

・お茶やコーヒーは熱中症予防には良くないって聞くけど本当?

・手作りの熱中症対策のドリンクの作り方を知りたい

・熱中症予防のためのポイントをわかりやすく知りたい

 

大事に至らないようにするためにも、熱中症の対策をしっかり行いましょう。

スポンサーリンク

熱中症の対策には塩分、糖分を摂取

熱中症にならないために水分補給が大事というのは皆さん認識していますが、水分だけでは足りません。
暑いから、汗をかいたから水を飲めば大丈夫という考えは誤りです。

 

塩分と糖分を摂取しないと熱中症対策にはなりません
この2つを一緒に摂取することによって、塩分の吸収がしやすくなります。

 

熱中症の予防対策になる食べ物

それでは熱中症に効果のある食べ物からご紹介いたします。

梅干し

梅干しは、塩分、カリウムなどのミネラルも含まれていて、熱中症対策に最適な食品です。
1日に1個からでも、継続できるように始めてみましょう。

熱中症対策,梅干し

種入りが苦手な方は、こんなお菓子もおすすめです。(商品名はともかく。。)
種がなく、程よくすっぱくて美味しいです。

熱中症対策の食べ物梅干し

味噌汁

スポンサーリンク

体内で失われた塩分を補うことが熱中症対策になるわけですが、その体内の塩分濃度と同じなのが味噌汁です。

朝ご飯にいっぱいの味噌汁を飲むことは、かなり効果的な熱中症対策になります。

 

スイカ

夏の食べ物としてまっさきに思い浮かぶのがスイカですよね。

実は熱中症対策に最適なんです。
スイカは糖分、ナトリウムやカリウムなどのミネラルが含まれています。軽く塩をかければ塩分も加わり完璧です。

スイカ

豚肉

豚肉はビタミンB1が豊富です。
エレルギーを吸収するためにはビタミンB1は有効です。

豚肉はスタミナ丼などにも使われるように、疲労回復や夏バテに最適で、熱中症対策にも効果的です。

一番手軽に食べられるのが飴ですね。

最近では熱中症に効果のある飴なども販売されています。
塩分、糖分をしっかり摂取することができますので、常にバックや手元に置いておくことをおすすめします。

熱中症対策には飴

熱中症に良い飲み物

スポーツドリンク、経口補水液

一番すぐ思いつくものではないでしょうか。
経口補水液や、ポカリスエットなどのスポーツドリンクは塩分、糖分、ミネラルがまさに摂取できますので、熱中症対策に最適です。

これをこまめに飲んでいれば熱中症になることはありません。

熱中症対策,飲料,スポーツドリンク

手作りの経口補水液

経口補水液は手作りでも簡単に作れますのでおすすめです。経口補水液ってちょっと高いですもんね。

・水1リットルの場合
・塩3グラム~4グラム(小さじ半分くらい)
・砂糖20グラム~40グラム

基本塩3グラム、砂糖30グラムにして、お好みで作ってみて下さい。

 

麦茶

スポーツドリンクの甘さが苦手な方もいると思います。
そのような方には麦茶がおすすめです。緑茶や紅茶などの他のお茶は、カフェインが含まれるので適していません。

麦茶はミネラルが含まれるので熱中症に効果があります。

熱中症の予防対策には麦茶

牛乳

意外かもしれませんが、牛乳は効果があります。
塩分は含まれておりませんが、タンパク質が豊富で、熱中症になりにくい体作りに役立ちます

また、牛乳は体温調整の機能を向上させてくれます
夏はエアコンの使用により体温調節の機能が低下しがちなので、牛乳は助かります。

 

本当にお茶やコーヒーは熱中症に良くないの?

コーヒーやお茶が熱中症対策にはならないということを聞いたことはありませんか?
私も先ほどお茶ではなくて麦茶と書かせていただきました。

 

なぜ熱中症に良くないかというと、お茶には利用作用があるからです。
せっかく水分を補給してもすぐ流れてしまっては効果がないということです。
また、麦茶にはミネラルが含まれていますが、お茶には含まれていません

 

夏にお茶を飲むこと自体は悪いことではありませんし、利用作用も大事な機能です。発汗が悪く、体内に熱が困ることは危険なことです。
ただ、それは涼しいところで普通に過ごしているときであって、外や暑い場所にいるときは違ってきます。

 

お茶やコーヒー、麦茶は飲む場面を選んで飲むことが大事です。
外などにいて暑いときには麦茶、オフィスや家などにいる時にはお茶やコーヒーを飲むことは良いことです。

熱中症とお茶

熱中症の予防対策のポイント

熱中症の原因や対策する上でのポイントを知ることが大事です。

熱中症の原因

熱中症になる原因はこういった点にあります。

・高温多湿な場所に長い時間いる
・風がない場所だとさらに悪い
・直射日光が当たる場所だとさらに悪い
・エアコンなどの急激な温度変化により調整がきかなくなる

 

熱中症の症状となってしまった場合

めまい、痙攣、吐き気、力が入らない、歩けない、異常な汗、失神、意識がないなど。

もし熱中症になってしまった場合は、次のとおり対処しましょう。

・日が当たらない涼しい場所に移動する
・楽な姿勢をとる
・塩分が入った水分をとる

また、症状が良くならない場合、または自分で飲み物を飲めない、呼びかけても変な対応のときは、すぐ病院に行くか救急車を呼びましょう。

 

熱中症の対策予防のポイント

基本

大事なことは体力があって、免疫力が維持されていることです。

そのためには、バランス良く食事をとって、しっかり寝ることです。
睡眠不足な時などは熱中症になりやすいです。

常に意識すること

・こまめに冷たい飲み物を飲むこと
・暑い場所に長時間いずに、涼しい場所に移動する

喉が渇いていないからといって飲み物を飲まないことは危険です。

 

まとめ

体調を崩してからでは遅いです。
基本的な体力維持を行うこと、そしてこまめに水分と塩分をとって、熱中症を予防しましょう。

 

夏バテや夏風邪の関連記事です。参考にして下さい。

夏バテ予防・対策に効く飲み物は「甘酒」!おすすめの飲み方や量は?

夏風邪の予防・対策に最適な甘酒!!なぜ甘酒が効くのか?飲み方は?子供や引き始めにも効果あり

 

夏バテを防ぎ、快適生活を送りましょう。
今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で