入浴、温泉好きな私たち日本人ですが、フィンランド発祥のサウナの健康効果も非常に高いです。

 

 ・サウナは体にいいって聞くけど本当に良いのか?

 ・最近疲れがとれない、サウナは疲労回復に効くの?

・疲労回復に効く効果的な入り方は?

・疲れをとるにはどれくらいの時間入るのがいいの?

そんなサウナに関する疑問を解説していきたいと思います。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

サウナが体にいいわけ

まずサウナが体にいい基本的な点は、血行を良くなることにあります。

 

近年香港の健康寿命が延びているということをご存じでしょうか?

 

香港の皆さんが健康寿命が延ばしているポイントなのが「血行」です。
血液の循環が良いということが、健康にとって非常に大事になることがわかります。

 

サウナは体を温めることで血行を良くし、さらに水風呂に入ることで血液の循環を一層改善させます。
サウナはこの温冷効果によって血行を良くし、私たちの体を健康にしてくれます

 

また、筋肉がほぐし、肩こりや腰痛などの体の機能も改善してくれます。

 

サウナの正しい入り方、疲労回復にどう効くのか、さらに見ていきましょう。

サウナの健康効果

サウナなの正しい入り方

サウナに入る前にしっかりと水分補給するようにして下さい。
大量に汗をかくので、脱水症状は危険です。

 

一度入浴してからサウナに入ることで、体がほどよく温まり、サウナで汗をかきやすくしてくれますのでおすすめです。

 

その後入る前に体を軽くふきます。
体の表面に水分がついていると汗が出にくくなります。

 

サウナの温度によってもその効果は若干変わってきます。
例えば低い温度のサウナはストレスに効果が高いですし、熱めのサウナは神経や筋肉を刺激してほぐしてくれる効果があります。

 

疲労回復を目的とするのであれば、その中間くらいの温度、80度から90度ほどが最適です。
入る時間は10分を目安にして、水風呂とセットで何度か繰り返すことをおすすめします。

 

もし水風呂が苦手であれば、必ずしも入らなくても、サウナの後にしっかり休憩して体を冷やすことで疲労回復に効きます。

サウナの効果的な入り方

疲れたときはサウナ!疲労回復に最適

スポンサーリンク

疲労がたまっている状態というのは、体の中に乳酸がたまっています。
乳酸は酸素によって分解することができます。

 

サウナでは通常よりも酸素を多く取り込むので、乳酸の分解が進みます。通常の酸素量と比較するとなんと2倍もの酸素を取り込めます。

 

また、それは同時に血液の循環が2倍になることを意味しています。
栄養を送る、排泄する役割である血液の流れが良くなることで、様々な健康効果に影響するということです。いくつか健康効果をご紹介いたします。

サウナは疲労回復に最適

サウナは脳にも仕事にも良い!

ビジネスマンにとっては聞き捨てならないのが、サウナは脳に影響することということです。

酸素を多く吸収するので、それは脳にもプラスの働きがあり、頭が冴える、頭の回転が良くなるという効果があります。

サウナを繰り返しているうちに良いアイデアを思いついたり、問題を解決することができるかもしれません。

 

体温調節機能

私たちは日常的にエアコンが効いた空間にいるので、体温調節をする必要性が少ないです。
汗の調節がまさにそうですが、汗をかかない毎日を送っていると汗腺が弱り、発汗作用が効かなくなってきます。

サウナに入ることにより、暑い、寒いという神経を活発にし、日常的に適した体温調節をしてくれるようになります。

体温が低いと免疫力が下がると聞いたことがあると思います。
この体温調節機能を鍛えられるのは健康にとって非常にプラスに働きます。

 

睡眠にも効果!不眠解消にはサウナ!

睡眠も健康、体にとって大事ですよね!
サウナは快眠させてくれる働きがあります。

プールや運動の後に眠くなったことがないでしょうか?

それと同じような現象がサウナによって作ることができます。
しっかり睡眠をとることが健康にとっての基本です。

 

免疫力向上やストレス解消にも!

サウナの温冷効果は他にも免疫力向上や自律神経を整える、また精神的なストレスなどにも抜群の効果を発揮します。
体にも精神にも効果があるのがサウナです。

 

最後に

サウナは健康効果が高いことを理解していただけましたでしょうか?

 

体調はその日によって大きく変わってきます。
決して時間にとらわれず、その日の体調に合わせて入るようにして下さい。無理は逆効果になってしまいます。

 

サウナで健康で快適な毎日を送りましょう(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で