スーツはビジネスマンにとってのユニフォーム、戦闘服のようなものです。
私も毎日スーツを着るのでよくわかりますが、スーツはかなり選んで買いますよね!

 

サイズ、色、柄、季節、着心地など、毎日着るものだからこそ吟味して選びます。
そんな大事に購入したスーツですので、長持ちさせたいですよね!

 

そのために気をつけなければならないこと第一!体型維持!笑
、、、それも間違いないのですが、今日はクリーニングについてです。

・スーツをクリーニングに出す頻度や期間に目安はあるの?

・クリーニングの出し方で長持ちするか変わってくるって本当?

・水洗いや汗抜きって聞くけど普通のクリーニングと何が違うの?

スーツの正しいクリーニングの出し方、出す頻度の目安、保管方法などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

スーツをクリーニングに出す期間・頻度の目安

スーツ,クリーニング,保管,目安

スーツを何着持っているか、着る頻度によってもかなり違いがあると思いますが、理想は1シーズンに1回と言われています。
クリーニングに頻繁に出すことにより生地が傷み、そのハリがなくなってしまいます。

 

何かをこぼしたり、汚れた場合は別ですが、基本的には1シーズンに1回を心がけましょう。

 

毎日着るお仕事で、スーツの数が少ない方はクリーニングの回数も増えると思います。
スーツは少なくとも中2日はおいて着るようにしないとダメになるのが早いです。長持ちしにくい点は覚悟しなければなりません。

長持ちさせるスーツのクリーニングの出し方

スポンサーリンク

スーツを出す頻度は1シーズンに一回と書かせていただきましたが、食事などで汚れた、汗臭いから先月出したばかりだけどもう一度出したい

こんなことはもちろんありますよね!
ドライクリーニングとウェットクリーニング(水洗い)の違いを認識して、適切にクリーニングしましょう。

スーツの水洗いとは?

クリーニングにはドライクリーニングとウェットクリーニング(水洗い)で洗い方が大きく変わってきます。

ドライクリーニング

石油を原料とした有機溶剤を使って洗います。
生地の傷みが少ない洗い方で、油汚れに強いという特性があります。

 

逆に、食べ物や汗などの汚れについては落ちないので気をつけなければなりません。
汗の臭いが気になるからとドライクリーニングをしても、臭いはとれないんです。

ウェットクリーニング(水洗い、汗抜き)

こちらはその名の通り、水を使って洗濯します。漂白剤なども使い、どちらかと言うと家庭の洗濯に似ています。

 

タイトルで書いてあるように、このクリーニングの名前はお店によって違ってきます。
ウェットクリーニング」、「水洗い」、「汗抜き」などと表現しているお店が多いです。

 

名前も統一していないと同様に、洗濯の仕方もお店によってまちまちです。
例えば、「生地を傷めないように汗の臭いをとりたい」などと言ってお願いすると安心かもしれません。

 

また、夏は汗を多くかくので、臭いがしてきたり、着心地が悪くなることがありますよね。
汗がついたままそのままにするのも痛みが早まりますので、外回りや通勤で汗を多くかく方は無理せずに出した方が良いです。

クリーニングに出す前に

トラブル防止のための事前確認

クリーニングに出す前にはなかった汚れがある、ほつれがあるといった、クリーニング屋さんとのトラブルになることもあります。
場合によっては色落ちしてしまうなどもありますね。

トラブルを回避するためにも、出す前に自分の目でざっと確認することをおすすめします。

念のためティッシュやハンカチ、名刺などが入っていないかも見た方が良いですね。

ハンガーなどは持っていかない

ほとんどのクリーニング屋さんは、ハンガーなどは受け取りませんので、出した後に持ち帰らなければなりません。

適当な袋にクリーニングする物だけを入れて持って行きましょう。

 

クリーニング後はすぐカバーを外して保管

スーツは正しく保管することも大事です。
クリーニングの後はすぐカバーを外して保管して下さい。

 

また、着たら風通しの良い場所で一晩干すことで長持ちします。
スーツは湿気が天敵です。カビの原因にもなります。

 

いつも保管しているクローゼット内の湿度も気にしましょう。参考にして下さい。
関連記事:【梅雨の部屋・押入れの湿気対策】扇風機やすのこ、重曹などで湿気取り

 

また、ハンガーも形にあったものを使いましょう。太いハンガーの方が型崩れにしくいですのでおすすめです。

 

スーツのシワや臭いについて

いくら長持ちするからクリーニングは1シーズンに1回が良いとはいえ、日頃からシワや臭いが気になりますよね。

 

軽いシワについては、霧吹きで水をかけて、かけて置くとシワが伸びます
深いシワは、上着用のアイロンもあるので、そちらもおすすめです。

 

わざわざ購入したくないという方は、通常のスチールアイロンで、当て布をしてアイロンをかけて下さい。
ズボンはプレッサーやアイロンをかかさないようにしましょう

 

臭いについても、スチームアイロンをかけると臭いが取れます。消臭スプレーなどは生地を傷めてしまうので控えましょう。

スーツ,シワ,臭い,スチームアイロン

まとめ

ビジネスマンはかなり長い時間をスーツで過ごします。
快適に仕事をするためにも、適度にクリーニングに出し、正しく保管しましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で