LINE(ライン)を見る、開くのがとにかく怖い!ドキドキするときもある

既読してしまうと急かされているようで不快な気持ちになって苦手

LINEが本当にストレスで何とかしたい

 

スマートフォンの普及と同時に、日本で急速に広まったLINE(ライン)。
手軽さ、便利さもあって、使っていない人を探すのが難しいくらい誰でも使っていますよね。

 

そんなLINEですが、一方では怖い、嫌い、苦手といった印象を持っている人も少なくありません。実際私もその一人でした。

 

でも嫌だからといってまったくやらないのも人間関係上できない、便利な点はあるのでできれば退会せずに上手に使っていきたいという方は多いのではないでしょうか。

 

私はある時からLINEの恐怖心も減り、便利に使っています。
今回はそんなラインの恐怖、嫌悪感、苦手感を克服するための方法をご紹介させていただきます。

 

また、LINEに恐怖心があるということは、対人関係や日常生活でも困っている点もあるかもしれません。今回ご紹介するマインドや解決法は、仕事やプライベート問わず、色々なところで役に立ちます。少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

LINEが怖い・嫌い・苦手になってしまう原因

既読機能によって自分の生活リズムを邪魔される

LINEはこちらの都合は関係なく、相手の都合で通知されます。
それはメールなども同じですが、ラインの特徴は「既読機能」ですよね?

 

相手がラインを開いたかどうかわかるので、本当に便利な機能です。
ただし、そうではなく、既読機能によって恐怖や嫌悪感が増す場合もあります。

 

スマートフォンを持っている時間の長さやLINEを開く頻度は人それぞれですが、常にLINEを使っている相手などの場合は、返信が遅いと思われるのが嫌、怖いという方は多いです。

 

つまり、LINEを使うスピードの常識の相違によって嫌悪感を感じるということです。
LINEはどことなくメールなどと比べて、即レスするのが当たり前という風潮や印象があるのも事実です。

 

気軽で便利だけど人間関係が詰まっている

気軽なLINEですが、今や自分自身の人間関係のほとんどがこの中に詰まっているという人も少なくないです。

 

当然簡単なやり取りであれば何も苦になることもありませんし、むしろ重宝しますが、それが嫌な相手であったり、見たくない内容であった場合は途端に恐怖に変わるのがLINEです。

 

また、少しの言い回しで誤解を与えたりしたことがある方は、その表現方法に気をつけようとして、煩わしさが増している場合もあります。

LINE(ライン)恐怖症を乗り越えてつながる

グループLINEなどいじめや疎外感に発展する

すでに怖い、嫌いと感じている方は、こういったことを感じている方もいるかもしれません。

 

便利なグループLINEですが、場合によっては、悪意があるといじめの道具にもなりえます
大人であればそんなにあからさまないじめも減るかもしれませんが、少なくとも疎外感を感じる機会はあるかもしれません

 

簡単にグループを作ることができますし、同時に複数の人とやり取りできるので、それが原因で逆に苦手意識を持っている方も多いです。

 

LINE恐怖症を克服するマインド

スポンサーリンク

LINEに対して恐怖を感じる原因を解説させていただきましたが、一言でいうと「他人に影響されるから」「自分軸ではいられなくなるから」です。

 

これはLINEだけに限りませんし、誰しも本能的に感じることですが、
自分が望まないことは嫌なんです。場合によっては怖いという感情が出てしまいます。

 

もっとも重要なことは、「どんな時も自分の軸でいること」です。
そうすれば他人や周囲の出来事に影響を受けることはありません。影響を受けても少なくてすみます。

 

「常に自分軸でいる」、わかりますでしょうか。

 

もう少し解説させていただきます。
例えば、私たちは周囲の人に良く思われたいという欲求があります。友達や自分の大切な人であればなおさらです。逆の表現をすると、嫌われたくないという気持ちです。

 

LINEで言えば、早く返信しないと、カッコよく思われたい、相手が期待するような返答をしないと。そう感じてしまうことがないでしょうか。

 

そのような状態は自分軸ではありません。相手、他人に影響され、本来の自分、自分が望んでいる状態からかけ離れてしまっています。当然そうなると居心地が悪いですし、その気持ちが発展すると怖いという気持ちになります。

LINE(ライン)が怖いのは自分軸ではないから

優しい人、期待に応えようとする人は特に要注意!

極端に言うなら、相手からどう思われようが良いんです。
簡単にはそう思えないかもしれませんが、相手に振り回されたいならそのままでも良いですが、それが嫌だという気持ちがあるのであれば、少し考え方を変えた方が良いです。

 

実際私もそう感じられるまでに長い年数がかかりましたが、実際相手のことを考えすぎても、周囲のペースに合わせても良いことは少ないです。

 

友達がいなくなる!と心配するかもしれませんが、本当の友達はそんなこと、LINEの返信が遅いくらいで関係は変わりません。

 

自分のペース、自分が居心地が良い状態でいることが何より大事です。その上でLINEを開いて返信すれば良いだけです。

 

LINEが怖い、嫌いの解決法

実際に私が行っているLINEの使い方をご紹介させていただきます。

LINE(ライン)を使って関係を深く

グループLINEは基本通知オフ

グループLINEは当然通知も多いので、その度に音が鳴ったり、バイブしたりするのは煩わしいですし、イチイチ見ていると時間がとられてしまいます。

通知はオフにして、タイミングを見て一度に見た方が断然良いです。

 

夜はおやすみモード

寝ているときにラインで起こされるという経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

寝ているときは絶対おやすみモードにするべきです。また、自分がリラックスしたいとき、自分の時間を過ごしたいときも同じです。

 

既読にしない

そもそもラインが届いたからといってすぐに開かなければならないわけではありません。それは相手のペースに合わせているだけです。

自分のペースで、自分が見れるとき、返信できるときに既読にした方が良いです。

 

最後に

LINEが怖い、嫌いという方向けに、その原因と解決するためのマインドや方法をご紹介させていただきました。

 

一度自分軸でいることを覚えると、LINEによって右往左往することはないですし、気持ち良く毎日が過ごせます。それだけLINEの影響は大きく、私たちの毎日に欠かせないツールになっているということだと感じます。

 

自分軸で快適に過ごしましょう(^^)

 

関連記事:仕事のメールが怖い!見る・開くのが恐怖症~3つの解決法!病気の可能性も?

関連記事:人生や仕事に悩んだら思い返そう【すべて自分で決めることができる】

関連記事:【仕事の不安を解消する5つの方法】その不安感と不安定には原因がある

関連記事:不安・ストレスを解消する食べ物はこれだ!実践済みのメニューを自信を持ってご紹介

関連記事:【不安は妄想】一番の不安解消法は不安へのとらえ方かもしれません

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で