このページでは、窓掃除の簡単なやり方、ピカピカに綺麗にする窓拭きの仕方をご紹介しています。

 

・窓ガラスの掃除におけるセスキ炭酸ソーダや重曹、クエン酸の使い分け

・洗剤を使わずに新聞紙だけで綺麗に窓掃除する方法

・窓拭きワイパー(スクイジー)の使い方のポイント

・窓際やサッシの掃除の仕方

等々、窓ガラスの掃除のやり方をわかりやすくまとめていますのでぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

窓掃除の頻度や最適な天気

窓ガラスが綺麗だと気持ちの良い朝を迎えられますし、ますます快適に過ごせます。でも実際は年に一回くらいの方が多いのではないでしょうか。

 

それは単純に面倒だからですよね^^;
本当に簡単な方法もありますので、頻度を上げることで一層快適な生活が送れます。月に一回くらいは綺麗にしていきたいですね!

 

また、湿度が高い日の方が窓掃除には向いています。朝早くか、少し天気が悪い曇りの日がおすすめです。汚れが浮くのでふき取りやすくなります。

 

一番簡単な窓掃除は新聞紙だけ!

窓掃除は新聞紙を使うのが簡単なやり方

できるだけ簡単に窓掃除をしたい!
という方は、新聞紙で窓拭きするのがおすすめです。というよりこれ以上簡単な方法はないので一択ですね(^^)

 

窓ガラスにインクがついてしまうと思ってしまうかもしれませんが大丈夫です。
新聞紙のインクが汚れを吸い取ってくれます。また、新聞紙には研磨剤が混ざっているので、効果的に汚れを落とすのに最適です。

 

やり方は、新聞紙を折って濡らします。ちぎっても良いです。
そのまま全体を拭いた後、乾いた新聞紙で水分をふき取っていくだけです。

 

新聞紙は窓ガラス以外にも鏡拭きにも最適ですので試してみて下さい。浴室の鏡などにもおすすめです。
関連記事:浴室の鏡の掃除、水垢の落とし方!白いウロコ取りは酢やクエン酸、重曹で

 

メラミンスポンジも洗剤なしで擦るだけでピカピカに

もし新聞紙に抵抗がある方、でもできるだけ簡単に窓掃除したいという方におすすめなのがメラミンスポンジです。

研磨剤が含まれているので水に濡らして擦るだけで綺麗になります。

磨く対象が柔らかい素材ですと傷つくことがありますが、窓ガラスは硬いので大丈夫です。

 

じっくり窓掃除したい方はセスキ炭酸ソーダとクエン酸をご用意

スポンサーリンク

窓ガラスには内側(室内側)と外側がありますね。実はそれぞれ汚れの成分が違います。
汚れが違ってくるとということは、もちろん使う洗剤も変わってきます。

 

外側はアルカリ性の汚れですので、使う洗剤は酸性のクエン酸が最適です。
200mlの水にスプーン一杯ほどのクエン酸が目安です。

 

一方、内側は酸性の汚れですので、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダや重曹がおすすめです。セスキの方がアルカリ性が強いので、セスキを用意できる方はそちらを使いください。
200mlの水にスプーン半分ほどのセスキが目安です。

 

他にあった方が良い物は次のとおりです

・ワイパー(スクイジー)
・マイクロファイバークロス
・使い古した歯ブラシ
・割りばし
・ゴム手袋(肌荒れしやすい方は使った方が良いです)

それでは窓掃除の手順をご説明していきます。

 

窓拭きワイパー(スクイジー)で汚れを取る

外側を掃除する場合はクエン酸を、内側を掃除する場合はセスキ炭酸ソーダを窓ガラス全体にスプレーします。
クエン酸やセスキを使い分けが面倒、自宅にないという方、ガラスクリーナーならあるという方はもちろんガラスクリーナーでも大丈夫です。

 

続いて拭き掃除で汚れを取っていきますが、できればタオルではなく、ワイパー(スクイジー)を使った方が効果的です。
専門的な工具のように聞こえますが、100円ショップでも売っていますので、手軽に手に入ります。

 

使いにくいというイメージがある方も多いかもしれませんが、コツさえ覚えればタオルよりも綺麗になります!

窓拭きワイパー,使い方

今はスプレーしたので濡れている状態です。ワイパーで水を切っていきます。

順番は外側→内側でやります。
右利きの人は右端から、左利きの人は左端からやります。上から下に真っ直ぐおろして下さい。

 

コツとしてはすばやく、途中でとめずにおろしましょう。力を入れるとスムーズに動かないので力を抜いて下さい。数センチは重ねてやることで、切られていない箇所がなくなるので、何度もやらなくて大丈夫です。

 

仕上げはマイクロファイバークロスで乾拭き

水を切ったら乾いたタオルで拭いて下さい。くれぐれも濡れたタオルではまた水汚れがついてしまうのでダメです。

その際普通のタオルではなく、マイクロファイバークロスなどを使うと繊維などがつきにくいのでおすすめです。

 

窓際・サッシの掃除の仕方

窓際やサッシも気になるところですよね!
歯ブラシで擦るとだいたいは汚れがとれます。大きな汚れは割りばしでつまんで捨てましょう。

頑固な汚れの場合は、重曹やセスキ炭酸ソーダを使って綺麗にします。
窓ガラスに使った水で薄めたスプレーをかけて、歯ブラシで擦ると汚れが落ちます。

 

最後に

日当たりを気にされる方も多いですよね。太陽は気持ちいいです(^^)

そんなせっかくの陽気も窓ガラスが汚れていると台無しです。頻度を上げて窓ガラスを綺麗にして快適な生活を送りましょう!

 

関連記事:掃除機をかける時間帯~朝何時から夜何時までかけていい?マンションやアパートは?

関連記事:車のエアコンの臭い対策!フィルター交換や掃除は?ファブリーズはNG?

関連記事:トイレの黒ずみ・輪じみが取れない!リングの落とし方と防止策

関連記事:玄関の臭いがこもる原因は?消臭対策は換気と重曹!おすすめの消臭剤は?

関連記事:【自転車の錆止め方法とサビ落とし】チェーンやハンドルが簡単に!ラッカースプレーやボンドを使う?

関連記事:【珪藻土バスマットのお手入れ・洗い方】汚れの落とし方やカビ防止は?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします

Twitter で