・最近顔から汗が出ることが増えた

・脇汗がひどい、最近黄ばむようになった

・手汗がひどくてパソコンやプリントした紙が濡れてしまう

・足裏からの汗がひどくて靴の臭いがきつい

そんな経験や悩みはございませんでしょうか?
それは「精神性発汗多汗」が原因かもしれません。

スポンサーリンク

精神性発汗多汗とは

発汗には種類があり、温熱性発汗と精神性発汗と味覚性発汗があります。

 

温熱性発汗は体が温かくなった時に、体温の調節をするために、全身から発汗します。
気温が暑い日や運動したときに出る汗のことですね。

 

主にエクリン腺から発汗し、サラサラしていて無臭です。成分はほぼ水です。
平均的にも一日1リットルの汗が出て、暑い夏などには3リットルも出ることがあります。

 

味覚性発汗は辛い物を食べたときに出る汗のことを言います。
額や鼻から特に出て、食べてしばらくすると汗がひきます。

 

精神性発汗は顔、脇の下、手のひらや足の裏から発汗します。
体が熱いから出るということではなく、緊張したとき、強いストレスを感じたときなどに出ます。

 

主にアポクリン腺から発汗し、ベタベタして臭いがきついのが特徴です。
成分はタンパク質や脂質、アンモニアなどで、濁った色をしています。黄ばみの原因がこれですね。

 

温熱性発汗が体温調節のために出るのに対し、精神性発汗は自分の身を守るため、防衛するために発汗します。
どちらも本能的に、生理現象ですが、精神的なことによって発汗することから、精神性発汗と言われます。

 

精神性発汗多汗になりやすい特徴

どのような人が精神性発汗多汗になりやすいのでしょうか。
もちろん一切緊張しない人、不安がまったくない人はいませんので、どんな人もなる可能性はありますが、なりやすい特徴はあります。

 

・内気で恥ずかしがり屋

・努力家で頑張り屋

・神経質で真面目

精神性発汗,緊張汗

精神性発汗の改善は自律神経がポイント

スポンサーリンク

精神性発汗の治療、改善は人それぞれ原因が違いますので、一言で解決できる問題はありませんが、自律神経が大きく影響しています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経が優位になると、発汗が活発になります。
また、自律神経が乱れると皮脂の分泌が激しくなり、臭いをきつくさせます。
自律神経を整えることが精神性発汗の改善につながります。

 

自律神経の乱れが影響するのは発汗だけではありません。
頭痛、動悸、不安感、下痢、肩こり、不眠、意欲低下など、様々な面で体に影響を及ぼします。

 

自律神経を整える3つのポイント

深い、ゆっくりとした呼吸を行う

私たちは、意識して汗を止めることはできませんし、自律神経をコントロールすることはできません。
しかし呼吸は自分の意識で変えることができます

 

呼吸を速くすると心臓の動きも速くなり、脈や血液の流れもスピードが上がります。
これは交感神経を活発にしていますので、ますます発汗することになります。

 

一方、呼吸をゆっくり行うことで、心臓もゆっくり動き、脈も落ち着いてきます。興奮状態から、リラックスした状態にすることができます
端的に、ゆっくりとした深呼吸をすることが精神性発汗を改善するのに非常に有効です。
緊張して汗が流れてきた時には、「深呼吸」、「ゆっくり」を念じながら、落ち着かせることが大事です。

また、これはスポットだけの話ではありません。ゆっくりとした呼吸により副交感神経が働くので、自然とリラックスすることができたり、スムーズな入眠の手助けになります。

忙しい毎日の中で、リラックスできる時間を確保することは自律神経にとって重要なことです。毎日深呼吸する時間を作ることをおすすめします。
私も毎日お風呂で半身浴しながら深呼吸を繰り返すようにしています。

 

好きなことをする時間を確保する

好きなことをする時はその時に集中できる傾向にあります。無我夢中で遊ぶ、何かに集中することは、ストレスや不安から解放され、「今」に集中できます
そのことが精神的には非常に大事です。

 

運動する、映画を見る、音楽を聴く、カラオケで大きな声で歌う、お笑いを見て大笑いする、、、
このように、好きなことをする時間を確保することが大事です。
少しの時間でも構いませんので、自分の時間を持つことで変わってきます。

 

朝日を浴びる

精神性発汗には日光で自律神経を整える

朝起きて日光を浴びることは生活リズムを整える上で非常に大事です。
目覚めに良いことはもちろん、日光を浴びてから14時間前後で眠くなる時に感じるメラトニンが分泌されます。
朝日を浴びることは睡眠にも良いということです。

 

太陽の力は大きく、日光を浴びることで幸せなときに感じるセラトニンが分泌されることがわかっています。

 

精神的な問題を抱えていると、食生活が乱れ、朝起きるのが億劫になって生活リズムを崩す傾向にあります。
生活リズムの乱れは自律神経の乱れを生じます。

 

生活リズム、規則正しくと言うと難しく感じるかもしれませんが、毎日朝日を浴びることであればできるのではないでしょうか。

 

不安を取り除く

不安な男

精神的なことが原因による発汗ですので、その不安を取り除くことが重要です。

 

汗に関する名医である五味クリニックの五味先生もこのようにお話しされています。
精神性発汗で困っている方へのアドバイスをされているときの言葉です。

 

治療でまず大切なことは潜在意識のなかの「不安」をとることなのです。 もしあなたに、過去になにかしらの原因となる出来ごとなどがあるようでしたらそれらについてもう一度真正面から向かい合うことも多汗を解消するための一つの方法でもあるのです。

引用:http://gomiclinic.com/

 

何か生活において大きな不安がある場合は、一度不安と向き合うことが必要かもしれません
私も過去に精神性発汗を悩み、ワキガの手術をしたことがありますが、その時も仕事上、プライベート上の不安を抱えていた時期でした。

 

「不安」というモノ自体は存在しません
実体のないモノに恐れ、視野が狭くなり、できることもできなくなる、そうするとますます不安が大きくなります。
不安は起こらないことに恐れていることが多いです。

 

また、不安に対して向き合うことは楽になります。
一歩でも進むだけで気持ちは変わってきて、視野や思考も変わってきます

 

発汗への不安

また、汗への不安も大きな要因です。
汗をかくことを気にするほど汗が出てきてしまいます。

 

次のことは、すぐ取り組めることです。

・着替えを持ち歩き、汗をかいたら着替える

・タオルや汗拭きシートを持ち歩き、こまめにふき取る

・食生活を改善する
関連記事:体臭を改善する食生活・食事療法の5つ!脇汗の臭いも食べ物で対策!

・運動や入浴で汗をかく

・急な発汗を抑える方法を身につける
関連記事:【すぐに汗を止める方法】顔汗も脇汗もリンパを冷やすことで止める!
関連記事:【汗を止めるツボ】顔汗、脇汗対策には胸と脇の下と手のツボが効果

 

漢方薬で体質改善

発汗は体質が大きく関わりますので、体質を改善することで抑えることができます。
有効なのが漢方薬です。

 

薬のように即効性はありませんが、体の中から改善してくれます。
次の3つは精神性発汗多汗に効果的な漢方薬です。

精神性発汗には漢方薬

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

精神的な不安や自律神経の乱れ、不眠症などに対して効果のある漢方薬です。

幅広く使われており、リラックスする作用が期待できます。体力のない方も飲むことができます。

 

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

緊張しやすい、不安が強くて動悸することがある、このような状態の方に気持ちを落ち着かせる作用があります。

こちらは体力のある方にしかおすすめできません。

 

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)

気を充実させる作用があり、落ち着かせる効果があるので、精神的にイライラしやすい方におすすめです。

 

3つの漢方薬をご紹介させていただきましたが、効果には個人差があります。
継続的なアドバイスをもらいながら対処していくことが非常に大事ですので、近くの漢方薬店、薬局などに相談することをおすすめします。

 

最後に

精神性発汗が多いとつらいですよね。
精神性発汗になりやすい特徴でご説明させていただいたような性格がまさに私ですので、非常に気持ちがわかります。

 

きつい臭いが周囲に気づかれていないかを常に気にしてしまい、もともと不安があったのに、その臭いのせいでさらに精神的にきつくなったのを覚えています。少しでも参考になれば幸いです。

 

汗やワキガに関する関連記事です。

ワキガ対策完全版!臭いの原因から治し方~自宅で治す?手術や治療?

自分がワキガかもしれないと思ったら~セルフチェックで確認する方法

ワキガメンズ用市販のおすすめデオドラント!市販は効かないはウソ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で