熱中症は何度以上になると注意が必要?

気温だけじゃなくって湿度も要注意って本当?

熱疲労ってどんな症状?

スポンサーリンク

熱中症が発症する気温や温度は?

私たちは通常であればうまく汗で熱を調整していますが、熱中症になると体内に熱がこもり、体温調整が効かなくなります。

 

熱中症になるのは気温だけではなく、複数の要素があります。
主には気温、湿度、日射の3つの要因と、体内の水分状態によって熱中症になり得ます。

 

気温28度、湿度60%
の数字を1つの目安として熱中症に注意しましょう。

熱中症は何度からが危険か

高湿度は危険

気温が低くても、湿度が高い場合は注意が必要です。

気温25度でも、湿度が80%などの日もあります。それほど湿度が高いと熱中症の恐れがあります。

気温が低いと油断せず、エアコンの利用や水分補給を行いましょう。

 

直射日光に注意

直射日光に当たることも危険です。
できるだけ外出時間を減らし、直射日光に当たっている場合はいつも以上に水分補給に気を配りましょう。

また、外出時には保冷剤など体を冷やせるようにして、首の後ろや額などをこまめに冷やすと効果的です。

熱中症になる前に水分補給

気温差が熱中症の原因にも

気温差がある日も注意が必要です。
前日から気温が上がる日、または涼しい場所から屋外に出るときなどです。

体への負担は自分でも気づかないことが多いです。気温差を見たら意識して対策をとることが大事です。

 

暑さ指数も参考に

スポンサーリンク

暑さ指数って聞くことがありますよね。
アメリカで開発され、現在では国際的にも使われている基準です。

 

危険、厳重警戒、警戒、注意と区分されていますので、毎日確認して意識すると良いです。

 

気温でいうと、危険は31度以上、厳重警戒は28~31度、警戒は25~28度、注意は25度未満となっています。

 

熱疲労の恐れも!

熱中症だけではなく、熱疲労という症状になる場合もあります。

・めまい
・吐き気
・頭痛
・異常な汗
・疲労、脱力
・体が冷たい

このような症状がある場合は熱射病にも気をつけなければなりません。
至急な対応が必要です。

 

熱中症や熱疲労の可能性があれば即処置を!

涼しい場所に移動し、楽な姿勢で休ませて下さい。
塩分入りの冷たい飲み物を飲みましょう。

 

冷たいタオルや保冷剤で体を冷やして下さい。
特に太いリンパのある、首の後ろや脇の下、鎖骨の下、足の付け根などを冷やすと良いです。

 

水分を飲めない、歩けない、意識状態が朦朧としているといった症状があれば、危険な状態になりますのですぐに病院に行きましょう。

 

最後に

熱中症は一概に何度から危険ということは言えませんが、ご説明させていただいた気温や湿度を1つの目安として、熱中症対策を行いましょう。

関連記事:熱中症の予防対策に効果的な食べ物と飲み物!手作りも簡単!お茶と麦茶はどう違う?

 

汗が多いと臭いも気になります。ワキガ対策をまとめていますので参考にして下さい。

関連記事:ワキガ対策完全版!臭いの原因から治し方~自宅で治す?手術や治療?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で