夏風邪ひいたから薬飲んだけど治らない!

なんで夏風邪は治らない?なぜ長引く?

とにかく早く夏風邪を治したい!

 

こんな夏風邪についての悩みはないでしょうか?

 

実は、冬の風邪と同じように治そうと思っても夏風邪は治りません
私も初めて知ったときは衝撃的でした^^;

 

夏風邪がどういうものかを知って、正しい方法を身に着けることが早く治す一番の近道です。

 

今回は夏風邪について、そして早く治す方法をご紹介させていただきます。
どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

夏風邪は下痢と喉にきやすい

夏風邪と冬の風邪の症状は基本的には大きく変わりませんが、夏風邪の方が下痢がひどい喉の痛みがきついという方が多いです。

 

それは夏風邪のウイルスがそういった症状を引き起こします

夏風邪の代表的なウイルスは、エンテロウイルス、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどがあります。

夏風邪が治らない男性

夏風邪が治らない、長引くのは?

夏風邪が治らない理由としては、目黒通りハートクリニックの院長、安田先生はこう言っています。

夏風邪の原因となるウイルスは、そのほとんどがお腹の中で増殖するため、体外に排出されるまで時間がかかり、治りにくいという特徴があります。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/009608/

 

例えば、何か食あたりなどと勘違いして、下痢止めなどを飲んでしまうとさらに治りにくくなるということです。

 

また、夏バテなどの影響で栄養が不足しており、夏風邪が悪化してさらに免疫力を低下させてしまう、そのことが夏風邪を長引かせるということが考えられます。

 

やはり夏風邪にはかかりたくないですよね。。。
夏風邪の予防方法をまとめていますので参考にして下さい。
【夏風邪の特徴と予防方法】どこからうつる?原因は?効く食べ物も紹介

 

また、夏風邪にかかっても、冬の風邪と同じように対処してしまう方も多いので、間違った対処をすることで治りにくくしているということもあります。

 

夏風邪は長引くと肺炎、気管支炎などの病気にかかってしまうこともありますので、適切に対処しましょう。

夏風邪を早く治すには睡眠

夏風邪には薬は効かない!

スポンサーリンク

まず認識していただきたいのが、夏風邪に効く薬はないということです。夏風邪のウイルスに効く抗生物質はないのです。

 

東京大学医学部附属病院の小太刀先生はこう言っています。

夏かぜのウイルスを退治する有効な薬はありません。これらのウイルスを退治するには、自分の持っている免疫力を高めて(主に血液の中に含まれているリンパ球の作用です)ウイルスが排除されるのを待つしかありません。

引用:http://medical.itp.ne.jp/iryou/kisetsu-shoujou/natsukaze/

 

おわかりになりましたでしょうか?

 

夏風邪は薬に頼ることができません。
治すためには、先生もおっしゃるように免疫力がカギを握ります

 

夏風邪の場合は厚着して汗をかくでは治らない!

夏風邪のウイルスは、高温多湿を好みますので、冬の風邪のように、部屋の温度を上げたり、サウナに入ったり、厚着して寝込むことでは治りません。

 

冬の風邪ではウイルスが死滅するような対策をしても、夏風邪のウイルスには効果がないということです。

 

厚着をして布団をかけるなどではなく、夏風邪の場合はエアコンを上手に使ってしっかり体を休ませることの方が大事です。

 

服装については厚着をせずに、寒くない程度の服装、リラックスできる服装が最適です。

 

夏風邪は睡眠、水分、食事が大事

とにかく夏風邪は、一にも二にも、免疫力を高めることが最重要です。
免疫力を高めて、ウイルスがなくなるのを待つ、それが最適で最速の治し方です。

 

免疫力を高めるためには、簡単にいうと体力をつけることです。
そのためには食事です。

夏風邪を早く治す食事

エネルギーとなる炭水化物、体力のために欠かせないたんぱく質、免疫力を高める役割を担うビタミンを、バランスよくしっかり摂取することです。

 

もしすぐに食事がとれない場合は、まず十分な睡眠をとることです。
休むことによって体力が維持され、免疫力によって徐々に改善してきます。

 

 

脱水症状の防止、ウイルスの排泄のために水分補給も大事です。
常温の経口補水液やスポーツドリンクをたくさん飲みましょう。

夏風邪を早く治すには水分補給

発熱しているのは、それはウイルスと戦うために必要な体温ですので、心配せずに睡眠、水分補給に徹しましょう。

 

睡眠、水分補給、そして食事によって免疫力を高めることで、夏風邪は良くなっていきます。

 

夏は食中毒などの可能性もあります。
勘違いをして市販薬などを飲むと、悪化することもあり得ますので、焦らず「睡眠、水分、食事」によって治しましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で