ワキガの治療と言えば真っ先に思いつくのが「手術」ではないでしょうか?

 

人によっては手術しかないと思っている方もいるほどです。
実際はそんなことはなく、手術は複数あるワキガ対策、治療のうちの1つの選択肢です。

 

この記事は、実際にワキガの手術を経験したことがある筆者が、ワキガの手術についての疑問を一気に解決できるようにまとめさせていただいております。

・手術を選択することに対するリスク
・ワキガの代表的な4種類の手術のそれぞれの特徴
・手術法それぞれのメリット、デメリット
・保険適用する治療か、その治療費用について
・手術後の回復や傷跡が残るか
・再発の可能性が低い手術法はどれか?

ワキガは本当に深く悩む問題です。
だからこそ、患者になったことがある筆者だからこそ見える視点があると思います。

 

事前にどのような治療があるのか?効果や料金は?手術の後は生活に支障はないか?
何より自分は何を優先させるか?

など、しっかり情報を集めて、自分で判断することが大事です。

 

手術は大きな決断です。
後悔がない決断ができるよう、ワキガの手術についてを一気にご説明させていただきます。
一人でも参考にしていただき、深い悩みから解放されれば幸いです。

スポンサーリンク

ワキガの根本的な治療は手術のみ

手術を検討しているくらいですので、かなりワキガの臭いに悩んでいるということかと思います。

手術は臭いが強く、かつ根本的な治療をしたいという方が選択をする治療です。
症状が軽度な場合は手術をしなくても臭いを改善させることが可能です。

ワキガの臭いの仕組み

「ワキガ」という言葉や臭いについては皆さん知っていますが、ワキガがどういう仕組みかということを理解している人は意外に少ないです。私も中学生の頃からワキガに悩んできましたが、どういう仕組みかを理解したのは最近のことです。

 

人にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があり、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗が原因です。
ただし、汗だけで臭うわけではありません。

 

その汗と肌についている菌が分解することで臭いを発します。
汗が多いほど、菌が多いほどワキガの臭いは強くなります。

 

アポクリン腺の数が多い人がワキガに該当します。
ただ汗腺の数だけで臭いが決まるわけではありません。

 

汗の成分、脇からの汗の量、肌に付着する菌の数、衣類に付着する菌の数、アポクリン腺の働きの度合い、、、
このようにいくつもの要因によってワキガの臭いはきつくもなりますし、軽減させることもできます。

 

アポクリン腺に直接アプローチするのが手術

このサイトでも色々ご紹介していますが、その要因1つ1つに対策することによって、臭いを改善することができます。例えば食事や運動、デオドラントや入浴、リラックスするなどです。
しかしそれでは臭いを軽減させることができても、「ワキガの臭いをなくす」、「ワキガを治す」ことはできません。

 

それを可能にするのが手術です。
つまり、脇の下にあるアポクリン腺を直接治療するのが手術というものです。

リラックスもワキガの軽減に

ワキガの手術は何科の病院?

手術となるともちろん病院で行いますが、相談できる科としては皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科などがあります。

病院によってはやっていない治療もありますので、手術方法を決めて、その後病院を選ぶこともできますし、信頼できる病院を決めてその中でおすすめされる治療を選択することもどちらでも可能です。

 

ワキガの手術の種類

それではワキガの手術の種類をみていきます。
根本的な手術の目的はどれも同じで、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺をどう取り除くかという違いです。アポクリン腺を取り除く際のアプローチ方法が手術によって違ってきます

大きく分けると医師が直接目視して汗腺を取り除くか、そうではなく機械や医師の経験によって治療するかという2つに分かれます。

 

4つの手術と、特徴や料金等を簡易的にまとめています。
くれぐれも簡易的ですので、それぞれの治療法に記載の内容もお読みください。

 

また、料金は病院によって幅があることや、各病院の先生ごとに得意としている手術やさらに技術を高めた治療を行っている病院もありますので、あくまで参考として下さい。

改善再発回復傷跡保険適用料金
剪除法・皮弁法4万円前後
皮下組織吸引法×××20万円前後
超音波吸引法××40万円前後
皮下組織削除法××30万円前後

それでは4つの治療法の特徴について、1つずつご説明していきます。

 

剪除法・皮弁法

ワキガ手術切る

3~5センチほど切り、皮膚を裏返しにして医師が直接目視して汗腺を取り除く方法です。
やはり目視するという点からアポクリン腺を完全に切除しやすいので、再発する可能性が低いというのが最大のメリットです。

 

ただ、医師の技術によってはとり切れないこともありますので、そこは医師の技術、経験を見極める必要はあります。

 

ワキガ手術の実績が豊富な浜口クリニックの院長先生はこのようにおしゃっています。

他院で手術をした方のわきが再発手術も行なっていますが、手術中確認するとやはり部分的にアポクリン腺が残っています。 浜口クリニックでは目で確かめながら確実にアポクリン腺を除去するため、通常、術後の再発の心配はありません。また。除去したアポクリン腺が再生することはありません。

引用:浜口クリニック様

 

デメリットとしては比較的大きく切るので、傷跡が残りやすい点です。
男性の場合そこまで気にしないかもしれませんが、気にする方は検討する際のポイントになります。

 

唯一保険適用がきく手術でもあり、保険の場合は4万円前後で手術することが可能です。
保険ではない場合は30万円前後です。

 

手術後は数日から1週間ほどは完全固定しなければなりませんので、会社を休む、または仕事に行きながらの場合は理由も考えておいた方が良いです。

 

完全固定されると明らかに不自然な姿勢になるので、
普通に見たら周囲から「肩どうしたの?」などの質問は受けることになります。

 

皮下組織吸引法

スポンサーリンク

剪除法ほど深く切らず、1㎝ほど切って、管を通して汗腺を吸引する手術方法です。

 

目視ではなく、感覚と経験で吸引していくので、アポクリン腺が残りやすく、再発する場合も多いです。
一方でメリットとしては跡が残りにくく、負担も少ないので手術後の回復が早いという点があげられます。

 

傷も小さく、患者さんへの負担の少ない方法ですが、アポクリン汗腺、エクリン汗腺ともに真皮にくっついているため、すべて吸引出来る訳ではないので再発の可能性があります。

引用:神戸中央クリニック様

 

保険は適用外で20万円前後の病院が多いです。

 

超音波吸引法

皮下組織吸引法と同じく1㎝ほど切り、超音波の熱で汗腺を焼く治療法です。

 

美容外科大手の城本クリニックのサイトでもこう記載があります。

やけどや組織内水腫の合併症の報告や超音波による熱が皮膚自体にダメージを与えるなど、通常の手術に比べて傷が残りやすいことがわかってきました。
さらに、超音波法は、吸引法の域を超えないので、やや不確実な方法といえます。

引用:城本クリニック様

保険適用外で40万円前後の価格です。

 

皮下組織削除法

同じく1㎝ほどきり、カミソリのような器具を挿入して汗腺を削るように切除していきます。

 

イナバ式皮下組織削除法が代表的であり、高い技術を持った医師が行うと、傷跡も目立たなく、再発も起こりくいという治療法です。

 

デメリットとしては他の治療法に比べ、手術後の回復に時間がかかるという点や、合併症などのリスクもあります。

 

最も確実で効果的な方法といえます短所は真皮が削れるので血流が乏しくなり「血腫」や「感染合併症」を起こした場合皮膚の「部分壊死」を生じやすいことです。
引用:浜口クリニック様

 

保険適用外で、30万円前後です。

 

手術の前に優先順位を決めることが重要

ワキガの手術の種類をご紹介いたしましたが、それぞれ特徴があることがわかったと思います。

 

おそらく優先するポイントがそれぞれ少しずつ違うはずです。
例えば、価格が高くても、手術跡が残っても、手術後の負担が多くても、とにかく再発のリスクを減らしたいという方もいらっしゃいます。

 

また、とにかく手術後すぐに元の生活に戻れることを優先したいという方もいらっしゃいます。

 

自分が何を求めているのかを一度じっくりと整理した方が良いです。

 

もちろん、手術に100%はないですので、何かしらのトラブルや、自分が望んでいないことは起こり得ます。

 

ただ、「こんなはずじゃなかった」を、できるだけ減らすことは可能です。
そのためには自分の優先順位が大事になってきます。

 

私は剪除法を保険適用の病院で行いましたが、手術をする時に1ヶ月ほどの休みがありました。

 

手術をする前は1週間くらいで元の生活に戻り、ゴルフ三昧で過ごそうと思っていましたが、甘かったです。。

 

完全固定は1週間ほどでしたが、その後ガーゼや薬を塗るなどのケアは続き、完全に通常の生活ができるまで結局1ヶ月かかりました。

 

手術のための休みではなかったのですが、私はタイミング良く決断することができたので、結果的には最良なかたちで終わることができましたが、事前に心づもりをしておくのとしていないのでは大きく変わってきます。

ワキガ手術病院

まず皮膚科に行って相談するのがおすすめ

美容外科などは得意な治療や、行っていただきたい手術などがある場合もあり、「手術するかしないか、どの手術をするか」と言った相談になりがちです。

 

それよりも先に大事なのは、あなたの症状には「手術が必要なのか」という正しい診察を受けることと、親身になって最良な治療を一緒に考えてくれる先生です。

 

手術をするのはその上で検討、選択することが可能なので、一度皮膚科で診察を受けることをおすすめします。
そして、この先生なら任せられる!という納得感を得られるまで病院や先生は選ぶべきです。

 

手術は最終手段

冒頭で書かせていただきましたが、手術は1つの選択肢にすぎません。
必ずしも手術をしないと臭いが改善しないということはありません

生活習慣で臭いを改善

まずは生活習慣の見直しを行い、体内からの臭いを軽減するための努力をすることが先決であると考えます。

 

食事、運動、お風呂、洗濯、脇毛の処理など、自分でできることがたくさんあります
ワキガ自体も体質ですが、体臭が少ない体質になるという考え方もできますし、実際それが可能です。

 

脂分の多い料理、ジャンクフードやスナック菓子などの油や塩分が多い食事を控えること、そして緑黄色野菜や食べ方に気をつけることで、臭いを抑えることができます。

関連記事:体臭を改善する食生活・食事療法の5つ!脇汗の臭いも食べ物で対策!

生活習慣でワキガを改善

ワキガの仕組みで説明させていただきましたが、汗の量や汗の成分を改善することで臭いを軽減させることができます。
それは運動や入浴、またはサウナなどで改善することが可能です。

関連記事:ワキガの改善にはお風呂が重要!正しい入浴から風呂上りのケア~シャワーだけはNG

関連記事:【ワキガ対策にはサウナが効果】汗臭いが改善!正しい入り方は?自宅での方法も

 

また、ワキガの場合は普通に洗濯しただけでは臭いや黄ばみが落ちないことがあります。汗をかく前から衣類に菌が残っていると臭いをきつくさせる原因になります。漂白剤や重曹などを使い、菌を落とす洗濯をした方が良いです。

関連記事:ワキガの洗濯物の黄ばみの落とし方~原因と防止策!臭いはうつる?重曹の効果は?

 

脇毛の処理や制汗剤でワキガを改善

生活習慣だけでは改善しきれない点はありますので、デオドラントの利用も効果的です。中でも、塩化アルミニウム液が含まれる制汗剤やデオドラントは汗の量を減らすことができるので有効です。

関連記事:【ワキガに効果!塩化アルミニウム液の使い方と副作用】皮膚科に行った方が良い?

また、脇毛が生えていると菌が繁殖するので臭いの原因になります。脇毛を処理することはかなり臭いを改善させることができます。

関連記事:ワキガは脇毛を剃ることで対策!脱毛や切る処理でも効果!わき毛濃いとワキガ?

 

手術以外の治療法を検討

病院で行う治療は手術だけではありません。

放射線や脱毛の技術を使って汗腺を治療する方法はあります。切ることが怖い、他の治療も検討している方は、手術の前にそういった治療を受けることも選択肢です。

関連記事:ワキガ手術の失敗が怖い!手術以外の切らない治療方法のベストはこれ

 

最後に

もちろんこれまで色々試してみたが、効果を感じられないから手術を選択することは前向きな決断であり、当然手術で根本治療により汗腺を切除することは非常に有効です。

 

選択肢がたくさんある分悩むことも増えると思いますが、その悩みの先にワキガに悩まなくて良いという、素晴らしい生活が待っています。

 

ワキガの原因や対策のすべてをご紹介しています。
関連記事:ワキガ対策完全版!臭いの原因から治し方~自宅で治す?手術や治療?

 

悔いのない選択をされることを、心より願っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で