梅雨時期=カビ臭い

とイメージする方も多いのではないでしょうか?

そのくらい梅雨にはカビはつきものです。まさに梅雨の天敵ですよね。

 

・カビはどこが一番危険な場所?

・どうすればカビを対策できる?

・カビが原因の病気はどんなの?

・場所別に対策方法を教えて欲しい

 

今日はカビの発生を抑える対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

カビが発生するのはなぜ?

カビは温度が25度以上、湿度が70%以上だと大繁殖します。
温度や湿度だけではなく、私たちが住む住宅にはカビが好む栄養がたくさんあるんです。

 

例えば畳や木材、食べかす、ごみ、ホコリ、ビニールなど、そして人の皮脂や垢も大好物です。雑食すぎですよね^^;
そしてなんと、カビは酸素までもエサにします。

 

つまり、梅雨の気候と私たちが住む環境がカビを繁殖させてしまうことになります。
カビをまったくなくすことは不可能です。

 

特に、湿度が高く、エサが豊富なお風呂やトイレなどの水まわり、寝室やクローゼットなどはカビが発生しやすい場所です。

 

カビの影響でかかる油断できない病気

カビが原因で病気にかかることだってあります。
代表的な病気がこちらです。

また、アレルギー疾患、アトピー、喘息なども引き起こします。

アスペルギルス症

肺の中に感染し、肺機能を低下させます。特にお年寄りや小さい子どもがかかると、重症、場合によっては死にいたることもあるという病気です。

夏型過敏性肺炎

肺に炎症を起こしてしまいます。風邪の症状と似ているので油断してしまいがちですが、怖い病気です。

 

カビが豊富な水まわり

カビは湿度を高い場所を好みますので、日常的に湿度を上げないようにすることが大事です。

スポンサーリンク

キッチン

炒め物をしたときに飛んだ油、野菜を洗ったり、洗い物をしたときに濡れた水などをそのままに放置してはいけません。

濡れたところはしっかりふき取りましょう

お風呂

同じくお風呂も湿度を上げる原因となる場所です。
24時間換気扇を回す、できればお風呂から上がる際に水分をふき取ると対策になります。

お風呂のカビは目につきやすいですし、ふき取りやすい場所でもあるので、見つけたらそのままにしないでふき取りましょう。

窓際も湿度が高くて危険

窓、レール部分などもカビが多い場所です。
濡れた部分はふき取る、汚れやすいレールはこまめに掃除しましょう。

また、窓際だけではないですが、消毒エタノールを使うと効果的です。エタノールはカビに強く、カビや汚れをふき取った後にエタノールをふきかけることで、カビの繁殖を抑えることができます。

梅雨,カビ,対策,窓際

 

押入れ

押入れも湿度が高くなりがちで、カビの宝庫です。
閉めきらずに、常に両側少し開けて、換気させるようにしましょう。

すのこも効果的です。衣装ケースや布団はすのこを敷いてその上に置くようにしましょう。
また、除湿シートや木炭を置くこともおすすめです。

関連記事:【梅雨の部屋・押入れの湿気対策】扇風機やすのこ、重曹などで湿気取り

 

要注意なエアコン

エアコンは要注意です。エアコンからカビ臭い風が吹いてきたらカビが繁殖していると思って間違いありません。
エアコンがカビ臭いと、部屋全体にカビが行きわたることになるので危険です。

一番の対策はこまめにフィルターを掃除することです。
少なくとも月に一度は掃除することをおすすめします。

また、切る前に送風にして、エアコンの中を乾燥させることでカビの繁殖を抑えることができます。

梅雨,カビ,対策,エアコン,フィルター

じゅうたん、畳、フローリング

足元も大事です。
基本はゆっくりと掃除機をかけることで、エサとなるゴミや人の皮脂などが吸い取られます。

フローリングはこまめに拭くことが大事です。
部屋の隅は特に汚れやすいので、念入りに掃除して下さい。

また、干せるものは風通しの良い場所で乾燥させることでカビの繁殖抑えられます。

梅雨の畳もカビに注意

部屋のカビ対策の基本は換気

カビを繁殖させない基本は換気です。
晴れているときは喚起する、雨の日はエアコンを使って除湿しましょう。

家具は壁から離して置く

家具を壁にぴったりつけてしまうと、風通しが悪くなってカビが繁殖しやすくなります。

壁から数センチ離して設置しましょう。

玄関

玄関は誰もが最初に家を通る場所です。常に綺麗な空気にしておきたいですね。

カビが繁殖すると臭いの原因にもなります。
対策はここも換気にあります。扇風機を使うと短時間で空気の入れ替えができます。

関連記事:玄関の臭いがこもる原因は?消臭対策は換気と重曹!おすすめの消臭剤は?

寝室

寝室もカビが繁殖しやすい場所

家の中で一番長い時間を過ごすのが寝室ではないでしょうか。
布が多い寝室は湿気がたまりやすいので気をつけなければなりません。

定期的に布団を干すこと、そして部屋の空気を入れ替えることを意識して、カビの繁殖を防ぎましょう。

関連記事:布団を干す時間帯と頻度は?素材で干し方が違う!ダニは干してもダメ!

 

まとめ

カビによる病気にかからないためにもしっかりカビ対策をして、快適生活を送りましょう。

 

梅雨に関連した記事です。参考にして下さい。

【梅雨と夏はダニ刺されが危険】部屋と布団の駆除対策!掃除機がカギ

雨の日でも安心!梅雨の洗濯物の乾燥と臭い対策!部屋干しの乾かし方

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で