夏風邪と普通の風邪は何が違うのか?

夏風邪は普通の風邪とどう違うのか?

夏風邪はどこからうつるのか?

予防するにはどうしたらいい?

夏風邪の予防に効く食べ物は?

 

今回はそんな夏風邪の特徴や、そして予防する方法をご紹介させていただきます。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

夏風邪の特徴

夏風邪とただの風邪と言われる冬の風邪、何が違うのかというと、それはウイルスに違いがあります。

 

ウイルスは寒いところを好むので、冬の方が多くウイルスが生殖しています。
誰でも知っているのがインフルエンザですね。

 

逆に、夏の気候、環境を好むウィルスもいて、そのウイルスにかかると夏風邪をひいてしまいます。

 

症状としては、冬の風邪と大きく差はないですが、鼻水、喉の痛み、咳、発熱、頭痛、腹痛などです。

 

冬の風邪と比較すると、夏風邪は比較的37度台の微熱の場合が多く、そして下痢などのお腹にくる風邪が多いです。
それは夏の環境、高温多湿という点が消化器系の働きに影響してくるからです。

夏風邪は微熱

夏風邪の原因と予防方法

夏風邪になる、うつってしまう原因や予防策についても、夏という環境が大きく関わってきますので、代表的な原因と予防方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

エアコンの影響

まず夏風邪の原因でこれは外せません。エアコンです。
今やどの家庭でも会社でも、エアコンなしで生活しているという方はほぼいません。

 

夏風邪よりももっと怖いのが脱水症状ですね。
脱水症状を防ぐためにも、エアコンを使うことは効果的ですので、上手に使うことが大事です。

 

エアコンが夏風邪に影響する点としては、1つは乾燥、もう1つが体の冷えです。
エアコンが効きすぎると空気を乾燥させてしまうので、ウイルスに感染しやすくなります。

 

体を冷やし過ぎると、外気との差も影響して、自律神経の乱れにもつながり、風邪にかかりやすい状態となります。

 

適度な設定温度にして、冷えてきた場合は羽織ものをするなどして夏風邪を予防しましょう。

夏の睡眠対策にはエアコン

ウイルスの感染

当然ウイルスが多い人ごみなどにいかないという方法が有効ですが、そうは言っていられません。

 

冬の風邪や他の感染も同様ですが、手洗いとうがいを欠かせないことがまず大事です。

 

また、目薬も予防に効果的です。
内科の先生もこう言っています。

夏風邪の予防には、外出先から帰ってきたらすぐ手洗いとウガイや目薬をすることです。目薬はあまり知られてないと思いますが、夏風邪ウイルスは目から感染してくることもあります。種類はどんな目薬でもいいですが、あくまでも表面を潤して洗い流すことが目的です。

引用:医療法人東内科医院様

 

また、高温多湿の影響で、ペットボトルからの感染や、人が使用したタオルなどを使うことで口から感染することも多いですので気をつけましょう。

 

免疫力の低下

まさに夏バテが夏風邪の感染には影響します。
夏バテ、疲労がたまり、免疫力が低下することでウイルスにかかりやすい体になってしまうということです。

 

また、夏の夜は寝苦しいために、睡眠不足になることが多いです。
しっかり睡眠をとって、免疫力を低下させないことが大事です。

 

夏でも快適に寝る方法をご紹介していますので参考にして下さい。
夏の睡眠不足対策のポイントはエアコン!夜のつけっぱなしは実は体に悪くない!寝苦しい夜を快適に!

 

夏風邪の予防に効く食べ物

免疫力の低下が夏風邪に影響することを書かせていただきましたが、一番影響するのが食べ物です。

 

暑いと食欲がなくなり、栄養やエネルギーが不足することで免疫力が低下してしまうのです。

 

夏こそしっかり食事することが大事です。
夏風邪の予防に効果のある食べ物としては、高タンパク質の食べ物、そしてビタミンです。

 

・豚肉
豚肉に限らず、タンパク質をしっかり摂取することが大事ですが、豚肉は特にB1が豊富で、疲労回復や夏バテ対策としても効果的です。

 

・卵
お肉が苦手という方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめなのが卵です。
毎日食べていますでしょうか?一日を通して、また色々な調理方法が可能ですので、積極的に卵を食べましょう。卵はタンパク質もビタミンも含まれている食材です。

夏風邪予防にはタンパク質

・腸を整える食べ物
夏風邪の特徴で書かせていただきましたが、お腹からくることも多いです。
夏バテを防ぎ、体力を維持するには欠かせないのが腸を整えることです。

ヨーグルト、納豆、キムチ、チーズなどの発酵食品は整腸には最適ですので、積極的に食べましょう。

 

・果物
ビタミンを効率的にとれるのが果物です。
朝食に果物を加えることで、毎日ビタミンをとることができますのでおすすめです。

夏風邪予防には果物

また、冬と同じで体温が下がることで免疫力が低下してしまいます。
夏はどうしても冷たい飲み物やアイスなどを食べがちですが、常に温かい食べ物、飲み物を意識することが大事です。

 

最後に

夏風邪の特徴と予防方法をご紹介させていただきました。
夏は暑いからこそ体を冷やしてしまうということが起きてしまいます。

 

常に体の冷え、免疫力を意識することで体が強くなり、ウィルスもかかりにくくなります。

 

また、いくら予防してもかかってしまうこともあります。
夏風邪をひいてしまった場合の治す方法がこちらです。参考にして下さい。
夏風邪に効く薬はない!【長引く夏風邪を早く治す方法を徹底解説】その下痢や喉は夏風邪かも!

 

快適な夏にするためにも、できることから夏風邪予防に取り組みましょう(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で