熱くなる梅雨から夏にかけては冷たい飲み物が飲みたくなりますよね!

 

近年ではコンビニでも自動販売機でも、ペットボトルが主流です。
確かにその場で飲みきれないことが多いですし、キャップを閉めてまた飲めるペットボトルは便利ですよね!

 

しかし、そんな便利なペットボトルには危険が潜んでいます。
飲みかけのペットボトルをそのままにして、また飲んでしまうことで、繁殖した雑菌によって食中毒を引き起こしてしまうこともあります。

 

・飲みかけペットボトルはいつまでに飲めば安全なの?

・食中毒になるとどんな症状が出るの?

・麦茶が特に危険って聞いたことがあるけど本当?お茶やコーヒーは?

・ペットボトルからの食中毒はどうすれば予防できるの?

 

今回は何の飲み物が特に危険なのか、いつまでに飲めばいいかなど、ペットボトルについてご紹介させていただきます。
ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

口をつけたペットボトルには雑菌が!

特に外出先では、直接口をつけて飲むことがほとんどですよね。

 

口の中には雑菌がたくさんいるので、口をつけて飲むことによってペットボトルの口に、そして逆流するようなかたちで飲み物の中にも入ってしまいます。

 

通常は唾液の働きのおかげで雑菌はコントロールされて安全です。
しかしその雑菌の量があまりに増えてしまうと危険になります。

 

ペットボトルの中に入った雑菌は、温度が高いとどんどん繁殖してしまうことになります。
気温が30度以上になる梅雨から夏場にかけて特に注意が必要な理由です。

飲みかけのペットボトルは雑菌が

何の飲み物が危険?コーヒーより麦茶が

スポンサーリンク

特に危険な飲み物があります。
先ほどお話しさせていただいたとおり、雑菌は温度が高いと増殖が進みますが、もう1つ繁殖を進める要因があります。

 

それが栄養です。

 

簡単に言えば、水よりも加糖のコーヒーやコーラなどのジュースの方が雑菌が増えるということです。

 

ここで注意して欲しい飲み物があります。
それは「麦茶」です。

 

意外ですが、麦茶は雑菌の繁殖が激しい飲み物です。
お茶やジュース、コーヒーなどよりも麦茶は急速に雑菌が増えます

 

特に夏はミネラルが豊富な麦茶は良く飲みますよね!
子供にもよく飲ませる飲み物でもあります。

 

すぐに冷蔵庫などに冷やせる環境でない場合は、麦茶ではなく緑茶にする方がおすすめです。

飲みかけの麦茶は雑菌が

口をつけたペットボトルはいつまでに飲めばいい?

それでは一度口をつけた飲みかけのペットボトルはいつまでに飲むのが良いかですが、
飲み物の種類に関わらず、まずその日のうちに飲むことが最低限です。

 

口をつけたペットボトルをそのままデスクの上に置いて、次の日も飲むなどは絶対にやめた方が良いです!
私もしたことがあります^^;

 

麦茶やジュースや加糖のコーヒーなどは一日も経たずに危険な状態になり得ます。
早い雑菌は2~3時間のうちに増殖します。

 

麦茶やジュースや加糖のコーヒーなどは4時間以内に飲みましょう。

 

温度が高いと危険性は増しますので、室外やエアコンが効いていない部屋などに置いてある場合は要注意です。

口をつけたペットボトルは危険

ペットボトルの食中毒の予防策

雑菌はゼロにすることは難しいですので、可能な範囲で対策をすることが大事です。
一定の雑菌では食中毒になることはありません。

冷蔵庫などの涼しい場所に保管

飲みかけのペットボトルは冷蔵庫に入れましょう。
10度以下になると雑菌の繁殖のペースは遅くなりますので、冷蔵庫に入れることで予防になります。

冷蔵庫がない場合でもできるだけ涼しい場所に保管することが大事です。

 

できるだけコップで飲む

また、コップで飲むことで雑菌の繁殖を防ぐことができますので、できればコップに注いで飲みましょう。
ペットボトルだけではなく、水筒も同様です。

ただ、口をつけていないから絶対安心というわけではありません。
一度キャップを開けると、空気中に浮遊している菌が入るので、口をつけずに冷蔵庫に入れている場合でも、3日以内には飲みきるか、捨てるかにして下さい。

 

飲みきれないなら小さいサイズを買う

大きさによってあまり値段が変わらないことがほとんどです。
つい損したくないという気持ちが働き、大きなサイズを買ってしまいますが、暑い季節は小さいサイズにしてできるだけ飲みきれるようにすることが一番です。

 

ペットボトルの食中毒の症状

大腸菌、黄色ブドウ球菌、カンジタ菌などの菌によって、食中毒の恐れがあります。

症状としては下痢が一番多く、ひどいと嘔吐、発熱や口内炎などの症状が起こる場合もあります。

 

最後に

梅雨や夏場はいつも気をつけなくても良いことにも注意が必要なことがわかりますね。
ペットボトルは割れずに、軽くて手軽に持ち運びもできるので、つい飲みかけを前提に使ってしまいますが、油断すると危険なものになってしまいます。

 

特に麦茶が危険で、加糖の飲み物の方が雑菌が繁殖しやすい。
飲みかけのペットボトルは、麦茶や加糖コーヒーやジュースなどは4時間以内、それ以外の飲み物もその日のうちに飲むようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で