赤ちゃん、子どもはぬいぐるみが大好きですよね!誰しもお気に入りのぬいぐるみがあった時期があると思います。

ぬいぐるみがなくなったり忘れたりすると泣き出すことありますよねー^^;

 

そんな子どもにとっては大切なぬいぐるみですが、実は汚れやすく、きれいなものとは言えません。布で汚れを吸収しやすいですし、なかなか洗わない方も多いと思います。

 

今日はそんなぬいぐるみの洗濯の仕方、洗濯できない場合のお手入れ方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

まずぬいぐるみが洗濯できるかのチェック

洗濯できるものかどうか確認して下さい。色落ちするもの(色落ちが心配なもの)、高価なもの、中綿がポリエステルではないもの、もちろん電気で動くようなものは洗濯できません。

ぬいぐるみの洗濯,頻度,

ぬいぐるみの洗濯の仕方

洗面所やお風呂場で洗濯します。

ぬるま湯をためて、中性洗剤を入れます。アルカリ性は色落ちしてしまうのでダメです。できればおしゃれ着用の洗剤が良いですね。

 

なお、ぬるま湯ではダニはとれません。ダニが気になるようであれば熱いお湯で洗うようにして下さい。

 

その中にぬいぐるみを入れます。優しく揉み洗いして下さい。ゴシゴシ擦ると傷めますので気をつけて洗いましょう。

 

気になる汚れがある場合は、軽くブラシで擦ってみて下さい。ただ無理に落とそうとするのは控えましょう。どうしても落ちずに気になるようであれば、クリーニング店に行きましょう。

 

その後はぬるま湯を流し、きれいなぬるま湯、水でしっかりすすいで下さい。すすぎは泡がでないようになるまで2回、3回とすすぐようにして下さい。

 

お好みで柔軟剤を入れましょう。柔軟剤を入れるとふんわり仕上がります。

 

その後は洗濯機の脱水を使って脱水させましょう。数十秒から長くても1分以内にして下さい。心配な場合は脱水を使わず、水を落としてバスタオルでじっくり拭くようにして下さい。

 

風通しの良い場所で乾燥させて下さい。引っ張るようにかけると型崩れするので、置いて乾かせましょう。ニット干しなどに置くのが良いですね。

乾ききる前にブラシで毛を整えるときれいに仕上がります。

 

ダニを殺菌したいようであれば乾燥機を使いましょう。しかし型崩れの原因にもなるので気をつけて行って下さい。

殺菌にはアイロンも効果的です。

ぬいぐるみの洗濯,頻度

 

ぬいぐるみの洗濯の頻度

スポンサーリンク

ぬいぐるみを使う度合いにもよると思いますが、1日一緒に遊んで寝るときも一緒などというお子さんもいらっしゃいます相当汚れますよね^^;

 

そういった場合は2週間に1回、月に1回は洗いたいところですよね。たまにお子さんが遊ぶものであれば3ヶ月に1回程度洗濯することをおすすめします。

 

手洗いが面倒な方は、何度か手洗いして大丈夫な場合は洗濯機で洗うこともありです。時間は短く、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。

ぬいぐるみの洗濯,頻度

 

洗濯できない場合のお手入れ方法

洗濯できない場合は除菌スプレーをふきかけることで、殺菌してくれます。

また、中性洗剤を入れたぬるま湯にタオルを入れて、しぼったタオルでふくことでも汚れが落ちます。その後は水でしぼったタオルでふき取り、しっかり乾燥させましょう。

 

重曹を使う

洗濯できない場合には重曹を使うのも一つです。ビニール袋にぬいぐるみと重曹を入れて、まんべんなく重曹がつくようにふります。

その後数十分そのままにして、重曹を落として下さい。重曹が落ちたら掃除機をかけて下さい。

 

まとめ

子どもの遊び用だけではなく、大人になってもキャラクターが好きで飾ってあることもありますよね。その場合でもホコリはかぶるので、たまには洗うことをおすすめします。

子どもにとって大事なぬいぐるみですので、清潔に保ち、快適に遊べるようにケアしましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で