もうすぐ新社会人の皆さん、入社の準備は整いましたでしょうか。多くの会社では入社式が行われます。会社の役員、人事部、同期、先輩、初対面の人たちも多いです。言うまでもなく初対面での印象は大切です。目立とうという気持ちも必要ですが、そこは入社後の仕事で目立つとして、最初の見た目は奇抜さではなく、無難で颯爽としたスーツを着こなしましょう。

学生のときの面白いやつが、会社ではそのまま面白いやつにつながりません。役員の方々はもちろん、入社数年の先輩でも自分が思っている以上にたくさんのことを経験している社会人です。会社では笑わせてくれる面白いやつではなく、仕事を覚えて業績に貢献してくれるやつ、部署の仕事に役立つやつ、が求められます。もちろん笑わせてくれるやつも大事ですが、、笑。

ここでは、新入社員として基本となる着こなし方を心構えなどと一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

その1,スーツの色、柄について

色は黒、紺、グレー、柄は無地にしましょう。ストライプは避けるのが無難です。就職活動をしていた時のスーツで構いません。ただ、大きく体型が変わってしまった場合は新しくサイズにあったものを買いましょう。

スーツを着る職場であれば、1着では汗やしわ、スーツの痛みなどを考えると、数着(3,4着)用意しなければなりません。その時も、高価なものでなくて大丈夫です。スーパーや量販店で売っているスーツで十分です。ビジネスでのスーツは黒、グレーが無難です。入社式は式典ですので黒で良いですが、ビジネスでは黒スーツの着用は控えましょう。ストライプは職場や業種によって変わってくるうかもしれませんのでそれは入社後様子を見ましょう。

 

その2,シャツについて

シャツは白、レギュラーカラーにしましょう。配属されて働き出してからは白でなくても良い会社が多いです。色物やストライプは入社後まわりを見ながらにしましょう。

 

その3,ネクタイについて

スポンサーリンク

ネクタイも派手で特徴的な色や柄、ブランド品は控えましょう。

いくつか参考例をあげます。

・無地の落ち着いた色(黒、白は冠婚葬祭なので控えましょう)

・ストライプ(しま模様)

・ドット

・光沢感のあるネクタイ

 

その4,髪色・髪型について

髪色は言うまでもなく黒が無難です。髪型についても奇抜すぎないようにしましょう。短髪が爽やかで好印象です。

 

その5,バックについて

就職活動で使っていたもので結構です。新しく買う場合は5,000円~10,000円程度でスーツ屋さん、バック屋さんに売っていますので、黒、紺、茶色などの落ち着いた色を選びましょう。くれぐれもハイブランドのものは控えましょう。

 

まとめ

清潔感が大切です。服装で目立ちたい、おしゃれをしたいという気持ちもわかりますが、自分がいくらおしゃれをしてかっこいいと思っても、その基準は自分のものです。評価したり、印象を受けるのは周りの人ですので、その点忘れないようにしましょう。そして何より、仕事で目立てるように、張り切っていきましょう!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で