毎日一日中履く靴下は汚れますよね!ほとんどの方は、毎日必ず洗濯に出します。

一日動き回った靴下は当然臭いもまずまずです^^;

 

お子さんがいる方は、外で遊びまわった後ですので、泥などでひどい汚れになっていることが多いです。

 

そんな毎日洗濯する靴下には、実は効果的な洗濯方法がありますので、今日はそちらをご紹介いたします。

スポンサーリンク

靴下の洗濯方法

靴下の洗濯方法

ポイントは、

・靴下を裏返しにする

・洗濯ネットに入れて洗濯する

です。

 

ここではっとした方もいますよね!

よく奥さんがうちの旦那は、うちの息子が、「靴下を裏返しにして洗濯に出してくる」などと言われているの聞いたことありますよね?

はい、

私も言われたことがあります笑。

 

それはなんと正解だったのです!

 

そうすることで、毛玉がつきにくくなります。また、汗や皮脂が直接つく裏側を直接洗えた方が臭い防止にもプラスになります。

 

それだけでは臭いを防ぐことは難しいと思いますので、汚れや臭いが気になる場合は、お風呂のお湯くらいの温度のお湯に洗剤を入れて、そこに靴下をつけ置きして下さい。それから洗濯するとだいぶ汚れも臭いもとれると思います。

 

子どもの靴下の洗濯方法

子どもといっても、泥つきで外で遊ぶのが好きなお子さんの場合です(^^)

・泥をはたく

・ぬるま湯に洗剤を入れてつけおきする

・特に泥がついているところは軽くこする

・表のまま洗濯する(この場合は外側をきれいにしなければならないので、裏返しにせず表のままです)

 

酸素系漂白剤で臭い対策

スポンサーリンク

臭いのもとは雑菌です。まさに高温・多湿の靴の中は菌が繁殖する環境としては最高です。

 

臭い対策としては漂白剤が代表的です。靴下を裏返しにして、熱めのお湯に酸素系漂白剤を入れて30分程度つけおきします。漂白剤は液体よりも粉末の方が強力です。

 

また、石鹸やハンドソープで洗ってから洗濯する方法もあります。石鹸やハンドソープは殺菌作用があるので、洗濯する前にひと手間かけると効果があります。

 

重曹で靴下の臭い対策

熱めのお湯に重曹を溶かしてつけおきする方法もあります。特に、重曹は漂白剤と違って色落ちの心配がないので、気になる方にはおすすめです。

臭いが強力の場合は数時間つけおきしてから洗濯してみて下さい。

 

靴下の洗濯後の干し方

干すときは日かげが良いです。靴下のゴムは紫外線と水に弱いです。

ですから、ゴム部分はできるだけ早く乾かせた方が良いです。

 

つまり、足先をつまんでゴム部分が下になる干し方は良くありません。ただ、ゴム部分をつまむのも、ゴム部分に跡が残ると悪いです。ゴムのちょっと下あたりをつまんで干すようにしてみて下さい。

 

靴下の臭い防止には綿の靴下?

洗濯方法ももちろん重要ですが、その前にどんあ靴下を選ぶかもポイントです。ナイロン製の靴下ではなく、綿の靴下の方が通気性が良く、臭いを防ぐには適しています。

次に買うときは注意して選んでみて下さい。

靴下の洗濯方法

 

まとめ

毎日履く靴下、自分の足または家族の足をささえると考えると大切な気がしてきますよね(^^)

快適に毎日を送るためにも、正しくケアしていきましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で