皆さん、スーパーでラーメンを買うことはありますでしょうか?

 

私は今回ご紹介する生ラーメンも、インスタントも食べることがあります。
特に、今住んでいる場所の近くには大好きと言えるラーメン屋さんがなく、、、でもラーメンが食べたくなるので、スーパーでお店の味を再現したシリーズはたまに食べます。

 

そんな中で、
これまで食べてきた味噌ラーメンの中で、ダントツで一番美味しいのではないかと思うラーメンに出会いました!

 

ご紹介させていただきます。
『さっぽろ純連』です。

 

名店として認知されているラーメン屋さんですね。

 

・味のポイントやおすすめの具材

・「さっぽろ純連」について

・「すみれ」とは違うの?

 

そんなところをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

さっぽろ純連

昭和39年に札幌に創業した札幌を代表する味噌ラーメンの名店です。

 

その当時は、あっさり味のラーメンが多かったようですが、濃厚な味噌ラーメンを作り、人気店となりました。

 

札幌と言えば味噌ラーメンというイメージを作った先駆者と言える存在です。

 

札幌店、北31条店、仙台店に出店していて、東京にも純連と似ている味のラーメン屋さんは多くあります。

さっぽろ純連の生ラーメン食べた後に撮ったので空袋で申し訳ありません。

純連(じゅんれん)と純連(すみれ)は違うの?

スポンサーリンク

私は食べた後に気づきました。。

 

あれ?
これって「すみれ」?

 

すみれは新横浜のラーメン博物館にも出店し、味噌ラーメンと言えば「すみれ」と連想させるくらいの人気と知名度を得た名店です。
私も当時横浜に住んでいたので、ラーメン博物館ですみれを食べたことがありました。

 

調べてみると、今回私が食べた「じゅんれん」と「すみれ」は違う店でした。

 

違う店と言っても、元からあったのが「じゅんれん」で、店主のご子息が独立してラーメン店を開いたのが「すみれ」でした。

 

純連のホームページに記載されていましたが、一番最初は「じゅんれん」ではなく「すみれ」と呼んでいたそうです。
ホームページ

 

それが読みにくいということで「純連(じゅんれん)」に変更したそうです。

 

想像で申し訳ありませんが、ご子息が独立なさる際に、創業当時の想いなどを汲んだ店にしたいなどの決意があったのかもしれませんね。

 

どちらも名店であることに変わりありません。

 

濃厚!!美味い!!

端的な見出しですみませんが、本当に美味しかったです(^^)

具材

チャーシュー、メンマ、ネギまでは写真通りの具材、それに茹で卵を入れて食べました。

ちょっとメンマを入れすぎたせいか、少ししょっぱい感じもありましたが、ネギも多めだったのでバランスが取れて美味しかったです。

札幌純連の味噌ラーメン
食べる前はブログに載せるつもりはなく、
食べた後にあまりの美味しさに書こうと思ったので、余計なものも写っていてすみません

濃厚なスープと熟成麺が絶品

味噌ラーメンにニンニクが合いますが、こちらのスープにはにんにくペーストが入っていました。

袋に書いてありましたが、ポークエキスが入っています。濃厚さにマッチしていて最高です。

麺は味噌スープに良く合う太麺で、程よく縮れていてしっかりスープに絡みます。

 

カロリー

ラーメン食べているのに、しかもご飯も刺身までつけて置いてカロリー気にするなというところですが、気になる方もいるかもしれませんので一応。

1食あたり110グラム、535キロカロリーでした。

 

最後に

男の料理の代表であるラーメン!(違う方にはすみません^^;)

 

美味しいラーメンがたくさんありますが、今回の純連はちょっと感動するほど美味しかったです。

 

同じ男料理シリーズとして、セブンイレブンの盛岡冷麺も美味しいです!ぜひ!
危険!セブンイレブンの盛岡冷麺は食べない方が良い!その理由は?

 

また見つけたらレポートさせていただきます(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で