快適に眠れていますでしょうか?

 

睡眠時間が足りていないはずなのに、疲れているはずなのになかなか眠れない。

 

そんな日もありますよね?

 

そんな日というより、毎日眠りにつくのが遅いという方もいますよね?
私も以前はそうでしたので、その気持ちわかります。

 

眠れない日が続くと、夜になって布団に入るのが楽しみでなくなります^^;
今回はそんな睡眠不足を解消する飲み物をご紹介します。
それは「甘酒」です。

 

甘酒は健康効果が高く、最近ではかなり飲む人も増えています。
睡眠にも効果が高いですので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

睡眠にどう効果があるのか、いつ飲むのがいいのかなど、甘酒の睡眠改善についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

酒粕の甘酒には睡眠を誘発するアデノシンが豊富

まず、睡眠の効果が高いのは酒粕の甘酒ですので注意しましょう。
アルコールが入っている甘酒ですね。

酒粕

睡眠を手伝ってくれる成分にアデノシンという成分があります。
アデノシンが睡眠を誘発して、深い眠りにさせてくれます。

 

酒粕の甘酒には清酒酵母が含まれていますが、清酒酵母にはアデノシンが豊富に含まれています。

 

甘酒が睡眠改善に効果が高いというのは、この清酒酵母の働きが影響しているのです。

 

また、甘酒にはビタミンB群がたくさん入っていますが、特にビタミン12は不眠に効果がある栄養素です。

 

睡眠前に飲むのがおすすめ

スポンサーリンク

睡眠の効果を期待するにはいつ飲むのがいいのか?

 

それは寝る前です。
寝る1時間~2時間前に温めて飲むことをおすすめします。

 

体が温まり、しばらく経つと冷えてくるので、そのタイミングで布団に入るとスムーズに睡眠に入れます。

睡眠不足は寝る前の準備がポイント

いくら甘酒を飲んだからといって、睡眠の邪魔するような過ごし方は良くありません。
睡眠不足を解消するには寝る前の準備が大事です。

・寝る3時間前には食事を済ませておくといいです。

・寝る直前にお風呂に入ると眠れなくなります。

・同じく寝る直前の運動も良くありません。ストレッチなど、体をほぐすのはプラスです。

・寝る前に携帯やパソコンの画面を見るのは良くありません。

・寝る時間、起きる時間のリズムを整えましょう。

 

最後に

しっかり睡眠をとることは本当に大事なことです。
翌日の仕事にもプラスですし、免疫力が高まることで体のありとあらゆるところが健康になります。

 

甘酒で睡眠不足を解消して、快適な生活を送りましょう(^^)

 

また、冒頭にも書きましたが、甘酒には様々な効果が得られます。
参考にして下さい。飲まずにはいられません笑。

【飲む美容液】甘酒は肌荒れやニキビに絶大の効果!シミやクマにも!

甘酒は飲む点滴と言われるほど疲労回復効果が高い

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で