・夏で暑くなると汗が止まらない!原因と対策を教えて欲しい

・人よりも絶対汗の量が多いけどこれって多汗症?

・汗臭いと思われているのではないか心配!臭いの対策も知りたい

・最近いきなり汗の量や臭いが気になるようになった。ちょっとおかしいので心配

自分の汗や臭い、気になりますよね?

 

特に夏はこれでもかってくらい汗をかくので、周りに臭いがしていないか、自分でも臭うくらいなのでワキガじゃないか。。。
悩みはつきません。

 

また、あまりに汗が大量なので、多汗症なのではないか、何かどこかおかしいのではないか、そう心配される方もいます。
ここ最近急に汗っかきになった、臭いが気になるようになったという方は特に注意が必要かもしれません。

 

今日はそんな汗や臭いの対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

大量な汗の原因は様々ある

汗自体は体温を調節してくれる機能なので、暑い夏は、体温を下げるために汗をかきます。
夏にかく汗の量は3リットルというから驚きます。
本来は汗をかかないようにしようというのは間違いです。汗をかくことは私たちにとって必要なことです。

 

汗の量や臭いは個人にひもづいてかなり差がありますが、、やはり周囲を比較して明らかに汗の量がおかしいということであれば、何か原因がある可能性が高いです。

肥満、運動不足、多汗症、ストレスや疲労、または糖尿病などの病気、、、
汗が多い原因は様々です。

 

ただ汗は体温調節をするという必要な役割があります。決して一概に悪いことではありません。
記事を読み進めていただくことで、どんな汗が体に悪いのか、良い汗とはどういったものかを知っていただけます

 

汗臭い原因は?

臭いの原因は雑菌です。
汗をかいて、それが体の汚れや皮脂と合わさって雑菌となり臭くなります。

 

また、臭い汗と、そうではない汗があります。
私たちの体には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。

 

汗臭いのはアポクリン腺から出る汗です。
脇の下や足裏など、特定の箇所にしかアポクリン腺はありません。

 

ではエクリン腺からの汗はまったく臭くないのかというとそうではありません。
食事などの生活習慣によって、体から出る汗の臭いが変わってきます

夏,汗,臭い,対策

ただの汗っかきと多汗症の違い

スポンサーリンク

汗の量が多くて真っ先に思い浮かぶのが「多汗症」ではないでしょうか。
汗っかきと多汗症が何が違うのかをご説明いたします。

 

多汗症は一年中ひどい人もいれば、夏にひどくなる方もいます。
全身の多汗症の方もいらっしゃるので必ずではありませんが、手のひらや脇の下、足裏からの汗からの汗が異常であれば、多汗症の可能性が高いです。

 

多汗症は、暑くないとき、ただ涼しい部屋に座っているだけなのに異常な汗をかくなど、通常の汗とは違う汗のかき方をします。リラックスしている時や暑くない時でも大量に汗をかくようであれば、多汗症の可能性が高いです。

 

通常汗は体温調節のために流しますが、多汗症はそうではなく、交感神経の異常な働きによって汗が出ます
暑い時、運動してすぐに大量の汗をかくのは当たり前ですので、それは多汗症ではなく汗っかきです。

 

多汗症は症状がひどいと仕事や日常生活に大きく影響してきます。
手汗がひどくて握手ができない、紙が濡れて仕事に支障が出るなどは多くの人が悩む問題です。

 

多汗症の治療

一口に多汗症といっても、症状のレベルや困り具合によって治療の選択は変わってきます。
根本的な治療としては手術があります。多汗症の原因である交感神経そのものを治療します。
自分が多汗症かどうかの診察、治療の検討を行いたい方は、一度医師に相談することをおすすめします。

 

すぐできる治療もあります。特に、特定の場所が多汗症で困っている方に有効なのは塩化アルミニウム液を使った制汗剤を利用することです。

 

塩化アルミニウム液は強力な制汗作用があり、医師からも処方されるものです。
市販でも販売していますが、一度皮膚科で診察を受けることが最良です。

関連記事:【ワキガに効果!塩化アルミニウム液の使い方と副作用】皮膚科には行った方が良いのか?

関連記事:顔や脇汗の制汗剤として凄い!【塩化アルミニウム液の作り方】自作で作るメリットは?

夏に多汗症対策

自律神経の乱れによる多汗

自律神経が乱れること、自律神経失調症が原因でも異常な量の汗をかくことがあります
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は活発に動いている日中に優位に働きやすく、意欲が高いときや興奮しているときに働く神経です。
一方、副交感神経は食事中やリラックスしているときに働く神経です。
交感神経が優位な状態にたくさん汗をかくようにできています。

 

この2つの神経がバランス良く働いているときは特段問題ないのですが、何らかの強いストレスを受けることで体は変化します。
副交感神経が働かなくなり、常に交感神経が活発な状態になると、常に汗をかいてしまうことになります

 

ストレスが強く、不安などがある状態が続くと、リラックスできない、落ち着かない、何かに常に緊張している、そんな状態が当てはまります。

 

また、自律神経の乱れは汗だけではなく、動悸、不眠、冷え、食欲不振、風邪をひきやすい、意欲低下、継続的な不安感などの症状が発生します。

 

この自律神経の乱れによる多汗も注意が必要です。
一時的な緊張で汗が止まらないということは誰にでもありますが、継続するようですと、一度診てもらった方が良いかもしれません。

 

急な発汗に対する対策はリンパを冷やす、ツボ押しが効果的です。参考にして下さい。

関連記事:【すぐに汗を止める方法】顔汗も脇汗もリンパを冷やすことで止める!

関連記事:【汗を止めるツボ】顔汗、脇汗対策には胸と脇の下と手のツボが効果

 

自律神経を整える対策

副交感神経はコントロールできませんが、交感神経は呼吸によってコントロールすることができます
緊張している人に対して、「深呼吸して落ち着こう」、こんなことを聞いたことがあると思います。

 

興奮や緊張は、深いふっくりとした呼吸によって落ち着かせることが可能です。
方法は簡単です。
お腹で呼吸するイメージで、深く息を吸って、ゆっくりと吐き切る。吸う時よりも、倍くらいの時間をかけるつもりでゆっくり吐くことがポイントです。そうして呼吸を繰り返すことによって、副交感神経が働くようになります。

 

スポットで使うのも効果がありますが、1日に一回でも良いので、このゆっくりと呼吸する時間を毎日設けることで、自律神経を整えることに効果的です。
私がおすすめなのは入浴時や睡眠の前です。

 

また、強いストレスや不安を抱えていることが原因かもしれません。
そのストレスの元を取り除く、不安を解消することが必要です。不安はとらえ方によっても大きく変わります。

関連記事:【不安は妄想】一番の不安解消法は不安へのとらえ方かもしれません

 

夏の基本的な汗対策

多汗症、自律神経の乱れによる多汗の原因や対策についてご説明させていただきましたが、当てはまらない方も誰しも汗は気になります。
どなたにも当てはまる基本的な汗対策をご紹介いたします。

こまめに汗を拭く

まずはこまめに汗を拭くことです。
要するに、汗をかいて雑菌が繁殖する前に拭きとろうということです。タイミングとしては1時間以内です。

 

ただし、その際軽く抑える程度にして下さい。
強く拭くとまた汗が出やすくなります。汗が止まり、しばらく汗をかかないタイミングで強く拭くようにして下さい。

 

乾いたタオルではなく、濡れたタオルがおすすめです。冷たく濡れたタオルで拭くことによって、体温を下げてくれるので、汗を止める作用も働きます。
タオルをしぼれない環境でしたら、汗ふきシートを持ち歩きましょう。

 

衣類に注意

着るものも影響してきます。おすすめは綿100%です。

ポリエステルなどの化学繊維は汗の吸収が悪いので、雑菌が増える原因となります。

夏,汗,臭い,対策,綿

インナーは必ず着用する

インナーを着ない方もいると思います。
着る枚数を少なくした方が涼しいと勘違いしている方も多いですが、汗を吸収するインナーは必ず着た方が良いです。
臭いの原因にもなります。

やはりおすすめは綿のインナー、もしくはユニクロのエアリズムがおすすめです。
また、綺麗なインナーに買い替えることは臭い対策になります。洗濯しても、ずっと着ているとどうしても少しずつ雑菌が溜まってしまい臭いの原因になります。
私も年に一回買い替えることで、だいぶ臭いの対策になりました。

 

たくさん汗をかいたら着替える

もうお分かりかと思いますが、雑菌対策としては着替えるのが効果的です。

私は朝通勤で汗をかいてしまうので、朝ついたら着替えるようにしていますが、それだけでだいぶ違います。
ランチ後に着替えるのも良いですね。

 

汗脇パットはこまめに交換する

汗脇パットをそのままにする方も多いですが、こまめに交換しましょう。
そのままにすると、衣類に汗がついてそのままにしているのと同じで、雑菌が増えてしまいます。

 

なかなか交換できない場合は汗脇パットに制汗剤を塗るようにして下さい。
汗ジミを気にされる方には汗脇パットを使うことは効果的です。上手に使っていきましょう。

 

制汗剤は汗を拭いてから使う

雑菌の上に塗ったりスプレーしても効果がありません。
一度汗を拭いてから使うようにしましょう。

 

また、制汗剤の使い過ぎも良くありません。菌には善玉菌もいます。
善玉菌が減ると臭いがきつくなりますので、殺菌効果のある制汗剤を使い過ぎるのは止めましょう。

 

食事に気をつける

お酒、油が多いもの、甘いもの、塩分が多いものは臭いをきつくします。
体内から改善するには食事も大事ですので気をつけましょう。

 

脂分の多いお肉、辛い物、乳製品などが多く使われる料理、ジャンクフードをたくさん食べると汗臭くなります。
タバコも良くありません。

 

一方で野菜や果物などに含まれるビタミン、大豆や海藻などは臭いに良い影響があります。夏野菜であるキュウリやナス、トマトなども良いです。
食事は習慣です。一日では改善しませんが、少しずつ意識していくことで、確実に体は変わっていきます。

夏,汗,臭い,対策,油

ストレスを減らす

ストレスを減らすとなると、汗だけの話ではなくなりますが、ストレスが臭いに良くないのは事実です
汗の大部分の成分は無臭です。
ただし、ストレスを強く感じているとアンモニアの分泌が多くなり、臭いがきつくなります。

 

ストレスの原因を取り除くというと簡単ではないかもしれませんが、運動をして汗をかくこと、リラックスできる時間を作ることなど、ストレスを発散する意識をすることでも変わってきますので、ぜひ実践して下さい。

夏の汗対策は汗をかくこと

最強の汗対策!汗をかく!

文字通り、汗をかくことは最強の汗対策で、体に良いことです。
私たちはあまり汗をかかないと、汗腺がつまってしまいます。汗がベタベタするようでしたら要注意です。

 

臭いがきついベタベタの汗と、臭いがしないサラサラの汗があります。
サラサラの汗にするにはどうしたらいいか、1つは食事です。先ほどご紹介したように、食生活を改善することでサラサラの汗になります。

 

そして大事なことは、汗をかいて汗腺を活発に使うことです。
運動や入浴をして、汗をかくようにしましょう。なにもびしょびしょになるまで汗をかかないといけないというわけではありません。

 

運動であればじわっと全身が汗ばむ程度で十分です。
毎日入浴することも大事です。ぬるめのお湯にじっくり浸かること、時間がない場合は熱めのお湯に半身浴することでも汗をかくことができます。

 

最後に

毎日の生活で取り組めることが多いと思います。
また、汗や臭いに対して必要以上に気にすることも良くありません。できることは行って、それ以上気にしないことも大切なことです。

しっかり汗対策をして、快適な夏を送りましょう!

 

洗濯物が汗臭いことに対する記事です。参考にして下さい。

関連記事:夏の洗濯物が汗臭い?洗濯頻度は?夜干しの放置はNG!虫の卵も怖い

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で