便器や床は頻繁に掃除する人も、トイレのタンクはあまり掃除しない、開けたことがないという方も多いのではないでしょうか?

 

便器の汚れは実はタンクの汚れの影響があるかもしれません。当たり前ですが、タンクの水が便器に流れるわけですので、タンク内の水が汚いと便器も汚れやすくなります。

 

タンク内はいつも水がありますので、カビ、雑菌だらけの場所です。掃除を怠るとあっという間に汚れがたまります。

手が洗えるかたちの便器だと、外の汚れが中に入りやすいのでより汚れがつきます。

 

今日はそんなトイレのタンクの掃除方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

手を洗うところのタンクのフタを掃除

トイレタンク,簡単掃除

まずは手を洗うところの汚れを落とします。

ふき取りでもいいですし、どうせならフタを外して水洗いするでも構いません。

 

しばらく掃除していなくて、汚れが強いようであれば、クエン酸をつけて洗うときれいになります。毎日手を洗っていれば、垢がこびりついている場合もあります。そのような場合はクエン酸が効果的に汚れを落としてくれます。

外して洗う場合はくれぐれもフタが割れないように気をつけて下さい。

 

タンクの中を中性洗剤で洗う

フタを外して、中性洗剤をかけて、ブラシで擦りましょう。狭い箇所も多い便器が多いですので、使い古した歯ブラシなどを使うと良いです。

 

汚れがきつい場合はカビキラーや重曹を使う

スポンサーリンク

中性洗剤で洗っても汚れの落ちがイマイチであれば、それはカビがこびりついている可能性が高いです。

その場合はカビキラーをふきかけて擦りましょう。

カビキラーがない場合は重曹を入れて擦るのも効果的です。

 

トイレタンクを掃除する頻度

カビ、雑菌ですので、こびりつく前にこまめに掃除するのが一番良いです。月に一回程度掃除するのが理想的です。

 

トイレタンクの汚れを防止する方法

月に一回程度洗えれば良いのですが、現実的にそんなに掃除できない、もっと簡単に済ませたいという方も多いですよね。

 

その場合は重曹を使いましょう。コップ分くらいの重曹を用意します。その重曹をタンクの隙間から入れて、数時間、一晩程度放置するだけです。放置した後は流すだけで構いません。

重曹は消臭効果もあるのでおすすめです。それを数ヶ月~半年に一度くらいやるだけで汚れがつきにくく、タンクを清潔に保つことができます。

トイレタンク,簡単掃除,重曹

 

また、お金をかけても良いようでしたら、タンク用の洗剤も売っているので、そちらを使う方法もあります。

 

まとめ

毎日使うトイレですので、快適にしたいですよね!

タンクも簡単にきれいにできますので、早速掃除してみましょう。

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で