「サンクチュアリ」という漫画をご存じでしょうか?

この漫画では感動のシーンとともに、多くの名言が語られています
今回はその中でも、3つの名言を厳選してご紹介させていただきます。

 

今一生懸命にもがいている人も
足を踏み出しきれずに迷っている人も
今大きな覚悟をしようとしている人も
どんな人にも響く名言です

漫画サンクチュアリ
出典:https://www.re1life.net

サンクチュアリをまだ読んでいない方は早速読みましょう!
絶対おすすめです!読まないとかなしです!!
そしておそらくこのページにたどり着いた方の多くがサンクチュアリファンではないでしょうか(^^)

 

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので軽くご説明しますと、
2人の主人公である浅見千秋と北条彰がそれぞれ政治家とヤクザの道に進み、政治を変えるため、日本を変えるために、「奔走する」という言葉では言い表せないほどの覚悟と命をかけて生きる物語です。

スポンサーリンク

この漫画は経営者やビジネスマン、スポーツ選手、多数の有名人も認め、絶賛する大人気漫画です。

・人間や生きるとはどういうことか?
・覚悟や決断について
・仕事への取組み方
・人と人の関係について

 

など、人として、男として生き方を教えてくれます
どんな人も何かを感じられる、素晴らしい物語です。

 

この漫画の詳しい説明はさておき、登場するかっこいい男たちは、たくさんの名言を残しています。
今回は厳選して心に響く名言をご紹介させていただきます。

 

実際この漫画を通して人生を変えた人もたくさんいるようです。
ぜひ参考にして下さい。

サンクチュアリの名言①浅見千秋

あいつは振り返らない。常に今置かれている場所から前を見る

 

北条が選挙に敗れたときに、浅見が仲間に発した言葉です。
シンプルですが、非常に大切な言葉、姿勢だと思います。

 

何かに挑戦して、敗れる。仕事で失敗する
誰でもこんな状況は訪れますが、実際北条のように行動することは難しいです。
見習うべき言葉ですね。

スポンサーリンク

サンクチュアリの名言②中城規介

力に翻弄され、てめえの意志とてめえの手足で動けなきゃ、屈辱と後悔しか残らねえ!!

 

沖縄のヤクザ界のドン、中城が発した言葉です。
神戸山王会に吸収されるかどうかというところで、中城が自分の決意を話しました。

 

生きていると、大なり小なり必ず組織というものに関わります。そこには力を持つ人物、力を持つ組織というのが存在します。

 

力に屈して自分の意に反した生き方をしないことを伝えています。

 

サンクチュアリの名言③北条彰

一度、権力の軍門に下った人間は、そこで自分の強さと意志を失う。
たとえ20年かかっても自分達の意志で生き、築き上げる。それが聖域だ!

 

私が一番響き、影響されたのがこの言葉です。政界最大の権力者である伊佐岡に対して、北条と浅見が発した言葉です。

 

なかなか人には言いにくいですが、どこかで権力に影響され、自分の意志とは違った選択をする。
そのためにそれ以降自分のやりたいことや意志とはかけ離れた生き方をしなければならない。

 

多くの人が共感できるのではないでしょうか?

 

北条と浅見はこの言葉通り、権力に屈することなく自分たちが信じた道、意志を貫きます

 

本当に難しいことですし、何から何まで我を通していたら生きづらいかもしれません。

 

しかし、ここぞという時、本当に自分が大切にしていることは、力に屈することなく自分を貫きたい
心からそう思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で