洗濯したのに嫌な臭いが残る、洗ったはずなのにすぐ臭くなる、、、

そんなハンドタオルやバスタオルの嫌な臭いで困っている方は多いです。

 

洗濯洗剤を変えたり天日干しをしたり、洗濯の回数を増やすなど、何とかしようとトライしてみたことがある方も多いと思います。

なかなか解決しませんよね?

実は、一度臭いがついたタオルは何度洗っても臭いは取れません!臭いの原因を取り除かないといつまでたっても解決しないのです。

 

今日は、ハンドタオルやバスタオルに発生する、臭いの原因と取り方をご紹介いたします。確実に効果を感じていただける方法ですので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

タオルの臭いの原因は雑菌(モラクセラ菌)

タオルの臭いの原因と取り方

ハンドタオルやバスタオルについたあの嫌な臭いの原因は雑菌です。

 

タオルで体や髪の毛をふくと、皮膚の角質や皮脂、汗などがタオルにつきます。
それが雑菌となり、使っていくうちに雑菌が繁殖していき、臭いの原因になります。『モラクセラ菌』と言います。

 

そのモラクセラ菌!
なんと洗濯しても天日干ししてもとれません。生き続けます。しかも洗濯物をため込むとさらに雑菌が増えて、もっと臭くなります。

 

洗濯したばかりの頃は臭いがしないのに、使う時に臭うということもありますよね?
モラクセラ菌は乾いていると寝ている状態ですが、一度濡れてしまうとまた復活して臭いを発生させます

 

臭いを取るにはそれを殺菌するしかありません!
ポイントはです。

 

モラクセラ菌は50度以上で死滅しますので、臭いの取り方のポイントは熱を与えるです。
それでは具体的な臭いの取り方をご紹介します。

熱でタオルの臭いを取る方法

熱湯殺菌を使った臭いの取り方

スポンサーリンク

キッチン周りの殺菌にも使われる熱湯ですが、タオルも同様に効果抜群です。
臭いの原因であるモラクセラ菌は50度以上で死滅しますので、熱湯殺菌すればまず間違いなく臭いが取れます

 

方法は鍋に熱湯とタオルを入れて熱します。もちろん弱火で十分です。時間は10分程度グツグツすればすっかり臭いが取れています。タオルの臭いの取り方としては、おそらくこの方法が一番強力です。
私はこの方法を使うのは雑巾やキッチンのタオルが多いです。

バスタオルなどの大きなタオルの場合は大きな鍋が必要になります。その場合は熱湯をかけるだけでも効果があります。浴槽にタオルを広げて熱湯をかけると良いです。

タオルの嫌な臭いを熱湯殺菌

電子レンジを使ってタオルを消臭

料理する鍋をタオルの殺菌に使うのも嫌だなあと感じる方もいますよね!
そんな方は電子レンジを使うと良いです。熱湯同様、電子レンジで熱を与えることでも臭いを取ることができます。

 

濡らしたタオルを絞り、そのまま電子レンジで1~2分程度温めると殺菌できます。温める前に、タオルにラップを巻くことでより効果があります。

 

間違っても乾いたタオルを温めることがないようにして下さい。火事の原因です。
また、温めている間、電子レンジが見える場所にいて下さい。もしものことがあると大変ですので。

 

熱との合わせ技でタオルの臭いを取る方法

熱湯殺菌と電子レンジと、熱だけでタオルを殺菌して消臭する方法をご紹介させていただきました。
ただ、お鍋も電子レンジもバスタオルが入らない、または調理器具を使うのに抵抗があるという方もいらっしゃいます

そんな方には、熱と一緒に漂白剤や重曹、クエン酸などを使うことでタオルの臭いを取ることができます。

漂白剤を使った臭いの取り方

洋服の黄ばみにも効果のある漂白剤ですが、臭いにも効果があります。

 

黄ばみの落とし方にご興味があれば参考にして下さい。
関連記事:洋服・衣類の落ちない黄ばみの落とし方!漂白剤、重曹、台所洗剤を使う

 

漂白剤を使った臭いの取り方は、50度以上のお湯に漂白剤を入れて、つけおきするだけです。
長い時間つけた方が効果が高いです。基本的には1~2時間程度で十分です。つけおきした後はしっかりすすぐだけでも良いですし、普通に洗濯しても構いません。

酸素系の粉末タイプがおすすめです。漂白剤には粉末タイプと液体タイプがありますが、粉末タイプの方が強力です。用途によって使い分けた方が良いですが、タオルはそこまで生地の傷みを気にすることはないと思いますので、効果の強い粉末タイプが良いです。

 

臭いが軽い場合は液体タイプでも取れるかもしれませんので、ご自宅にあるのが液体タイプであれば試してみるのも良いと思います。お気に入りのタオル、色がついたタオルなどは、色落ちすることもあるのでくれぐれも気をつけて下さい。

タオルの臭いは漂白剤で消臭

重曹やクエン酸を使ってタオルを消臭

方法は漂白剤と同じですが、漂白剤の代わりに重曹やクエン酸も消臭効果があります。

50度以上のお湯に重曹、クエン酸を入れてつけおきしましょう。
その後は洗濯して下さい。

電子レンジの掃除は重曹

タオルの臭いを予防するための方法と注意点

臭い予防の基本

皮脂や汗、汚れを出さないというのは無理ですので、どうしても使用していると雑菌は発生してしまいます。
しかし繁殖を減らす方法はあります。

基本はこまめに洗濯して、すぐ乾燥させることです。
体を拭いて、そのままクシャとそのままに置いたりしてはダメです。すぐ洗濯するか、すぐかけて乾かせましょう。

バスタオルの嫌な臭いの取り方

残り湯は臭いの原因に

残り湯を使って洗濯している方も多いですよね。
残り湯には当然雑菌がついていますので、できれば使わない方が良いです。

もし使う場合は洗いだけにして、すすぎは真水にして下さい。お湯で洗濯するというのは、汚れを落としやすくする面もあるので、上手に良いところを取り入れましょう。

洗濯槽の清掃はこまめに

もう1つ注意しなければならないのが洗濯槽です。
知らない間に洗濯槽に雑菌が付着し、それが臭いの原因になっていることは多いです。

ドラッグストアやスーパーで専用の洗剤があるので、定期的に掃除するようにしましょう。

通常の洗濯で液体漂白剤を使う

嫌な臭いを消す時に便利な漂白剤ですが、いつもの洗濯に使うことで、臭いを予防することができます。
洗剤の他に液体漂白剤を使うことで、タオルの臭いをつくことから予防できます。

私はワイドハイターEXを使っていますが、効果抜群です。
くれぐれも酸素系の液体漂白剤にして下さい。強いと色落ちなどの原因になります。

 

最後に

誰でもタオルの臭いは気にしたことありますよね!
今回は原因と対策をご紹介させていただきました。臭いを取って、快適な生活をしましょう!

 

関連記事:白のスニーカーの洗い方~重曹や酢で黄ばみ落とし!汚れ防止や手入れは?

関連記事:ワキガの洗濯物の黄ばみの落とし方~原因と防止策!臭いはうつる?重曹の効果は?

関連記事:デニムジーンズの洗濯方法!頻度や洗剤、柔軟剤は?色落ち防止に酢?

関連記事:玄関の臭いがこもる原因は?消臭対策は換気と重曹!おすすめの消臭剤は?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で