今すぐ顔汗、脇汗を止めたい!

 

そんな時ありますよね?

 

最近では夏になるとスーツや上着を着なくても良いという風潮は年々高まってきていますが、それでも汗が出て止まらないことはあります。

 

・走って移動したので汗が止まらない!

・急いで準備したから汗がタラタラ!

・緊張しているのか汗が流れる

・特に顔汗や脇汗が気になる

 

そんな顔汗、脇汗を止める方法があるんです。
今回ご紹介させていただくのが「ツボ」で汗を止める方法です。

 

即効性のあるツボもあるのでぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

顔汗・脇汗をすぐ止めるツボ

半側発汗を聞いたことありますでしょうか?

 

この方法を活用していて有名なのが舞妓さんです。
舞妓さんは夏でも真っ白に化粧をしていますが、汗をかかずに綺麗な顔をしたままです。

 

それはこの半側発汗という体の仕組みを使って顔の汗を止めているのです。
簡単に言うと、上半身の汗を止めて、下半身に汗を流す方法です。

 

日常的に使う方法ではなく、ここぞという時には知っておいて損はありません。
2つのツボがあります。

汗をかく男,ビジネスマン

屋翳(おくえい)

左右の乳首の上、指2~3本の箇所にあります。
そこをちょっと痛いくらいググッと2分くらい押して下さい。

 

大包(だいほう)

脇の中央から少し下したところにあります。高さは乳首の真横あたりです。
そこを屋翳と同じようにググッと2分くらい押して下さい。

 

半側発汗の効果があるのがこのツボです。
舞妓さんはここを帯を強くしめることで顔が流れる汗を抑えています。

 

腕を組んで、手のひら中心を乳首にくるようにして胸に手を当てると、親指が屋翳に、人差し指、中指あたりが大包にくると思うので、屋翳(おくえい)と一緒に押すことも可能です。

汗をツボで止める

手のツボで汗対策

スポンサーリンク

手のツボ押しを聞いたことがあると思いますが、汗を止めることに効果のあるツボもあります。

 

これからは屋翳と大包と違ってすぐ止まるということではないですが、体の仕組みとして汗止めに効果のあるツボですので、暑くなったら押してみるといいです。
3つのツボをご紹介させていただきます。

 

合谷(ごうこく)

手の甲側で、親指と人差し指の間にあります。2つの指が分かれている、くぼんでいるところが合谷です。
合谷は目の疲労や肩こりなどにも効果があるので汗止めだけではなく押すと効果のあるツボです。

親指で5秒くらい押し、パッと離す、そしてまたグッと押す、これを5回ほど繰り返すと良いです。

 

後谿(こけい)

手を握ると小指の下が少し膨らみますよね。そこが後谿です。
そこを少し強めに押します。緊張を和らげたり、熱を下げる効果があるツボです。

 

陰郄(いんげき)

手のひらをこちらにし、手首の小指側にあります。手のひらから1.5cmほど下に下がったところ、手首を曲げて指を置くとちょうどくらいにあるのが陰郄です。

緊張を和らげ、気持ちを落ち着かせてくれるツボです。
親指で20~30秒ほど良い強さで押すと良いです。

 

発汗は気持ちが影響する

発汗することは暑いからという体の機能的な役割もありますが、緊張などの精神的なことから汗をかくことも多いです。
そんな時に大事なことは「落ち着くこと」です。

 

緊張で汗をかき、リラックスすることで汗が引いたという経験は誰しもあると思います。
その緊張からリラックス、落ち着かせるために有効なのが今回ご紹介しましたツボ押しです。
ツボを押すことで落ち着かせる作用が働き、気持ちも静まってきます

 

また、もう1つ簡単にすぐできるのが「呼吸」です。
緊張でこわばっているときに、「肩で呼吸している」という表現を聞いたことがありませんでしょうか。

 

私たちは緊張するとお腹から深く呼吸することを忘れ、肩で浅い呼吸をしてしまう傾向があります。
リラックスしたいときほどお腹から深く呼吸することで、次第に気持ちが落ち着いてきます。

 

呼吸もツボと同じように、誰にも察すられることなく自分でできます。
鼻から深く息を吸って、さらにゆっくりと吐き切ることです。吸った時間よりも倍くらいの時間をかけてゆっくり吐きましょう。
それを繰り返すことで、自律神経が副交感神経というリラックスする神経が優位になって汗を抑えることができます。

関連記事:多汗症は自律神経失調症が原因?呼吸法と食べ物、睡眠が改善策の基本

 

最後に

ツボと呼吸で汗を止める方法をご紹介させていただきました。

汗は私たちにとって欠かせない体の機能ですが、嫌なものでもありますよね。
上手に付き合うという考え方が必要かもしれません。

すぐ止めたいときはぜひ活用してみて下さい。

 

リンパを冷やすことでもすぐ汗を止めたいときに有効です。
関連記事:【すぐに汗を止める方法】顔汗も脇汗もリンパを冷やすことで止める!

 

ワキガ対策で悩んでいる方はこちらを参考にして下さい。
関連記事:ワキガ対策完全版!臭いの原因から治し方~自宅で治す?手術や治療?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で