最近冷蔵庫の掃除をしていますか?作った料理や調味料などがこぼれてシミがついていませんか?

派手にこぼした場合は掃除しますが、小さな汚れはどうしてもそのままになってしまっていることが多いですよね。でもその汚れをそのままにしておくと、臭いやカビの原因になってしまいます。それも長年となりますとしみついている感じの嫌な臭いになります。

 

そうなんです、温度が低い冷蔵庫ですが、掃除を怠るとカビが発生します。食べ物や食材をいれる冷蔵庫ですので、カビは嫌ですよね。。

今日はそんな冷蔵庫の掃除の仕方をご紹介いたします。

冷蔵庫,掃除,クエン酸,重曹,カビ

 

スポンサーリンク

冷蔵庫の掃除の手順

まず賞味期限切れの食材や、腐ってしまった食べ物がないか確認して、整理しましょう。特に大きくて立派な冷蔵庫ほど、入っていることを忘れてしまった食材が奥に入ったままになっていたりします^^;

掃除の際にはできるだけ中身が少ない方がやりやすいので、中身の整理をして捨てるものは捨てましょう

冷蔵庫,掃除,クエン酸,重曹,カビ

掃除のタイミングとしては買い物の前にして下さい。生鮮食品をたくさん買った後ですと、掃除できる範囲が限られてきます。やはり生鮮食品を長い時間常温に置いておくのは避けたいですよね。

全部の中身を取り出せるタイミングであればいいですが、そうでない場合は掃除する場所を決めることで取り出す食材が減るので楽です。

 

また、食材をクーラーボックスに一時的に避難させるのも方法です。発泡スチロールや段ボールなどでも代用できますので、時期によっては少しの時間でも食材を傷めてしまうので気をつけましょう。

 

全部取り出して掃除する場合は電気代の無駄ですので、電源を抜いてから掃除することをおすすめします。

 

クエン酸や重曹がないようでしたら、中性洗剤で水拭きするようにして下さい。

 

冷蔵庫の中身はクエン酸、外側は重曹を使う

スポンサーリンク

 

もちろん水拭きしたり擦るだけでもシミや汚れが取れますが、せっかく中身を取り出して掃除するなら消臭や除菌もしたいですよね!

 

中身の消臭、除菌にはクエン酸が適しています。

クエン酸をかけて水拭きしてもいいですが、事前にクエン酸を水に溶かしたスプレーを作っておくと便利です。クエン酸大さじ一杯に水200mlほどで溶かすとちょうどいいです。

 

また、冷蔵庫の外側は重曹を使うと良いです。同じく重曹を水に溶かしてスプレーを作りましょう。分量はクエン酸と同じくらいか、倍くらいまでの濃さであればちょうどいいです。

 

もちろんクエン酸、重曹のどちらかしない場合は使い分けなくても大丈夫です。どちらも危険なものではないので、掃除することができます。

いずれもスプレーをして数分そのままにして、ふきんやキッチンペーパーなどでふき取って下さい。

 

また、除菌についてアルコールスプレーで代用することもできます。スプレーした後はしっかりとふき取るようにして下さい。

 

冷蔵庫を掃除する頻度

食材を入れる場所ですので、常に清潔にしておきたいですよね。できれば3ヶ月に一度、長くても半年に一度は掃除するようにしましょう。

 

まとめ

汚れがついたらその都度こまめに拭きとることで、カビや臭いを防げます。こまめなふき取りと定期的に掃除することで、清潔な冷蔵庫を保ちましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で