梅雨から夏にかけては食中毒が本当に心配ですね!

 

特にお弁当は調理に加えて「保存」があるので、より一層注意が必要です。
この時期は正しい知識を身に着けて、予防対策していくことが必要です。
特に、お父さんがお弁当を作るときにやりがちな行動、少しの手間を避けたために発生してしまうことなども多いです。

 

・お弁当の食中毒の原因はなに?

・食中毒を予防する方法は?簡単にできる?

・食中毒になりやすいおかずや具材はある?逆に良いおかずは?

 

食中毒の原因や予防策、そして食中毒になるリスクが高い具材などをご紹介させていただきます。
ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

お弁当が食中毒になる原因

お弁当が食中毒を引き起こす原因のほとんどが細菌です。
サルモネラ菌、015などの大腸菌、ウェルシュ菌などです。

 

菌は20度を超えると繁殖が進み、30度あたりになるとその動きが一層活発になり、40度前後でピークになります。

 

お弁当を開けたときに、フタにしずくがついていることを見たことはないでしょうか?
買ったお弁当にもついているときがありますよね。

 

温度にプラスして水分、湿度も菌を繁殖させる原因になります。

 

梅雨時期から夏にかけての気温を思い出していただくとわかりますが、まさに菌にとって過ごしやすく、増殖しやすい環境と言えます。

 

放っておいたら必ず食中毒になること間違いなしです。
お子さんのお弁当は特に気をつけたいですよね!

弁当の食中毒菌0157

お弁当の食中毒予防対策

食中毒の原因がわかったところでその予防法を見ていきましょう。
原因である温度、水分がポイントになります。

おかずはすべて火を通す・温める

熱することで死滅させることができる細菌が多いので、まずはすべて火を通すことが大事です。

 

特に卵焼きや半熟卵のように、味や好みを優先して半熟にしたり、家庭の食卓で食べる時と同じようにお肉を少し生にしたりすることは、お弁当では禁物です。

 

前日の残り物や作り置きを入れたい方も多いと思います。
その際も必ず一度電子レンジで温めてから詰めて下さい。

 

とにかく冷やしてからつめる

スポンサーリンク

温めたら次にするのが冷ますことです。電子レンジで温めたおかずも同じです。

温かいまま入れるとどうなるか?
弁当箱の中に蒸気、水分を入れてしまい、菌の増殖につながります。

ご飯も冷やしてからつめる

もちろんご飯も冷ましてから入れます。
平らな皿などに盛って、冷ましてから詰めるようにして下さい。

冷凍食品に注意

私もやったことがありますが、男性でよくやりがちなのが、冷凍のおかずをそのまま入れて持っていくことではないでしょうか。

 

食べる頃にはちょうど良いからということで、朝の忙しい時間をやりくりするには有効なのですが、この時期のお弁当には危険です。
食べる時間にぴったりに解凍されていればいいですが、少し時間が経つだけど、解凍するときに発生する水分によって、菌が繁殖してしまいます。

 

冷凍食品も同じように、温めた後に冷ましてから入れましょう。
しつこいですが、ご飯もどんなおかずもすべて温めて、そして冷やして詰めることが大事です。

 

保冷バックを使う

温度対策はこれに限ります!
簡単にできますし、効果抜群です。

 

保冷バックというと、大きいイメージがあるかもしれませんが、お弁当箱にちょうど良いサイズの保冷バックが販売されていますので、それに保冷剤と一緒に入れることでかなり食中毒のリスクは減ります

弁当の食中毒予防には保冷バック

弁当箱や調理器具を清潔に

これも時間がないとつい省略しがちなことですが、まな板や包丁などの調理器具を清潔にすることは食中毒予防には欠かせません。

 

肝心の弁当箱にも注意が必要です。
家に帰ったらすぐ洗う、心配な場合は熱湯で消毒するなどして弁当箱を清潔に保ちましょう。
関連記事:弁当箱の臭い消しとカビの洗い方・取り方!漂白・除菌で美味しい毎日

 

くれぐれも具材を詰める前に、弁当箱をふき取るなどして濡れていないかを確認して下さい。
最初から水気があっては元も子もありません。

 

おかずやおにぎりに直接触れない

調理の基本かもしれませんが、私もそうですが男性はつい面倒なことを省略しがちです。
手についた細菌が食品についてしまい、そこから繁殖して食中毒になることは多いです。

 

おかずはもちろんお箸を使う、おにぎりなどもラップなどを使って直接は触れないようにしましょう。

 

お弁当で特に気をつける具材

そもそもお弁当のおかずには食中毒を起こしやすい具材というものがあります。
見落としがちな代表的なおかずをご紹介いたします。

弁当の食中毒予防

加工食品

ソーセージやハムなどの加工食品です。加工食品は長い時間かけて調理されるため、細菌が入り込んでいる可能性もあります。

冬であれば気にならなくても、この時期の菌の増殖で危ない可能性があります。

もし入れる場合は食中毒予防の基本である、「温める」ことを忘れずに行って下さい。

 

マヨネーズ

何かと味付けにマヨネーズをかける方もいらっしゃると思いますし、好きなお子さんも多いです。

ただこの時期にマヨネーズを入れるのは水から菌を繁殖させてしまっているようなものです。

 

ミニトマト

お弁当にはミニトマトが欠かせないという方も多いはずです。
水分が豊富なトマトはこの時期危険です。

特にヘタにカビがつき、そこから菌が繁殖する可能性があります。くれぐれもヘタはとって洗うようにして下さい。
どうしても入れたい場合は別の容器にすることをおすすめします。

また、生野菜自体が水分が多いですので、持っていく場合は別の容器に入れた方が良いです。

 

ブロッコリー

ブロッコリーも水分豊富な野菜です。マヨネーズとブロッコリー、、、危険です^^;

特に朝に茹でて、冷めきらずに入れると弁当箱の中で蒸気が発生して危険が増します。

 

お弁当に欠かせない卵も食中毒の危険が高いです。
サルモネラ菌による食中毒です。

できれば入れない方が無難ですが、入れる場合はしっかり熱を通してつめるようにして下さい。

 

じゃがいも

大好きな人もいますよね!ポテトサラダですね。

じゃがいもも水分が多い食材です。
しかもポテトサラダはマヨネーズも混ざりますので、より危険なおかずになってしまいます。

 

調味料は食べる前にかける

お醤油やソース、ドレッシングなどをかけてから詰める方もいらっしゃいますよね。

この行為も水分を増やして菌を繁殖させることになりますので、調味料は別で持っていき、食べる前にかけましょう。

 

おかずや食材を工夫した予防対策

危険なおかずもあれば、使うことで食中毒の予防になる食材もあります。
ご紹介いたします。

お酢やレモンを使う

お酢やレモンなど、殺菌力がある食品を入れることも効果的です。

お酢を入れてご飯を炊く、おかずにレモンをしぼるなどすれば傷みにくいです。
ご飯を炊く前に小さじ一杯程度のお酢を入れることで、殺菌効果があるご飯が炊きあがります。

少量だと酸っぱくなりませんので安心して下さい。
3合に小さじ一杯を基準に、炊く量で調整して下さい。

 

梅干しご飯

殺菌と言えば梅干しですね。
ご飯の真ん中には梅干しというお弁当も多く販売されています。

ただ、梅干しのまわりしか殺菌効果はありませんので、梅干しを刻んで混ぜた方が効果的です。
私は種をとるのが嫌いなので、最初から混ざってあった方が美味しくもなるのでおすすめです。

 

生姜ゴマご飯

殺菌効果のある生姜と、水分をとる作用があるゴマを混ぜたご飯です。
食中毒予防にぴったりです。

もちろん生姜とゴマをおかずに使っても効果的です。

 

大葉を入れる

大葉は殺菌作用がある野菜です。

刻んでかけてもいいですし、お肉などのおかずに巻いても美味しい大葉は暑い時期のお弁当にはもってこいの食材です。

 

鰹節を使う

私は日常的に鰹節を良く使いますが、かけるだけという簡単さと、その栄養が魅力です。

鰹節は水分を吸収してくれるので、この時期のお弁当にもぴったりです。

 

冷凍ゼリーを持っていく

用途は保冷剤と同じで、お弁当と一緒に持っていくことで温度の上昇を抑えることができ、食中毒の予防になります。

帰りの荷物を減らせる、デザートまで味わえるという利点があるのが冷凍ゼリーです。

 

最後に

誰もが楽しみなお弁当の時間です。
少しの手間で予防することができますので、美味しく、そして安全に楽しみましょう!

 

基本は必ず温めて、その後に冷めてからつめること。
そして温度が上昇しないように工夫することです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で