外出先でカレーやパスタのトマトソースをこぼしたり、コーヒーやワインが服についたり、、、
シミができてしまった経験ありますよね。

 

今日はそんな外出先でのトラブルである、シミの応急処置、染み抜きをご紹介いたします。

スポンサーリンク

汚れの成分によって染み抜きの方法が違う

私の中で汚れも強力で回避するのが難しいシミ界のボスキャラはカレーうどんです!^^;
気をつけていてもやってしまいます。。。そしてついたシミはなかなか取れません。

 

わかっていてもやってしまうものとしてはパスタもあります。ワイシャツやパンツにトマトソースが飛んでしまうとやはり目立ってしまいます。

 

そんな気をつけていてもつけてしまうシミですが、汚れによって当然成分も違ってきます。その成分によって染み抜きの仕方も変わってきます。

 

シミには大きく水性油性があります。

水性はコーヒーや、醤油やジュース、ビールやワインなどです。

油性はカレーや、チョコレート、口紅、ボールペン、バター、パスタソースなどです。

 

それぞれ染み抜きの方法が変わってきますので、具体的に説明していきます。

カレーやトマトソース、コーヒーやワインの染み抜き

染み抜きのポイントはとにかく早く対応すること

シミがついて時間がたてばたつほど取れにくくなります
それは水性でも油性でも同じです。

 

応急処置を何もせずに、数日してから洗濯したりクリーニングに出してもシミが取れないこともあります。

 

しかし、すぐ処置することで、水だけで落ちることもあります。
それだけすぐやるかやらないかで変わってきますので、シミがついたらとにかく急いで対応しましょう。

 

汚れと色素は別で対処する

綺麗にシミを取るには、汚れそのものを落とすことと、色素を落とすことの2つを行う必要があります
大まかに説明しますと、汚れは外出先で落とすことができますが、色素は帰宅してから落とすことがほとんどです。

外出先でシミが完全に綺麗にならないからといってあきらめる必要はありません

 

染み抜きの注意点、おしぼりは危険!

水性でも油性でも、こすらず、広げないようにすることが大事です。よくやりがちな間違いとしておしぼりがあります。

 

つい手元にあるおしぼりでゴシゴシしてしまいがちですが、おしぼりは注意が必要です。
おしぼりには漂白剤が入っているかもしれませんので、シミが広がったり、衣類が色落ちする恐れがあります

 

コーヒーやワインなどの水性の染み抜き

スポンサーリンク

水性のシミはそれこそすぐ対応すれば水道水で流すだけで落ちるときもあります。

 

まずシミ部分、またはハンカチやティッシュなど拭くものを濡らします。
シミ部分をハンカチやティッシュで、つまむように汚れをとります。押すイメージです。

 

それだけで薄くなればいいですが、もう少し落としたい場合は、石鹸や台所用洗剤をつけてつまみとります
石鹸はしっかり落として下さい。衣類が痛む原因となります。

 

その後乾いたハンカチやティッシュで、濡れた部分の水分を取ります。その際もゴシゴシこすらずにふき取りましょう。
これで一旦応急処置は完了です。

 

この時点ですっかりシミが綺麗になっていれば良いですが、残っている場合は自宅で行う染み抜きをして下さい。この後に説明しています。

コーヒー,染み抜き,シミ

カレーやパスタソースなどの油性の染み抜き

油性のシミは広がるのがこわいです。
ハンカチやティッシュを水で濡らさず、油部分をつまむように取り除きます

 

次に石鹸や台所用洗剤などをなじませます。
それから擦らないように、もみほぐすようにシミ部分をふき取っていきます

 

その後は石鹸を水で洗い流し、濡れた部分を乾かせましょう。
また、持ち歩き用の染み抜きも売られていますので、いつもバックに一本入れておけば便利です。

カレー,染み抜き,シミ

帰宅後の染み抜きで色素を落とす

外出時にできる応急処置をご説明いたしました。
シミの具合はいかがでしょうか。綺麗に落ちていればいいのですが、残っている場合も多いです。

 

特に色素が残ってしまっているケースが多いです。
自宅に帰ったら行う染み抜きを解説していきます。使うのは洗濯洗剤、酸素系漂白剤、重曹です。

洗濯洗剤の原液をシミにつけて擦る

真っ先に行うべきなのは洗剤の原液でシミを擦ることです。
さすが洗剤というべき威力があります。

シミ部分に直接つけて、歯ブラシなどで擦って下さい。揉み洗いでも良いです。

 

酸素系漂白剤と重曹のつけおきで染み抜き

50度くらいのお湯に酸素系漂白剤と重曹を入れてつけおきします。
その後揉み洗いや擦ると色素が落ちます。

洗剤の時と同じように、シミ部分に原液をつけて擦る方法も効果的です。
また、シミに重曹をたっぷりつけて、熱湯をかける方法もシミが落ちます。

コーヒーやワインの染み抜きには重曹

カレーのシミには紫外線が有効

カレーに含まれる香辛料が色素となって、最後までシミが残るケースが多いです。

カレーのシミは紫外線に弱いので、天日干しすることでシミが分解されます。洗濯した後は天日干しするようにして下さい。

 

最後に

今回はカレーやトマトソース、コーヒーやワインなど、シミができやすい成分に対する染み抜き方法をご紹介させていただきました。

素早く対応すること、帰宅後もその日のうちに確実に染み抜きすることが重要です。
また、洗濯できない衣類はすぐにクリーニング店に持っていきましょう。

 

関連記事:洋服・衣類の落ちない黄ばみの落とし方!漂白剤、重曹、台所洗剤を使う

関連記事:タオルが臭い!原因と取り方を解説!熱湯やレンジ、重曹や漂白剤で解決

関連記事:【珪藻土バスマットのお手入れ・洗い方】汚れの落とし方やカビ防止は?

関連記事:【Tシャツの洗濯方法】しわ、縮み、首元が伸びる、色落ちを防ぐ方法

関連記事:【マフラーを自宅でふわふわ洗濯】洗濯機でできる?できない?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で