夏にはかかせないTシャツ!

 

シンプルな白のTシャツからお気に入りのデザイン入りのものまで、一枚で表現するものだからこそ、特別に感じる方も多いですよね。

 

しかし、気に入っていたのに首元が伸びてしまう、色落ち、色あせして着れなくなったという経験ないですか?
それは長年着ていればいつかはそうなりますが、できるだけ長持ちさせたいですよね!

 

・Tシャツを洗濯するといつもしわができてしまう

・気に入ってたTシャツが縮んでしまった、首元がヨレヨレになってしまった

・色落ちしてしまってもう着れない、シミがついてしまった

・Tシャツを長持ちさせる洗濯の仕方はある?

 

今日はそんな大事なTシャツの正しい洗濯方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

Tシャツの洗濯の仕方

Tシャツは自宅で洗えないという場合はほとんどないと思いますが、念のため表示の確認をして、洗濯時の注意点を確認して下さい。

 

洗剤は中性洗剤を使って下さい。できればおしゃれ着用がおすすめです。
柔軟剤も入れた方がしわを軽減してくれます。

 

裏返しにして洗濯ネットに入れるが基本

裏返しにして、デザイン部分が中にくるように折りたたんでから洗濯ネットに入れてから洗って下さい。
洗濯ネットにはTシャツ一枚ずつ入れましょう。
生地が傷むのを軽減してくれますし、他の洗濯物と一緒だと絡んでしまって伸びる原因になります。

 

Tシャツは汗が直接つくので汚れやすいです。
そういったことからも、肌が直接つく裏面を洗うようにした方が汚れが落ちやすいです。
汚れや皮脂などをしっかり落とすことが長持ちさせるポイントです。

Tシャツのしわ防止には洗濯ネット

色落ち、色あせ防止

特に色落ち、色あせを気にする場合はできるだけ目の細かい洗濯ネットを使いましょう。
漂白剤は色落ち、色あせに影響するので使わない方が良いです。

 

他の洗濯物も同様ですが、色が濃いものは色落ちが心配ですのでそれだけで洗った方が無難です。
また、白のお気に入りのTシャツは他の洗濯物の色の影響を受けます。ずっと洗濯していると少しずつ変わってきますので、気になる場合は白いものだけで洗うことをおすすめします。

 

しわや縮み、伸びを防ぐには短時間で洗濯

摩擦が強い、または長い時間摩擦されているとしわなどの原因になります。
短時間コースを選択しましょう。

 

また、脱水も長いと良くありません。
1分程度の短時間で済ませ、すぐに干すことが大事です。

 

お気に入りで大事にしたい場合

特にお気に入りで、どうしても縮みや伸びることを防ぎたい場合は手洗いにした方が良いです。
洗濯機よりは手洗いの方が負担は少なくてすみます。手洗いも心配な場合はクリーニングに出しましょう。

おしゃれ着用に10分程度浸し、優しく押すように洗うと傷みにくいです。
お湯ではなく水で洗いましょう。脱水も極力短く、30秒程度にして下さい。

Tシャツの洗濯方法-しわ、縮み、色落ち、首元の伸びを防ぐ

Tシャツの干し方

ここで誤ると首元が伸びてしまい、ヨレヨレ感が出てしまうことになります。
Tシャツのしわや縮み、伸びには干し方が非常に大事です。

スポンサーリンク

しわ、縮み防止には干す前にひと手間がコツ

乾いた後に縮んだように感じたことがあるかもしれませんが、干す前にしっかりしわを伸ばすことが縮みも防いでくれますので、ひと手間かけるようにして下さい。
特に綿や麻のTシャツは縮みやすいですので気をつけましょう。

 

しわを防ぐにも干す前が大事です。
しわや縮みを防止する方法としては、脱水後にテーブルや平らなところにTシャツを広げて、手でアイロンをかけるようにしわを伸ばしていきます。

形も整え、濡れたままたたんで下さい。
数分後に干す(他の洗濯物を干した後にTシャツを干すとちょうど良いです)としわが伸びています。

首元のヨレヨレを防止する干し方

厚いしっかりとしたハンガーにかけるようにして下さい。
ハンガーにかける時は、Tシャツの首元からハンガーを通すのではなく、下から通すと良いです。濡れているときに広げると伸びやすいです。

もしくはハンガーにはかけずに竿やハンガーに2つに折るように干すのも伸びにくいです。
ハンガーに干す、2つ折りで干すを交互にすると伸びてしまうことを防げますのでおすすめです。

Tシャツの洗濯方法-しわ、縮み、色落ち、首元の伸びを防ぐ

また、Tシャツそのものにこだわりがある場合は別ですが、首元が二重にデザインされているTシャツですと、首元が丈夫にできているので、長持ちしやすいです。

 

裏返しで陰干しがおすすめ

直射日光が当たると色あせや縮みにも影響するので、風通しの良い場所で陰干しする方が良いです。

日光が当たらないように、念のため裏返しにしてから干した方が安心です。
裏返しの方が早く乾くので、その点でも良いですね。

 

乾燥機はNG

乾燥機に入れてしまうのが楽ではありますが、しわ、縮みや伸びなどの原因になるので乾燥機はNGです。

ひと手間をかけて干すことが綺麗に、かつ長持ちさせることができます。

 

丁寧にたたんで収納

乾燥したら丁寧にたたんで収納しましょう。

ぐちゃぐちゃに入れたり、収納が多すぎると着るときにしわになっていますので注意しましょう。

 

最後に

今日はTシャツの洗濯の仕方をご紹介させていただきました。
Tシャツは夏のファッションのかなめですよね(^^)正しく洗って長く快適に着こなしましょう!

 

おしゃれ着用の洗剤で、裏返しにして一枚ずつ洗濯ネットに入れる。
短時間で洗濯、脱水も短時間、すぐ干す。
干す時は手でアイロンしてしわを伸ばす、厚いハンガーを使って陰干しすることでしわや縮み、首のヨレヨレを防止することができます。

 

洗濯の関連記事です。参考にして下さい。
【ポロシャツがしわや縮むのを防ぐ洗濯方法】洗濯のりのポイントも

デニムジーンズの洗濯方法!頻度や洗剤、柔軟剤は?色落ち防止に酢?

洗濯しても汗臭い!消す方法は?重曹やセスキでつけおき!洗剤が悪い?

今日も読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で