梅雨になると調子が悪くなる方が多いです。

 

頭痛、眠気、肩こり、食欲がない、だるくて疲労感がある

 

メンタル的にも集中できない、やる気が出ない、イライラしやすい

 

そんな症状ありませんでしょうか。
それには理由があります。もちろん対策法もあります。

 

今回はその対処法の中から、比較的始めやすく、簡単にできる方法をご紹介させていただきます。

 

ただでさえだるい状況なのに、大変なことはできませんよね。
大丈夫です!簡単なのを揃えました(^^)

スポンサーリンク

梅雨の眠い・だるい・頭痛の原因

梅雨時期に体調を崩しやすい原因は気圧、気温、湿度といった気候に関連することからです。

 

風邪(かぜ)に対して、湿邪(しつじゃ)と呼びます。
私たちの体の多くは水分でできています。その体内の水分バランスが崩れることで、体調不良が起こります。

 

摂取した水分は通常汗や尿で排出しますが、その機能が低下してしまいます。
その影響で症状として出やすいのが胃腸の機能が低下し、消化器系の病気になることが多いです。
汗の機能が低下すると、うまく体温調節がきかなくなって、体内に熱がこもりやすくなります。

 

また、体内の水分調節もきかなくなりがちです。
そのため疲労感を感じやすく、何だか重たい、だるいということになります。むくみやすいのも梅雨の特徴です。

 

気圧も不安定で、雨や曇りが多いので日光を浴びる時間が少なくなります。
この日光も体にとって大きく影響します。

 

また、体内に熱がたまりやすいと言いましたが、雨が多いということは、一方で冷えやすいということも言えます。

 

この時期からスイッチがONになるのはエアコンですね。
エアコンによる体温調節が夏前のこの時期はまだ体が慣れていません

梅雨がだるい理由と対策

天気との関係と基本を抑える

色々原因を上げさせていただきましたが、本当にどうにかしたい場合はまず、天気と体調の関係を明確することをおすすめします。

 

その日の天気と体調がどうだったかを記録するのです。
どういった特徴があるのかを知ることで、対策がとりやすくなります。

 

また、見落としがちですが、体調管理の基本はよく食べて、よく寝ること、ストレスをためないなどです。

 

梅雨だからという対処法もご紹介いたしますが、まず基本的な点を抑えましょう。

 

すぐ始められる対処法

それでは梅雨のだるい、眠いを解消する、かつ簡単にできる方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

できるだけ日光を浴びる

日照時間が少ない梅雨ですが、毎日雨なわけではありません。

雨が降っていない日はできるだけ外に出て日光を浴びましょう。必ずしも晴れていなくても、曇りでも少しでも日光に当たることで違いますので、意識して過ごしましょう。

梅雨に大事な日光浴

朝にバナナを食べる

湿度が高いと水分調節がきかなくなります。利尿作用が高いものを食べることが大事です。

バナナ、大豆、キュウリなどです。
毎朝バナナ食べることであればできるのではないでしょうか。プラス納豆を食べたりすればさらに良いです。

 

ご飯をよく食べる

この時期変にダイエットのためといってご飯を減らすことは体調を崩す原因になります。
なおかつ、甘い物は良くありません。甘い物は、体を冷やすことにもなります。

それであればご飯をたくさん食べましょう。プラスで甘い物を減らすことができればなお良いです。

梅雨時に良い食品もありますのでご紹介いたします。

・にんにく、生姜、ネギなどの体が温まる食べ物
・柑橘系、梅干しなどに含まれるクエン酸
・大豆、豚肉、玉ねぎなどに豊富に含まれるビタミンB1
・タンパク質

 

湿度コントロール

湿度が高い場所に長時間いることは良くありません。快適な湿度である50%前後にすると良いです。

まず換気すること、あとは扇風機をつける、エアコンのドライをつけるなどして室内の湿度をコントロールしましょう。

梅雨は湿度コントロール

呼吸を意識する

運動ではありません!笑
もちろん運動も良いのですが、それよりも簡単なのが呼吸法です。

 

自律神経という言葉を聞いたことがあると思います。
この体調不良の原因は自律神経の乱れが影響していることが多いです。
そしてこの自律神経を整えるのに効果があるのが呼吸です。

 

呼吸をゆっくりするとリラックスして、逆に早くなると活気づきます。
日中やる気がでないなどと感じた場合は呼吸を早くすることです。そして寝る前などはゆっくりと深呼吸することでリラックスすることができます。

 

この2つのことを意識して呼吸するだけで大きく自律神経は整えられます。試してみて下さい。

関連記事:梅雨の体調不良は自律神経の乱れが原因!対策も考え方も大事!これで解消できる

 

入浴

体内の熱、水分、疲労を整える、そしてしっかり睡眠をとるためにもじっくり入浴することを心がけて下さい。

有効なのはぬるめのお風呂にじっくり時間をかけて入ることです。
発汗して汗腺を使うことは日常的に体温調節するために大事なことです。

 

ホットミルク

この時期だいぶ熱くなってきますので、冷たい氷入りの飲み物やアイスなどを食べてしまいがちですが、温かい飲み物を飲んで体を冷やさないようにすることが大事です。

また、良く睡眠をとるために、寝る30分~1時間にホットミルクを飲むことをおすすめします。

 

しっかり寝る

たくさん寝て悪いことなどありません。ただ生活リズムを崩すことは禁物ですので、休みの日などに朝ゆっくり寝てしまうことはマイナスになり得ます。

寝ることで体と脳は休息しますので、規則正しく布団に入り、十分な睡眠をとることです。
睡眠を意識するだけ必ず体調も意欲も変わってきます。

 

最後に

人によっては頭痛だけではなく、古傷や肩、腰など色々なところに痛みを感じることがあります。
梅雨の天候はそういった痛みを生じさせる季節でもあります。

 

大事なのはその痛み、だるさには理由があるということを理解することです。

 

その上で、できる対策をしっかり行うことで体は変化してきます。
できることから行っていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で