このページでは、こんな悩みや疑問を解消します。

「子供のワキガで悩んでいるんだけど、ビューホットはどう?」

「学校もあるし、まわりに気づかれずに対策できて、わきがや多汗症に効果のある治療を受けさせたい」

「傷痕も心配だから、治療のあとも考えて決めたい」

 

本記事の内容はこちらです。

・ビューホットは子供に最適なワキガ治療です

・子供のワキガには手術はオススメできない理由

・私の元同僚がビューホットでワキガと多汗症を治したクリニック

・ワキガを治して子どもを笑顔に

私は中学1年生の頃にはじめて自分がワキガであることを自覚しました。
それから15年以上に渡ってワキガに悩み、最終的には手術をして治しました。

 

ですので、お子さんがワキガで悩むお気持ちは痛いほどわかります。

 

このブログも、私と同じようにワキガで悩む人に少しでも役立つ情報を発信したいという気持ちで始めました。

 

今回は「ビューホット」についてです。
ワキガ対策はデオドラント商品を代表としたセルフケアから、病院での治療まで幅広くあります。

 

その中でも、子供に限定するのであれば、ビューホットが最適なわきが治療です。

 

他の治療との比較や、検討する上での注意点など含めて、ビューホットについてお伝えしていきたいと思います。
どうぞ最後までお付き合い下さい。

ビューホットは子供に最適なワキガ治療です

子供は大人と違う点がいくつもありますが、1つは環境ですね。

 

ワキガ対策の代表的なデオドラント商品ですが、確かに治療せずに臭いが抑えられるのであればそれが1番です。

 

ただ、子供は大人よりも汗をかきますし、不器用なので1回でうまく塗れないことも考えられます。

 

さらに、学校で塗り直そうとしても、大人のようには持ち歩きにくいですし、男の子の場合はトイレの個室に入るのは勇気がいるなど、子供なりの事情があります。

 

また、夏になれば水泳があって裸になりますし、一年通して体育の授業がありますので、日常生活に影響させたくありませんよね。

 

つまり、子供のワキガ対策を考えると、「バレない」、「効果が続く」、そして「安全」である対策・治療が理想的ですよね。

 

このすべてを満たしているのがビューホットです。
ビューホットの治療や経過などの概要を簡単に解説します。

 

まずビューホットは学校を休む必要がありません。翌日もです。
学校終わりに病院に行き、治療して当日帰宅できます。

 

治療時間は約20分と短く、麻酔をするので痛みはありません。

 

腫れている感覚や違和感がある場合はありますが、休むほどではないケースがほとんどです。
翌日からは通常通りに入浴ができます。

 

ビューホットはワキガにも多汗症にも効果があり、治療の直後から効果が出て、通常1~2回治療することで半永久的な効果が得られます。

 

皮膚に当たる部分は人ごとに交換するので、感染するリスクは少ないですし、傷痕も自然に消えていくことが多いです。

 

もちろん詳しくは病院で先生に聞くのが1番ですが、ざっと説明するとこんな感じの治療です。

 

子供のワキガには手術はオススメできない理由

スポンサーリンク

他の治療法もありますので比較していきましょう。
まずはワキガの治療と言えば代表的なのが手術ですね。

 

手術にも複数種類がありますが、1番有名なのが剪除法という術式です。
私が受けたのも剪除法でした。

 

手術の多くは、先生が目視でワキガの原因であるアポクリン腺を見ながら、そして切除していきます。

 

ですので、ワキガ治療において、腕の良い先生に手術をしてもらうというのが1番なのは間違いありません。

 

ただし、それは大人の場合です。
子供の場合はアポクリン腺が発達しきっておらず、まだ小さい状態です。

 

アポクリン腺は高校生くらいになれば大人と同じような大きさになりますが、それまでは未発達なので、手術の後に発達することがあり得るということです。

 

つまり、子供のときに手術をしても再発の可能性が高くなりますし、アポクリン腺が小さいために目視できずに残ってしまうことがあるということですね。

 

また、私も手術をしたのでわかりますが、手術の後はしばらく身動きとれませんし、運動するなどを考えると1ヶ月単位でかかるはずです。
私は完全に回復するのに3週間かかりました。

 

傷痕も手術してから2年以上経ちますが、ハッキリと残っています。

 

このような理由から、子供の時に手術を選択するのは適していません

 

また、ビューホット以外にも、切らずに治療ができる方法があります。
ミラドライやレーザー治療などです。

 

これらは皮膚の表面から治療します。
ビューホットも他の治療も高周波を当てて、アポクリン腺を破壊するというのは同じですが、ビューホットは極細の針を皮膚の中に刺して当てます。

 

ですので、ビューホットは他の治療法より効果が高く、皮膚への負担も少ないです。

 

そういった面からも、子供向けのわきが治療としてはビューホットが最適と言えます。

希望を象徴するような光と橋

私の元同僚がビューホットでワキガと多汗症を治したクリニック

私は手術で治しましたが、以前に勤めていた会社の元同僚がビューホットでワキガと多汗症を治しました。

 

その病院が「ガーデンクリニック」です。
都内には品川・新宿・池袋の3院、他にも横浜、名古屋、大阪、福岡と全国で展開しているクリニックです。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺は人によって数や大きさは違いますし、深さも変わってきます。
ビューホットを受けて効果がないという場合、それはアポクリン腺が残ってしまうからです。

 

そうならないためにも、確かな技術と経験があるクリニックで受けなければなりません。

 

ガーデンクリニックはビューホットの治療実績としては国内トップで、ビューホットの認定クリニックです。

 

また高い技術力とアフターフォローの体制を確立しており、他の病院にも治療を指導するほどです。

 

ガーデンクリニックの公式サイトには子供でも受けられることが明記されています

ガーデンクリニック公式サイトをチェック

 

また、ガーデンクリニックの評判を調べたことがあります。
まとめたページがありますので合わせて参考にして下さい。

関連記事:ガーデンクリニックのビューホットはどう?口コミや評判が知りたい!

 

ワキガを治して子どもを笑顔に

私がワキガだったのでわかりますが、臭いを気にしながら生活するというのは本当につらいです。
成長に伴い体臭はきつくなりやすいですし、部活や体育のときの汗や臭いは気になる一方です。

 

確かにデオドラント商品の方が安く対策できますが、十分な効果がない場合は次の対策を考えてあげた方が良いです。

 

私も当時もっとワキガの知識があり、ビューホットを知っていたら親に相談していたかもしれません。

 

大人の記憶としては子供時代はあっという間だったかもしれませんが、子供としては毎日が深刻な問題です。

 

もしビューホットに関心があるなら、一度カウンセリングを受けてみるのが良いです。
カウンセリングは無料ですし、説明を聞いて違和感があったり、病院の雰囲気が合わなそうであればキッパリ断りましょう。

 

納得できないまま治療するのは良くありませんからね。
そのためにも、カウンセリングで聞きたいことを事前に準備してから行きましょう。

 

親子で知識はつきますし、また違う病院を探すきっかけになるかもしれません。

 

そもそも、そうやって親子で一緒に悩んだり、親が動いてくれるというのは、お子さんにとっては本当に心強いはずです。

 

お子さんが思いきり笑顔で、イキイキとした10代を過ごすためにも、ぜひ一度カウンセリングを受けてみて下さい。

 

ガーデンクリニックのページをチェック【無料カウンセリング実施中】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で